WiMAXルーター

WiMAX WX06 pingの実測値40~50msでラグを感じない/ゲーム×WiMAX口コミまとめサイト

■WiMAXのWX06でオンラインゲームはできる?

■WX06のping値ってどれくらい?

■無線と有線でping値って変わる?

 

オンラインゲームで遊んでいて「動きがカクカクしたり」「キャラクターがワープしたり」タイムラグを経験したことはないでしょうか。

ラグはping値が大きいと発生しやすくなり、ゲームによって勝敗に影響することがあります。

しかしping値がどれくらい出るのか、WiMAXの公式サイトでWX06を調べても分かりません。

 

このページでは

・WX06のping値がWiFiと有線LANでどれだけ違うのか実測値で確認

・WX06でオンラインゲームはできるのか

・WX06よりオンラインゲーム向きのWiFiルーターはあるのか

 

私はWiMAXでモンハンやスプラトゥーンなどオンラインゲームで遊んでいますが、そのほとんどでラグもなく遊べています。

たまにモンスターがワープするようなラグがありますが、滅多にありません。

このページではWX06のping値がどれくらい速いのか、接続方法でping値が変わるのかが分かります。

あなたがもしWiMAXを検討中しているのなら、参考にしていただければ幸いです。

WiMAX2+の『Speed Wi-Fi NEXT WX06』のping値はどれくらい?

接続方法や時間帯によってWX06のping値が変わってきますが、35ms~55msになっていることが多いです。

WiFi接続よりも有線LAN接続の方が速く、オンラインゲームでラグも少なくなります。

WX06はモバイルルーターですが、専用のクレードルがあればPS5/PS4やNintendo Switch とLANケーブルを使って有線接続できます。

 

オンラインゲームで遊ぶping値の目安

ping値は数値が小さければ小さいほど速く、ラグが減り快適に遊ぶことができるとされていて、ping値が50msなら普通(平均的な数値)、15ms以下はかなり高速です。

 

ping値とは

ping値はサーバーから返ってくるレスポンスの早さを示す数値(応答速度)です。

具体的にはパケット(通信データ)を送信し、そのパケットが正しく届いているのか返答が行われるまでの時間(タイムラグ)をレイテンシと呼び、それを数値化したのがping値です。

ping値が小さければ応答時間が速いことを意味し、ラグを感じにくくなります。

そのためオンラインゲームではping値が重視されます。

 

ping値速さ
15ms以下高速
16ms~35ms速い
36ms~50ms普通
51ms~100ms若干遅いが平均的な数値
101ms以上遅い

 

この表は参考までに見ていただきたいのですが、オンラインゲームをする場合は最低でも100ms以下はほしいところ。

WX06は35ms~55msが多いので遅いわけではなく、普通に遊ぶことができるレベルです。

 

【実測値で確認】WiFiの周波数(2.4GHzと5GHz)でping値は変わらない

WX06との接続に使われるWiFi接続には2種類の周波数があります。

 

2種類の周波数

・2.4GHz

・5GHz

 

2.4GHzはよく使われる周波数ですが、電波干渉しやすく速度低下や通信の切断の原因になります。

5GHzは速度が速い周波数で、電波干渉を避けることができます。

周波数を変えることで通信速度の改善を期待できますが、ping値も速くなるのか見ていきましょう。

 

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

ルーター接続方式ping値下り速度上り速度
Speed Wi-Fi NEXT WX062.4GHz46ms27.57Mbps4.71Mbps
5GHz50ms30.66Mbps6.09Mbps

※クレードルを使っています。

 

ping値や下り速度が若干速くなっていますが、誤差レベルでほとんど変化していません。

これを見ると周波数は関係なさそうです。

ただ電波干渉が起きやすいのは2.4GHzなので、最初から5GHzで接続した方が心配事が減ります。

 

【実測値で確認】WiFi接続より有線接続はping値が速い

WX06はクレードルを使えばLANケーブルで接続することができます。

クレードルがない場合、PCとならUSBケーブルで有線接続にできますが、PS5/PS4やNintendo SwitchとはWiFi接続のみとなります。

クレードルは別売りなので、WX06でオンラインゲームを考えているのならクレードルもセットで申し込みをした方がいいでしょう。

 

下記比較はWiFi(2.4GHzと5GHz)を合わせています。

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

ルーター接続方式ping値下り速度上り速度
Speed Wi-Fi NEXT WX06
2.4GHz46ms27.57Mbps4.71Mbps
5GHz50ms30.66Mbps6.09Mbps
LAN37ms50.85Mbps6.58Mbps

※クレードルを使っています。
※LANケーブルはGAT7(カテゴリー7)を使っています。

 

WiFi接続と有線接続であれば有線の方が、ping値や下り速度は速くなります。

上り速度は変化がないですね。

これはWX06に限らず、W06やHOME 02でも同じような結果でした。

オンラインゲームに必要なのは、ping値と下り速度なので、ラグや通信エラーといった状態を避けるのなら有線接続で遊んだ方がいいでしょう。

 

ただし決してWiFi接続でオンラインゲームができないわけではありません。

私の場合はほとんどWiFi接続で遊んでおり、ラグが酷い場合に有線にしています。

有線にすることでラグが改善することもあるため、状況に応じて有線に切り替えたり、面倒であれば最初から有線にしておくといいと思います。

 

【実測値で確認】速度制限はping値に影響しない

WiMAX2+だと3日10GB以上通信量を使うと、翌日午後6時から深夜2時までの間、下り速度と上り速度が概ね1Mbpsへ速度制限になります。

 

ではこの速度制限でping値はどうなるのか?

 

実際にWX06を使って通常時と制限時で比較してみましょう。

下記は速度制限1Mbpsの状態で、2.4GHzで接続したときの実測値です。

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

ルーター制限の有無ping値下り速度上り速度
Speed Wi-Fi NEXT WX06なし46ms27.57Mbps4.71Mbps
あり41ms0.91Mbps0.97Mbps

※クレードルを使っています。

 

下りと上り速度は1Mbpsの近い速度になっていますが、ping値は41msで通常時よりむしろ速くなっていますね。

ある程度ばらつきがあるので、決して速くなったわけではないんですが、速度制限に影響して遅くならないことが分かります。

実際にこの状態でもスプラトゥーン2で遊ぶことができます。

この日、夜9時から深夜1時過ぎまで4時間ほど遊びましたが、ラグも一切感じずに通信エラーもなかったです。

 

【実測値で確認】パフォーマンス設定でハイパフォーマンスモードはping値が速い

WX06は、3つのパフォーマンス設定を、用途に応じて切り替えることができます。

通信速度か電池持ちのバランスを決めることができるため、電池持ちを優先させると通信速度が遅くなり、通信速度を優先させると電池の減りが早くなります。

 

3つのパフォーマンスモード

・エコモード

電池持ちを最大限に重視

・ノーマルモード

通信速度と電池持ち両方のバランスを重視

・ハイパフォーマンスモード

通信速度を最大限に重視

 

速度重視のハイパフォーマンスモードと、電池持ち重視のエコモードで比較してみました。

 

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

ルーターモードping値下り速度上り速度
Speed Wi-Fi NEXT WX06HI-P46ms27.57Mbps4.71Mbps
エコ57ms15.60Mbps3.07Mbps

※クレードルを使っています。
※HI-Pはハイパフォーマンスモードのこと。
※WiFi(2.4GHz)の実測値。

 

ping値や下り・上り速度が遅くなっていますね。

自宅なら充電しながら使えるため、オンラインゲーム遊ぶならハイパフォーマンスモードにしておいた方がいいでしょう。

 

また電池が満タン状態でも充電しっぱなしを避けるなら、「ロングライフ充電」という機能を使いましょう。

電池残量が約70%になると自動的に充電を停止する機能で、充電池の経年劣化を抑制します。

 

WiMAX2+ おすすめプロバイダ|一番安い月額2,849円、一番速い速度1.2Gはこちら

続きを見る

 

WiMAX 5G プラン比較、1番安い月額4,158円プランがコチラ

続きを見る

 

『Speed Wi-Fi NEXT WX06』利用者の口コミまとめ

WX06利用者の体験談から参考になる口コミをまとめました。

 

HN:AMONさん 男性 投稿日:2021年1月15日
W04からWX06へWiMAXを買い替えたら、ストレスだった速度低下や切断がなくなって快適ですよ。

 

HN:tellさん 男性 投稿日:2020年12月27日
wimaxのwx06は通信は快適だけど・・・
カバンのなかですごい発熱してる。これ大丈夫か?って心配になる

 

HN:テレサさん 男性 投稿日:2020年12月3日
ポケットWiFiのWiMAX2+(WX06)でインターネット接続テスト
ダウンロードは16.2Mbps アップロードは1.2Mbps
アップロードは遅いがYouTubeは全然問題なし

 

HN:momoさん 女性 投稿日:2020年11月12日
wx06をブロードワイマックスで購入したけど、発熱したときに充電と速度が制限かかる
温度低下をお待ちくださいってこれダメじゃん

 

HN:ライチさん 女性 投稿日:2020年10月21日
WX01からWX06に変えて、ディスプレイが大きくなってタッチパネル式だし、速度も速いです。

 

HN:ヒロキさん 男性 投稿日:2020年9月15日
昼3時頃の自宅で測定
WX06のクレードルあり
下り17.2Mbps
日によって速度が違うけど、だいたいこの数値前後

 

HN:フリーのデザイナーさん 女性 投稿日:2020年8月26日
WiMAXのWX06は、ハイパフォーマンスモードで下り80Mbpsで上り15Mbps程度
ノーマルにすると下り30Mbps、上り6Mbpsまで遅くなります。
どんなときもWiFiよりかはマシかな

 

HN:ヒマの呼吸さん 男性 投稿日:2020年8月15日
GMOとくとくBBでWX06を契約しました。
下り18.56Mbps 上り5.01Mbpsで上りはすごく遅い
アップロードすることがあまりないから、そこまでストレスはない

 

HN:スポーツカーさん 男性 投稿日:2020年7月22日
WX06をしばらく使っての感想
バッテリー持ちがいいとありましたが、1日は持つという感じです。
前回使ってたW05の方が良かった気がします。

 

HN:読書好きさん 男性 投稿日:2020年6月2日
WiMAX2+は速度制限が夕方から深夜の時間帯なので、実質無制限で割と好きだが、WX06がすごく発熱する。
親切なのか欠陥なのか、高温になると低下するまで通信が止まる。
高温にならないようにできないのかな??

 

速度は出ているようですが、ルーター本体が熱くなることによって制限がかかるので、その辺りに不満がある感じですね。

 

WiMAXでオンラインゲームを遊ぶ口コミまとめ

実際にWiMAXでオンラインゲームを楽しんでいる人の口コミを各ページでまとめています。

WiMAX × スマブラ

WiMAX × スマブラの口コミはこちら

WiMAX スマブラユーザーが選ぶNo.1のWiFiルーター!※12万2996人が回答

続きを見る

 

WiMAX × スプラトゥーン

WiMAX × スプラトゥーンの口コミはこちら

WiMAX スプラトゥーンをWiFiで遊んでいる13万1024人の口コミが見れます

続きを見る

 

WiMAX × FPS

WiMAX × FPSの口コミはこちら

WiMAX オンラインゲーム FPS、9332人の口コミまとめ※遊び放題2,849円/月で安い

続きを見る

 

WiMAX × FF14

WiMAX × FF14の口コミはこちら

WiMAX FF14をWiFiで遊ぶ3万6536人の口コミまとめサイト

続きを見る

 

WX06でオンラインゲームをする場合の注意点

これまでにいくつか紹介してきましたが、改めて注意点を紹介します。

 

ここに注意

・クレードルはWX06専用のものが必要で別売り

・USBケーブルではPCしか有線接続できない

・付属品だけでは充電できない

 

有線LAN接続するためのクレードルは別売り

クレードルは充電可能の置き型スタンドで、有線LANポートも付いており、モバイルルーターでもLANケーブルを使って有線接続が可能となります。

ただし別売りなので、WX06だけ購入してもクレードルは付いてきません

またプロバイダによって、ルーター代が無料になるキャンペーンを実施していますが、クレードルまでは無料にならないことが多いです。

 

WX06のクレードルには拡張アンテナが搭載されているため、電波が弱くなりやすい屋内でも電波強度が強くなります。

クレードルは有料になるため躊躇するかもしれませんが、自宅でWX06を使うのなら持っておいた方がいいでしょう。

 

WX06電波インジケータ比較

※自宅で電波インジケータを使い電波レベルを測った結果です。

 

WX05のクレードルがWX06でも使える?

WX05とWX06は同じNEC製のモバイルルーターです。

旧型WX05にもクレードルはありますが、WX05のクレードルをそのままWX06に使うことができません。

というのもNEC製のクレードルにはWウイングアンテナという拡張アンテナが搭載されており、ルーターのサイズが違うのでWウイングアンテナが邪魔して取り付けることができません。

 

WX06のクレードル

 

以前はUQアクセサリーショップでクレードルが売られていたので、必要になったときに買えばよかったのですが、今は購入できなくなっています。

在庫切れになっているため、メルカリなど中古で購入するしかない状態です。

 

USBケーブルでPS5/PS4やNintendo Switchと有線接続できる?

WX06はクレードルがなくてもUSBケーブルで有線接続できます。

ただしPS5/PS4やNintendo SwitchにUSBポートはありますが、USB接続でオンラインゲームができるように作られていません。

WX06はクレードルがあれば有線接続できますが、W06や5GのSCR01のようにクレードルがないモバイルルーターもあります。

クレードルがなければWiFi接続になりますが、決してWiFi接続でオンラインゲームができないわけではありません。

WiFi接続で試してみて、問題なさそうならそのままでいいと思います。

 

PCとならUSBケーブルで有線接続できる

PCゲームの場合、有線接続にすることでping値が速くなることが期待できます。

また古いパソコンには、WiFi機能がないことがあり、USBケーブルで接続するとインターネットにアクセスできます。

同時に充電も可能です。

WiFi機能がないパソコンとの接続方法は他にもありますが、クレードルを使って有線接続にすることも方法の1つです。

 

WX06とWiFi機能がないパソコンとの接続方法

・クレードル+LANケーブルを使う

・USB2.0 TypeC-A変換ケーブルを使う

・無線LAN子機を使う

 

USB2.0のケーブルは付属品で付いているため、別途で用意する必要はありません。

ただしパソコンがあれば充電できますが、なければ充電器を用意する必要が出てきます。

 

充電器が付属品として入ってない

WiMAXに申し込み、WX06が届いてさっそくオンラインゲームで遊ぶぞ!という気持ちでも下手すればまだオンラインゲームで遊べない場合があります。

その理由は、充電器が付属されていないことです。

 

USBケーブルは付属されているのでパソコンがあれば充電できますが、ない場合は別途用意する必要があります。

WX06のコネクタはType-Cなので、スマホと同じ充電器を使えますが、iPhoneは「Lightning(ライトニング)」と呼ばれるコネクタを使うため接続できません。

 

またクレードルを使う場合も給電されていなければ、充電・有線接続ができません。

パソコンとUSBケーブルで繋いでも給電されないため、ACアダプタ Type-Cケーブルが必要になります。

お使いのスマホをACアダプタ Type-Cケーブルで充電していれば、スマホの充電器を使うことができます。

 

WX06より速度が速いルーターは?各機種と比較してみた

WiMAXのモバイルルーターはWX06を含め、W06や5G対応のSCR01まであります。

オンラインゲームをするならping値が速い方がいいですし、ネットサーフィンや動画配信サービスなら下り速度が速い方がいいです。

ここでWX06が他のモバイルルーターと比較して速いのか、遅いのかを見ていきましょう。

※測定日時が違うため、先ほどご覧いただいたWX06の実測値と変わってきます。

 

比較したルーター

・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01/WiMAX+5G

・Speed Wi-Fi NEXT W06/WiMAX2+

 

ルーターの性能を比較するために、なるべく測定の条件を合わせています。

・日時(SCR01測定後すぐにW06とWX06を測定)

・通信エリア(4G)

・通信モード(スタンダードモード/ハイスピードモード)

・ルーターの設置場所を合わせる

・周波数(2.4GHzと5GHz)

・接続端末(同じPC)

 

5Gエリアはまだまだ狭く、4Gエリア(私の自宅)で測定。

通信モードのスタンダードモードはWiMAX+5Gの通常モード、ハイスピードモードはWiMAX2+の通常モードとなります。

 

WX06は通信環境を最大限良くするためにクレードルを使っています。

また有線接続でも測定していますが、SCR01とW06はクレードルがないため、USB3.0を使い、WX06はカテゴリー7のLANケーブルを使って測定しています。

 

WX06とSCR01をWiFi・有線接続で速度比較

WX06とSCR01比較

比較したルーター

WiMAX+5G

・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01

WiMAX2+

・Speed Wi-Fi NEXT WX06(クレードルセット)

 

WiFi(2.4GHzと5GHz)と有線(LANケーブルやUSB3.0)を使って接続したパターンで比較しています。

またWX06はクレードルを使っていますが、SCR01にクレードルがないため有線接続のケーブルに違いがあります。

 

有線ケーブルの違い

WX06:LANケーブル(カテゴリー7)

SCR01:Type-Cケーブル(USB3.0以上対応)

 

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

ルーター接続方式ping値下り速度上り速度
Speed Wi-Fi NEXT WX06
2.4GHz54ms51.48Mbps5.84Mbps
5GHz46ms61.37Mbps6.78Mbps
LAN49ms78.37Mbps6.58Mbps
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR012.4GHz38ms103.67Mbps36.60Mbps
5GHz32ms156.15Mbps30.24Mbps
USB29ms187.53Mbps45.83Mbps

※WX06はクレードルを使っています。
※LANケーブルはGAT7(カテゴリー7)、USBはUSB3.0を使用しています。
※4Gエリアでの実測値

 

圧倒的にSCR01が速い結果となりました。

WX06が格別遅いというわけではありませんが、au回線も使えるWiMAX+5Gはやはり速いですね。

 

WiMAX+5Gは2021年4月に登場した5G対応のサービスで、現在はWiMAX2+サービスかWiMAX+5Gサービスどちらか選べるようになっています。

WiMAX+5Gは5G対応しただけでなく、通常モードでもau回線を使えるため、WiMAX2+より屋内でも電波が強くなります。

 

まとめると

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

WiMAX+5GWiMAX2+
通常モード
(スタンダードモード/
ハイスピードモード)
WiMAX2+
au 5G
au 4G LTE
WiMAX2+
有料オプション
(プラスエリアモード/
ハイスピードプラスエリアモード)
プラチナバンド
(au 4G LTE、au 5G)
も使える
au 4G LTE
も使える

 

WiMAX2+回線の電波が弱くても、au回線さえ強ければ速度が速くなるため、WX06よりSCR01の方が速い結果となりました。

 

WX06とW06をWiFi・有線接続で速度比較

WX06とW06を比較

比較したルーター

・Speed Wi-Fi NEXT W06(Huawei)

・Speed Wi-Fi NEXT WX06(NEC)

 

この2種類はWiMAX2+サービスで選ぶことができる端末で、W06は売り切れにより取り扱っているプロバイダが少ないです。

比較では、WX06はクレードルを使った場合の速度を測定しており、W06には専用クレードルがありません。

そのため有線接続のケーブルに違いがあります。

 

有線ケーブルの違い

WX06:LANケーブル(カテゴリー7)

W06:Type-Cケーブル(USB3.0以上対応)

 

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

ルーター接続方式ping値下り速度上り速度
Speed Wi-Fi NEXT WX06
2.4GHz54ms51.48Mbps5.84Mbps
5GHz46ms61.37Mbps6.78Mbps
LAN49ms78.37Mbps6.58Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W062.4GHz48ms59.34Mbps6.03Mbps
5GHz51ms81.86Mbps6.16Mbps
USB36ms89.77Mbps6.61Mbps

※WX06はクレードルを使っています。
※LANケーブルはGAT7(カテゴリー7)、USBはUSB3.0を使用しています。

WX06(クレードルあり)とW06を比較しても、W06の方が速く有線接続でも同じようにW06が勝っています。

各端末で何回か測定していますが、W06は速い結果となりました。

スマホやパソコンと接続させてインターネットを利用するなら、W06の方が良いと言えますね。

 

WiMAX2+ おすすめプロバイダ|一番安い月額2,849円、一番速い速度1.2Gはこちら

続きを見る

 

WiMAX 5G プラン比較、1番安い月額4,158円プランがコチラ

続きを見る

 

自宅でオンラインゲーム専用として使うのならホームルーターがおすすめ

WX06はモバイルルーターなので外でも使う方におすすめですが、外で使う予定がなく自宅のみならホームルーターがおすすめです。

ホームルーターは屋内用として内蔵されているアンテナも大きく、電波をキャッチする能力に長けています。

WX06を自宅で使えるようにクレードルがありますが、別途料金が必要になるため自宅専用としてWX06を選ぶメリットがあまりありません。

またホームルーター本体にLANポートが付いているため、LANケーブルさえ用意すれば有線接続にすることもできます。

 

ホームルーターのスペック

WiMAXで現在購入可能な端末が以下になります。

 

WiMAX+5G専用

・Speed Wi-Fi HOME 5G L11 ZTR01

WiMAX2+専用

・WiMAX HOME 02

 

WiMAX2+は売り切れ端末が増えているため、HOME 02を購入できない場合があります。

 

ZTE製の『Speed Wi-Fi HOME 5G L11 ZTR01』は最大速度2.7Gbps

Speed Wi-Fi HOME 5G L11 ZTR01

下り最大速度2.7Gbps
上り最大速度183Mbps
同時接続台数30台
バッテリー容量
外形サイズ(㎜)約W70×H182×D124
質量約599g
本体色ホワイト
メーカーZTE

 

ZTR01は5G対応のホームルーター端末です。

SCR01の下り最大速度2.2Gbpsと比べて、最大2.7Gbpsでさらに速い速度になっています。

LANポートが2つ付いているため、Nintendo Switchと有線接続もできます。

外に持ち運んで使えませんが、自宅だけでスプラトゥーンを遊ぶならZTR01がおすすめです。

 

NEC製『WiMAX HOME 02』はWiFi電波エリアが最大25%UP

WiMAX HOME 02

下り最大速度440Mbps
上り最大速度75Mbps
同時接続台数20台
バッテリー容量
外形サイズ(㎜)約W50×H118×D100
質量約218g
本体色ホワイト
メーカーNEC

 

NEC製の最新機種であるHOME 02は、内蔵されているアンテナを強化することで家の中での通信エリアをHOME 01より最大約25%UPしています

また最適な周波数(2.4GHz/5GHz)を自動で切り替えるため、より安定して通信できるようになっています。

内蔵アンテナも高性能なので、自宅でオンラインゲームをするならWX06よりHOME 02がおすすめです。

 

ただホームルーターに液晶画面がないので、通信量の確認ができません。

通信量の確認や通信モード確認に、アプリ「NEC WiMAX 2+ Tool」の導入が必要で、モバイルルーターと比べると使いにくいです。

 

LANケーブルにも種類がある!規格「カテゴリー」による性能の違い

オンラインゲームを遊ぶなら、WiFi接続より有線接続の方がネットは安定します。

ただLANケーブルなら何でもいいわけではなく、LANケーブルにも規格があります。

カテゴリーによって通信速度が変わるため、最大速度1Gbpsの通信回線を使うならLANケーブルも1Gbps以上に対応している必要があります。

※左右にスクロールできます。

カテゴリーCAT8
カテゴリー8
CAT7
カテゴリー7
CAT6A
カテゴリー6A
CAT6
カテゴリー6
CAT5e
カテゴリー5e
CAT5
カテゴリー5
最大通信速度40Gbps10Gbps10Gbps1Gbps1Gbps100Mbps
ノイズ耐性×××
伝送帯域2,000MHz600MHz500MHz250MHz100MHz100MHz
主な用途
(おすすめ)
業務用業務用
オンラインゲーム
動画
テレビ会議
CAT5eより
快適なネット環境
日常使い
オフィスなど
ネット検索など

 

2021年4月から登場した「WiMAX+5G」は、下り最大速度2.7Gbpsです。

上の表で見るとカテゴリー6(CAT6)は最大1Gbpsなので、最低でもCAT6Aより上の規格を選ぶ必要があります。

ノイズが発生すると通信速度が遅くなったり、通信不良を起こす原因にもなるため、ノイズ耐性があるCAT6AやCAT7がおすすめです。

 

「Try WiMAX」なら無料でお試しレンタルできる

「WiMAXが気になるけど、全然繋がらなかったらどうしよう。」

「WiMAXで通勤中も使えるのか試したい」

「ポケットWiFiを使ってるけどWiMAXの方がいいのかな?」

 

通信エリア内であっても、マンションの高さや周囲の障害物によって速度が変わります。

WiMAXを使ってみたいけど、実際はどうなの?という意見が多いと思います。

高速通信サービスとはいえ、実際に利用環境で試してみなければわからないため、無料でレンタルできるプランがあるといいですよね。

 

UQ WiMAX(UQコミュニケーションズが運営)は、15日間無料でお試し利用ができるTry WiMAX』を実施しています。

15日以内に返却すれば、自宅でWiMAXが使えるのかどうか無料でお試しができます。

 

期日まで返却をすれば、申し込みから返却まで1円もかかりません。

レンタル中は自宅でWiFi通信(スマホやパソコン、ゲーム機など)してネットは快適かどうか、通勤や通学中など外出時はどうかなど。

いろいろ試してみましょう。

 

WiMAXを無料体験できる「Try WiMAX」の申し込みついて、下記ページで紹介しています。

WiMAX 体験 無料サービス『Try WiMAX』※公式お申し込みページはコチラ

続きを見る

 

スピードテストで回線の下り・上り・ping値を測定

利用中の光回線やWiMAXなど、どれくらいの通信速度が出ているのかping値・下り・上り速度をツールやアプリで測定することができます。

Speedtest」ならping値・下り・上り速度を今すぐ測定できる便利なツールです。

平日の朝や昼の速度と比べると、ネットが混みやすい時間帯(夕方から深夜)は速度が遅くなる可能性があります。

そのため測定をするならよく使う時間帯や夕方の方がいいでしょう。

またWiMAXやポケットWiFiは速度制限が原因で速度が遅くなっていることもあるため、急に遅くなったと感じたら通信量も確認してみてください。

 

まとめ

いかがでしょうか。

今回はWiMAXのモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」のpingに関して紹介しました。

WX06のping値は40ms~50ms辺りが多く、この数値でもラグをあまり感じずにオンラインゲームで遊ぶことができます。

唯一クレードルがあるモバイルルーターなので、ゲーム機と有線接続にすることでより通信を安定させることができます。

また気になる速度制限は、ping値に影響しないこともあってスプラトゥーンやモンハンでオンラインプライが可能です。

 

WiMAXは2021年4月からWiMAX+5Gの提供を開始しました。

スタンダードモードでもau回線を利用できるため、WiMAX2+より通信速度が速くなります。

月額料金は高くなりますが、インターネットの快適性を求めるのならWiMAX+5Gの方がおすすめです。

 

 

 

おすすめWiMAX+5Gプロバイダ【2021年9月版】

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは月額割引によって1番安いプロバイダです。

最初の2年間は通常料金(5,302円)より1,144円割引(4,158円)、以降は594円割引(4,708円)によって長期利用でも安いままです。

また21,780円もする端末代金も無料なので、安い初期費用でWiMAX+5Gを導入することができます。

2年間月額1,144円割引で最安

3年目以降も月額594円割引で最安

21,780円の端末代が無料

カシモ WiMAX

カシモWiMAX

カシモWiMAXは基本定額で、月額料金が高くならないプロバイダです。

カシモWiMAXは利用期間が長くなっても同じ月額料金で4,750円のまま。

さらに契約月の利用料金0円で端末代も無料なので、安い料金でWiMAX+5Gを導入することができます。

契約月の利用料金0円

25,000円の端末代が無料

月額料金がずっと定額4,750円(2ヶ月目以降)

Vision WiMAX

Vision WiMAX

Vision WiMAXは契約月の利用料金、端末代金、事務手数料が0円で初期費用が安いプロバイダです。

端末無料や契約月の利用料金0円は他社でもありますが、事務手数料も0円なのはあまり見かけません。

さらにキャッシュバック5,000円もあるため、WiMAX+5Gを1番安い初期費用で導入できます。

契約月の利用料金0円

20,000円超えの端末代が0円

契約事務手数料3,300円が0円

-WiMAXルーター