契約に関するQ&A

大学生 一人暮らし WiMAXが学割価格2999円/月で安い※工事不要で今日から使えます

大学生になったことで、家族と離れて生活を始める方もいらっしゃるかと思います。

大学寮や賃貸マンション、アパートで学生向けに用意された物件であれば、家賃が安い場合がありますが、ネット回線は別で用意しないといけない場合もあります。

 

大学生となるとパソコンを使った作業も増えるため、ネット環境は準備しておきたいところ。

しかし学生の一人暮らしなので、費用は安く抑えたいですよね。

 

ネット環境を整える方法は主に2つ

・固定回線

・モバイル回線

 

固定回線がすでにマンションに工事済みであれば、固定回線を使うという方法もありますが、工事が必要になると面倒ですよね。

モバイル回線で有名なWiMAXは月額料金が安く、大学生の一人暮らしにおすすめの通信サービスです。

大学生になって一人暮らしを始める方は、この記事をぜひとも参考にしてみてください。

WiMAX(ワイマックス)は大学生の一人暮らしにおすすめのモバイル回線

モバイル回線を使った無線通信サービスはWiMAX以外にもポケットWiFiやSoftBank Airなどがあります。

このなかで安いのがWiMAXです。

 

ポケットWiFiやSoftBank Airは料金も高く、ルーター端末代も必要なので費用が高くつきます。

WiMAXは月額料金が安く、プロバイダによってルーター端末が無料なので、これから大学生として一人暮らしを始める方向けのサービスです。

WiMAXはどれくらいお得なサービスなのか、説明していきますね。

 

大学生 の一人暮らしにも月額料金が安いネット回線としておすすめ

下記は無線通信サービスを比較しています。

サービス プラン ルーター端末代 実質月額料金 スマホ割引き
WiMAX ギガ放題 無料
(GMOとくとくBB)
3,908円
(GMOとくとくBB)
auユーザーは割引あり
ライトプラン 3,227円
(GMOとくとくBB)
ポケットWiFi 使い放題 11,880円 4,818円 なし
7GB 4,368円
SoftBank Air なし 59,400円 5,368円 ソフトバンクユーザー
は割引あり
docomo 30GB 30,492円 7,678円 なし
7GB 6,578円

※スクロールできます。
※記載の料金は税込みです。

 

上記比較表を見ていただくとおわかりいただけたかと思います。

WiMAXは料金だけではなく、通信速度などの性能も良く、ギガ放題プランであれば月間無制限で使うことができます。

お好みに合わせてルーター端末も選ぶことができるので、大学生でネット環境を用意するのならWiMAXがいいですね。

Web申し込みをするとルーター端末が届くため、あとはWiFi設定をすれば使うことができます。

簡単に始めることができる点もWiMAXのいいところ。

 

上記比較表でも記載していますが、ポケットWiFiやSoftBank Airなどは月額料金が高く、ルーター端末も高いです。

ドコモに関しては月間容量に制限があります。

料金面で高いため、これから一人暮らしを始める大学生にはおすすめできません。

 

WiMAXには申し込み口がたくさんあります。

プロバイダとよく呼ばれるのですが、プロバイダが20社以上あり、どのプロバイダと契約をしても同じWiMAXの通信サービスを利用できます。

20社あるプロバイダは、月額割引やキャッシュバックといったキャンペーンが違い、比較をして申し込みますが、当サイトではGMOとくとくBBやBroad WiMAXをおすすめしています。

 

大学生は学生割引キャンペーンがある『Broadwimax』がおすすめです。

この学生割引キャンペーンは期間限定のキャンペーンで、2020年6月30日までです。

 

もしこの期間外に申し込みたいのであれば、WiMAXプロバイダ最安の『GMOとくとくBB』がおすすめです。

Broad WiMAXも月額料金が安いプロバイダですが、GMOとくとくBBと比べると若干高い程度。

そのため学生割引キャンペーン期間中であればBroad WiMAXに申し込みましょう。

 

モバイルWiFiでも固定回線の代わりとして利用できる

固定回線といえば光回線です。

光回線の通信速度は最大1Gbpsで、フレッツ光やSoftBank光、auひかり、ドコモ光などが高速通信に対応しています。

NURO光であれば、エリアが限定されますが最大2Gbpsという速さです。

 

一方、WiMAXはau 4G LTE回線を利用して且つ有線接続であれば最大1.2Gbpsで光回線なみの速度にまで達しています。

光回線は有線接続なので、通信の安定性ではWiMAXより有利です。

ただ工事が必要で、申し込みから開通まで2週間から2ヶ月程度かかります。

WiMAXは外でも持ち運んで使えるだけでなく、自宅でもパソコンと接続させて使えるため、わざわざ工事が必要な光回線に申し込む必要もないと思います。

 

注意点が1つ

WiMAXはギガ放題プランでも、直近3日間で10GBを超えると、翌日18時~深夜2時までの間、通信速度が1Mbpsに規制されます。

※ポケットWiFiは翌日18時~深夜1時まで

 

速度制限のイメージ

ここで重要なのは、速度制限にかかると何ができるのか?

 

速度制限にかかってもできること。

・モンハワールドはプレイできる

・YouTubeの標準画質(480P)なら観ることができる

・インターネット検索もできる

 

1Mbpsは案外なんでもできたりします。

YouTubeの高画質はフリーズして観ることができませんが、標準画質であればフリーズもしませんし、今流行りのモンハワールドアイスボーンも遊べます。

 

スマホ代の節約やテザリングよりも安い抑えられる

docomoやau、ソフトバンクのスマホ料金プランは、月間使用量が1Gまでの低容量プランから50Gや60G、上限なしの大容量プランまであります。

大容量プランとなると高額になり、上限があるプランで上限を超過すると月末まで速度制限にかかります。

毎日の通学時や自宅で映画・アニメ・ドラマなど見ていると、あっという間に上限に達し速度制限になってしまいます。

他にもスマホのテザリング機能を使えば、パソコンをネット接続させることもできますが、スマホの通信量も多くなりますし、テザリング機能を使うことで別途料金が発生することもあります。

 

WiMAXを利用すると、スマホの料金プランを一番安いプランにできます。

私の直近3日間のデータ通信量です。

WiMAXを使って外出時や自宅で通信をすれば、月1GBも使いません。

パソコンやゲーム機とも接続できて、どれだけ使っても月額料金が高くなることもありません。

テザリングを使ってネット接続させるよりかは、WiMAXを使った方が安くすることができます。

 

【最短当日】工事不要で一人暮らしでも簡単|端末受け取り後すぐ利用可能

何度かお伝えしていますが、固定回線は工事が必要で、WiMAXは工事が要りません。

Web申し込み後、最短で翌日に届きます。

Broad WiMAXなら最短当日(店舗受け取りサービス利用)から利用できます。

※店舗は東京・埼玉・愛知・大阪にあります。

 

ルーター端末が手元に届けば、あとはWiFi接続設定をするだけで利用可能。

設定自体は5分もかからず初めての方でも簡単に設定できます。

 

Broad WiMAXなら学割キャンペーンで月額料金が安い!

Broad WiMAXは月額料金が2,726円~と安い部類にはなりますが、残念ながらGMOとくとくBBよりかは若干高いです。

ですが、学割キャンペーン中に申し込むことで、大学生は安い月額料金で利用できます。

 

学割キャンペーンは2020年6月30日まで

 

Broad WiMAX

初期費用:3,300円(初期費用割引キャンペーン適応時)

契約月:2,999円の日割り料金

実質月額料金:3,740円(学割含む)/3,943円(学割含まない)

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

24ヶ月以内の解約でキャンペーン違約金9,500円が加算される

※いつでも解約サポートを利用すれば、上記違約金が0円になります。

 

 

Broad WiMAXは最新端末も無料

Broad WiMAXは最新端末でも、20,000円もする端末代が0円です。

BIGLOBEやUQ WiMAXでは端末代が必要になってきますが、Broad WiMAXでは端末代が不要ですので、その分初期費用を抑えることができます。

 

申し込みにはクレジットカードが必要

WiMAXは基本的にクレジットカード払いになります。

Broad WiMAXやBIGLOBE、UQ WiMAXは口座振替に対応していますが、口座振替は料金が高くなり、Broad WiMAXの学割キャンペーンは適応外になります。

 

学生だけではなく、社会人でもWiMAXの申し込みにはクレジットカードが必須です。

大学生でクレジットカードを持っていない場合は、学生専用ライフカードや三井住友デビュープラス、楽天カードなど学生でも作れるクレジットカードを用意するか両親に申し込んでもらう必要があります。

 

両親名義でも申し込み可能

Broad WiMAXの学割キャンペーンは、学生がいるご家庭が対象になります。

18歳~25歳の学生本人がBroad WiMAXに申し込む場合は、学生証・在学証明書の他にも、両親の同意書や身分証の提出が必要ですが、18歳~25歳の学生がいらっしゃれば両親が申し込むことができます。

このときは学生証・在学証明書の提出だけで済ませることができます。

学生がいないご家庭であれば、GMOとくとくBBの方が安いのですが、学生がいるご家庭であればBroad WiMAXの方が安くなります。

 

自宅用/外出用のWiMAXおすすめルーター

WiMAX端末は持ち運び型(モバイルルーター)と据え置き型(ホームルーター)に分かれます。

家の外でも使いたい場合は、モバイルルーターを選び、家の中でしか使わない場合はホームルーターを選びます。

・外出用は持ち運びタイプ「モバイルルーター」

・自宅用なら据え置きタイプ「ホームルーター」

 

充電して使う持ち運びタイプのモバイルルーター

外出先でも使いたい人(出張・旅行・帰省など)で使いたい方はモバイルルーターを選ぶようにしましょう。

モバイルルーターでおすすめがSpeed Wi-Fi NEXT W06です。

Speed Wi-Fi NEXT W06の特徴

下り速度最大1.2Gbpsとモバイルルーター最速

・連続通信時間は約9時間

 

外だけではなく家の中でも使うことができます。

私はW06を使っており、この端末でPS4Wi-Fi接続でモンスターハンターワールドを遊んでいます。

 

Speed Wi-Fi NEXT W06は通信速度最大1.2G

下り
最大通信速度
1,237Mbps
(約1.2Gbps)
上り
最大通信速度
75Mbps
連続通信時間 約9時間
接続台数 16台
製造元 HUAWEI

モバイルルーターの最速機種はHUAWEI製であるW06で、下り速度最大1.2Gbpsに達しました。

前機種であるW05は下り最大758Mbpsで性能が上がっており、新しく高性能ハイモードアンテナやWi-Fi TXビームフォーミングが搭載されて、より電波を安定して拾うようになりました。

そのため、Webサイトの閲覧やYouTubeなどの動画視聴、PS4などのオンラインゲームが問題なくできます。

 

質量も約125gと軽量であるため、持ち運びに軽いです。

ただ専用のクレードルがないため、LANケーブルで有線接続はできず、PCと有線接続する場合は別売りのUSBケーブルが必要になります。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX06はバッテリーの持ちが約14時間

 

下り
最大通信速度
440Mbps
上り
最大通信速度
75Mbps
連続通信時間 約14時間
接続台数 16台
製造元 NEC

WX06はNEC製のモバイルルーターで、通信速度は下り速度最大440Mbpsで旧端末WX05より変わっていません。

ただしバッテリーの持ちが約11.5時間から約14時間へ長時間持つようになりました。

他にもクレードル(別売り)にアンテナを拡張することで、電波の弱い場所でクレードル無しと比べて通信速度が約60%向上しています。

 

WiMAXのモバイルルーターW06とWX06でお悩みの場合、下記「WiMAX W06とWX06の比較」を参考にしていただければと思います。

WiMAX W06 WX06 比較|W06の方が通信速度は速い!※速度1.2GbpsでNo.1ルーター

続きを見る

 

自宅だけで使用する場合は据え置きタイプのホームルーター

外でインターネットを利用することがなく、家の中だけでの利用はホームルーターがおすすめです。

ホームルーターで一番おすすめがSpeed Wi-Fi HOME L02になります。

Speed Wi-Fi HOME L02の特徴

・下り速度最大1Gbpsとホームルーター最速

・接続台数が40台まで可能

 

モバイルルーターであるW06の最大1.2Gbpsより若干遅いですが、大きなアンテナが内蔵されているため、通信安定性では有利です。

外で使う予定がないのであれば、Speed Wi-Fi HOME L02がおすすめです。

 

Speed Wi-Fi HOME L02は通信速度最大1G

下り
最大通信速度
1Gbps
上り
最大通信速度
75Mbps
連続通信時間
接続台数 40台
製造元 HUAWEI

ホームルーター最速機種であるHUAWEI製のHOME L02がおすすめです。

旧端末では下り速度最大440Mbps程度でしたが、ホームルーターでも下り速度最大1Gbpsと最速のHOME L02が登場しました。

さらに高感度アンテナを4方向に配置することで、360度全方位カバーして繋がりにくかった場所でも電波をしっかりキャッチすることができます。

 

他にもWi-Fi TXビームフォーミング搭載で通信の安定性が向上しています。

Webサイトの閲覧やYouTubeなどの動画視聴、PS4でオンラインゲームもできるためおすすめです。

 

コンセントに差して、置いておくだけという簡単設定で使えるため、引っ越しが多いなど、工事が嫌な方はホームルーターを使うと簡単にインターネットを利用できます。

 

WiMAX HOME 02はアンテナ強化で通信エリアを最大約25%UP

 

下り
最大通信速度
440Mbps
上り
最大通信速度
75Mbps
連続通信時間
接続台数 20台
製造元 NEC

NEC製の最新機種であるHOME 02は、旧機種HOME 01と比べても通信速度は変わっていません。

ただし内蔵されているアンテナを強化することで、家の中での通信エリアを最大約25%UP。

また最適な周波数(2.4GHz/5GHz)を自動で切り替えるため、より安定して通信できるようになっています。

他にもAmazonのAlexa搭載のスマートスピーカーと接続することで、話しかけて通信状況の確認やモード切り替えなど行うことができます。

 

モバイルルーターで動画配信サービスやオンラインゲームを楽しもう

モバイルルーターでも、ホームルーターでも動画配信サービス(VOD)やオンラインゲームを楽しむことができます。

HuluやNetflixなどの動画を視聴するのに必要な通信速度は、下り5Mbps以上あれば問題なく観れますし、オンラインゲームも通信速度はあまり必要がなく下り5Mbpsあれば遊ぶことができます。

 

参考程度に私の環境での通信速度をお見せします。

使用ルーター端末はWiMAXのW06(モバイルルーター)

 

動画を見るには十分すぎる速度が出ています。

 

WiMAXでも動画配信サービスを視聴できる

HuluやNetflix、Amazonプライムビデオなど様々な動画配信サービス(VOD)が登場しています。

スマホやパソコンで視聴できますが、通勤中や通学中の電車のなかで視聴している方もいらっしゃいますね。

 

下記は動画配信サービス(VOD)に必要な通信速度(推奨)です。

公式サイトに公表されていない場合は算出しています。

 

動画配信サービス 下り通信速度
YouTube 低画質(360P) 0.5Mbps程度
中画質(480P) 1.0Mbps程度
高画質(720P) 2.0Mbps程度
超高画質(1080P) 3.5Mbps程度
Hulu 推奨3.0Mbps~6.0Mbps
Netflix SD画質推奨 3.0Mbps
HD画質推奨 5.0Mbps
UHD画質推奨 25Mbps
Amazon プライム 中画質 0.7Mbps
高画質 3.5Mbps
最高画質 15Mbps
U-NEXT 標準画質 1.5Mbps以上
高画質 3Mbps以上
最高画質 15Mbps以上
dTV(算出) 標準画質 1Mbps
高画質 2Mbps
最高画質 4Mbps
GYAO! 0.5Mbps~2.0Mbps

※公式に載っていない場合は、通信量より算出しています。

 

WiMAXの通信速度なら問題なく視聴できます。

ただ、3日で10GB以上に達した場合は、翌日午後6時から深夜2時まで最大1Mbpsに制限がかかります。

ストリーミング視聴だと1Mbpsで高画質の動画視聴はできないため、標準画質以下での視聴になります。

・速度制限の時間帯を避ける

・ダウンロードしておく

 

上記2つの方法であれば、高画質動画で視聴し続けることができます。

私個人的な意見ですが、スマホで見る場合は標準画質でも十分綺麗な画面でした。

標準画質はDVDと同じ画質で、スマホは画面が小さいため高画質と標準画質との差がわかり難いというのが正直なところ。

パソコンだとさすがに少し粗い感じはしますね。

 

家でオンラインゲームも遊べる

モバイルWiFiルーターであってもお家でオンラインゲームを遊ぶことができます。

下記は速度制限状態で「モンスターハンターワールド アイスボーン」をプレイしています。

 

 

速度制限でもオンラインゲームで遊ぶことができます。

FPSでも遊ぶことはできますが「ラグが全くなしで」となると固定回線をおすすめします。

やはり無線通信になるので、ラグが全くないというのは厳しいです。

頻発するわけではありませんが、通信環境や混雑状況によってはラグも発生しますし、回線が切れてしまうこともあります。

 

契約前に知っておこう|WiMAXのデメリットや注意点

WiMAXのおすすめポイントを紹介しました。

安く簡単にネット回線を準備できるので、一人暮らしにとてもおすすめなのですが、メリットだけではなくデメリットもあります。

3日で10GBの速度制限もそのうちの1つですね。

 

速度制限に関しては口コミや評判でも載っていたりしますが、その他のデメリットポイントないのか見ていきましょう。

契約してからでは遅いので、納得して申し込むためにも把握しておきましょう。

 

WiMAXの速度制限(ギガ放題プラン)

WiMAXは使い放題のギガ放題プランとライトプラン(月間データ容量7GB)で、それぞれで速度制限があります。

 

両プラン共通

・直近3日で10GBを超えると翌日午後6時から深夜2時まで1Mbpsに速度制限

・au 4G LTE回線利用で通信量を7GB以上使うと、月末まで128kbpsへ速度制限

 

ライトプランのみ

・通信量を7GB以上使うと、月末まで128kbpsへ速度制限

 

au 4G LTE回線を使う時は、WiMAX2+回線が届かいないエリア(主に出張や旅行の際)で使いたい場合に通信モードを切り替えて使います。

WiMAX2+回線をメインで使うため「直近3日で10GB」が一番気にする速度制限になりますね。

ギガ放題プランの人気があり、契約者が多いのでギガ放題プランの速度制限について紹介します。

 

3日で10GB超えると一定時間1Mbpsの速度制限

WiMAXの使い放題プランでもある“ギガ放題”には速度制限があります。

直近3日間で10GBを超えると、翌日18時~深夜2時までの間、通信速度が1Mbpsに規制されるというもの。

 

速度制限のイメージ

ここでどれだけ利用すると10GBに達するのでしょうか。

下記はあくまで目安になります。

 

パソコンで10GBはどれくらいか

内容 データ容量 10GB
Webページ 約2.5MB 約4,000回
テキストメール
(500文字)
約30KB 約333,333通
テキストメール+写真1枚
(500文字)
約5MB 約2,000通
YouTube
(5分)
超高画質 約113MB 約88回
(約7時間)
高画質 約60MB 約166回
(約13時間)
標準画質 約17.5MB 約570回
(約47時間)
低画質 約10MB 約1,000回
(約83時間)
Google Map 約3MB 約3,333回

 

スマートフォンで10GBはどれくらいか

内容 データ容量 10GB
Webページ 約300KB 約33,333回
テキストメール
(500文字)
約15KB 約666,666通
テキストメール+写真1枚
(500文字)
約1MB 約10,000通
YouTube
(5分)
超高画質 約110.9MB 約92回
(約7時間)
高画質 約59.7MB 約170回
(約14時間)
標準画質 約17.1MB 約600回
(約50時間)
低画質 約10.2MB 約1,000回
(約83時間)
Google Map 約3MB 約3,333回

 

YouTubeのような動画では、高画質を見続けると1日で10GBに達してしまいます。

参考程度にNetflixやHulu、Amazonプライムも下記にまとめました。

内容 画質 1時間のデータ容量 10GB
Netflix 高画質(HD) 最大3GB 約3時間
標準画質(SD) 約0.7GB 約14時間
Hulu 最高画質 約1.6GB 約6時間
高画質 約0.9GB 約11時間
中画質(推奨) 約0.5GB 約17時間
低画質 約0.4GB 約24時間
最低画質 約0.2GB 約35時間
通信節約 約0.08GB 約115時間
Amazon プライム
(ストリーミング)
最高画質 約5.8GB 約1時間
高画質 約1.8GB 約5時間
中画質(推奨) 約0.6GB 約16時間
Amazon プライム
(ダウンロード)
最高画質 約0.9GB 約11時間
高画質 約0.6GB 約16時間
中画質(推奨) 約0.3GB 約33時間

 

標準画質(中画質)程度であれば、Netflixで約14時間なので、3日で14時間以上見ると速度制限にかかってしまいます。

そもそもそんなに見ないという方は、速度制限を気にすることがないと思いますが、高画質や最高画質でしか見ない方は、短時間で10GBに到達してしまうため、WiMAXやポケットWiFiで観るのは避けた方がいいでしょう。

速度制限がないゼウスWiFiやクラウドWiFiのようなサービスだと気にすることなく見ることができますね。

続いてオンラインゲームはどうでしょうか?

 

オンラインゲームはどれだけ遊べるの

私が実際にPS4とWiFi接続をして、モンスターハンターワールドを遊んだ結果があります。

モンスターハンターワールドを3時間遊んでみると0.55GBになっていました。

1時間辺り約0.18GBで、7GBの場合は39時間モンスターハンターワールドで遊ぶと7GBを超える計算になります。

1カ月で39時間だけというのは、かなり短いですね。

 

3日で10GB 遊べるため、1日辺り3.3GBとして計算したところ、1日約18時間モンスターハンターワールドを遊べることになります。

モンハンワールドで遊んだ結果
約3時間遊んだ結果 0.55GB
1時間辺り 約0.18GB
10GBまで遊ぶ 約55時間
3.3GBまで遊ぶ 約18時間
7GBまで遊ぶ
約39時間

ゲームプレイのデータ通信量は少ないですが、ゲームのダウンロードは1発で10GBを超えてしまいます。

ダウンロードしても翌日の速度制限状態でゲームはできるので、あまり気にならないことが多いです。

 

au4GLTE回線で月7GBを超えると月末まで128kbpsへ速度制限

先ほども紹介しましたが、WiMAXには2つの通信モードがあります。

 

通信モード

・ハイスピードモード

・ハイスピードプラスエリアモード

 

ハイスピードモードはWiMAX2+回線だけを使う通信モードのことで、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+回線とau 4G LTEの回線を併用して使う通信モードです。

WiMAX2+回線エリア外の場所でau 4G LTE回線に接続することで、インターネットを利用することができます。

ハイスピードプラスエリアモードの主な使い道は、出張や帰省、旅行、新幹線での移動などWiMAX2+回線の電波が届かない場所で使うことが多いです。

 

ハイスピードプラスエリアモードはLTEオプション料として月額1,005円必要ですが、3年プランであれば無料。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを7GB利用すると月末まで128kbpsへ速度制限がかかります。

ハイスピードモードも制限がかかります。

超低速でメールの送受信程度しかできなくなり月末まで解除されないので、ネットを快適に利用するために7GB未満に抑えるようにしましょう。

 

WiMAXの契約期間は3年が主流|1年や2年プランは高額

WiMAXの契約プランは3年が主流ですが、一部のプロバイダで1年や2年プランのところがあります。

3年契約のメリットは月額料金が安く、LTEオプション料が無料という点です。

逆にデメリットは3年という長い契約期間と、途中解約の違約金が高いという点です。

 

1年や2年契約プランのメリットは契約期間が短いことと、解約違約金が安いという点です。

逆にデメリットは月額料金が高くルーター代も必要で、LTEオプション料が有料になる点です。

 

WiMAXの短期利用は、費用が高くなるためおすすめしません。

お得に利用するのであれば、キャンペーンが充実している3年契約プランで申し込むことをおすすめします。

 

一人暮らしの場合、引っ越しもあると思います。

光回線の場合は、引っ越し先でも工事が必要になる可能性もありますが、WiMAXの場合は、モバイルルーターでもホームルーターでも引っ越し先で使えます。

3年プランであっても引っ越しでわざわざ解約する必要はありません。

 

因みに光回線は2年か3年、SoftBank Airは2年契約になります。

どちらも途中解約時に違約金が必要で、SoftBank Airはルーター残債分も違約金とは別で必要になる可能性があります。

固定回線の場合、工事費を分割払いにしていると、工事費の残債分を請求されます。

 

WiMAXプロバイダのお得なキャンペーン

WiMAXにはプロバイダがたくさんあります。

各社様々なキャンペーンを実施しており、学割キャンペーンもその1つです。

学割キャンペーンを実施しているBroad WiMAXは学生がいるご家庭なら最安で利用できるプロバイダです。

学生がいなければ、GMOとくとくBBがおすすめになります。

 

他にもBroad WiMAXやGMOとくとくBBより若干月額料金は高いけど、最大2ヶ月無料キャンペーンや、大幅割引キャンペーンを実施しているプロバイダもあります。

ここからはBroad WiMAXやGMOとくとくBB含め、おすすめプロバイダを紹介していきます。

ネット回線だけではなく、費用面やサービスでも最適なプロバイダと契約しましょう。

 

GMO とくとくBB WiMAX2+は月額割引キャンペーンが魅力

GMOとくとくBBはとにかく月額料金が安いプロバイダです。

今なら期間限定でキャッシュバック6,000円付きで、突然なくなることがありますので、契約を考えている方は今がチャンスです。

このプランは月額料金を安くすることで他社と差別化を図っており、1番安いプロバイダとして人気が高いです。

キャッシュバックを受け取ることができなかった場合を考えると、初めから月額料金が安いプロバイダを選んだ方が安心できますので、GMOとくとくBBのこの料金プランがおすすめです。

 

3年契約プランしかありませんが、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料、月1,005円が無料になります。

また、auスマホユーザーの方は、スマートバリューでスマホ料金が月額最大1,100円割引にもなります。

 

GMOとくとくBBはWiMAX2+の即日発送が可能で、全国送料無料。

平日なら1530、土日祝日なら14時までに申し込みをすれば、当日発送で早く受け取ることができます。

 

GMOとくとくBB

初期費用:3,300円

契約月:2,849円の日割り料金

実質月額料金:3,908円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の金額は税込みです。

 

 

Broad WiMAXは学割キャンペーンが魅力

Broad WiMAXは月額料金が2,726円~と安い部類にはなりますが、残念ながらGMOとくとくBBよりかは若干高いです。

ですが、学割キャンペーン中に申し込むことで、大学生は安い月額料金で利用できます。

 

学割キャンペーンは2020年6月30日まで

 

Broad WiMAX

初期費用:3,300円(初期費用割引キャンペーン適応時)

契約月:2,999円の日割り料金

実質月額料金:3,740円(学割含む)/3,943円(学割含まない)

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

24ヶ月以内の解約でキャンペーン違約金9,500円が加算される

※いつでも解約サポートを利用すれば、上記違約金が0円になります。

 

 

カシモはまだ新しいプロバイダで、月額料金が業界最安級の1,380円~利用できます。

GMOとくとくBBは2,590円~なので、ここだけを比較するとカシモ WiMAXの方が安く感じますが、1,380円と安いのは最初だけで、2ヶ月目から値段が跳ね上がります。

2ヶ月目から月額料金が高くなるため、結果的にはGMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも高くなります。

それでも広告費用を抑えることで、月額料金を安く設定して大手プロバイダに引けを取らないぐらい安くしています。

 

カシモ WiMAX3年契約プランしかありませんが、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料、月1,005円が無料です。

残念ながらauスマホユーザー向けのスマートバリュー月額最大1,100円割引は対象外です。

比較的新しいプロバイダではあるのですが、下り速度最大1.2Gbpsの最新端末「W06」が無料です。

 

カシモ WiMAX

初期費用:3,300円

契約月:1,518円(日割りなし)

実質月額料金:3,971円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の金額は税込みです。

 

 

DTI WiMAX 2+は最大2カ月間月額料金が無料

DTI WiMAX2+は高額キャッシュバックキャンペーンがない代わりに月額割引を行っており、契約月と翌月の月額料金が無料です。

最新端末も無料で、比較的安く利用できるプロバイダです。

 

ただ、2カ月間無料なのはギガ放題プランのみで、モバイルプラン(7GB/月)は、初月から月額料金が3,850円になります。

他にも事務手数料が5,500円で割高です。

そのため、あまりWiMAXを使用する予定がない方には、おすすめできないプロバイダになります。

 

DTI WiMAX2+

初期費用:3,300円

契約月:0円

実質月額料金:3,989円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の金額は税込みです。

 

 

UQ WiMAX2年契約できるところが魅力

本家のUQ WiMAX2年契約や3年契約、4年契約など様々な契約プランを用意していましたが、201910月より2年契約(ギガ放題)プラン4,268/月へ統一しました。

3年契約が長いという方にはおすすめの内容ですが、このプランで2年以降も使い続けると月額料金が4,455円になるので注意が必要です。

さらに2年契約では、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料1,005/月が有料になります。

 

UQ WiMAX

初期費用:3,300円

契約月:4,268円の日割り料金

実質月額料金:4,956円

端末代:16,500円

契約期間:2年

解約違約金:1,100円(更新月とその翌月、翌々月以外)

※表記の金額は税込みです。

 

 

BIGLOBE WiMAX2+は1年契約プランが魅力

BIGLOBEは業界初の1年契約プランを行っているプロバイダで、口座振替にも対応しています。

1年契約プランにはキャッシュバック17,000円もついており、受け取りが契約月の翌月でかなり早く受け取ることができるようになりました。

 

また、auスマホユーザーの方は、スマートバリューでスマホ料金が月額最大1,100円割引にもなります。

ただし、BIGLOBEには1年契約プランしかなく、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料1,005/月が有料になります。

 

12ヶ月以内の解約違約金が1,100という安さですが、端末代が必要になってくる場合があるため、解約時には注意が必要です。

 

BIGLOBE WiMAX2+

キャッシュバック:17,000円

初期費用:3,300円

契約月:0円

実質月額料金:4,721円(端末代込み)

端末代:21,120円(880円×24回払い)

契約期間:1年

解約違約金:1,100円(12ヶ月以内)+端末残債分

※表記の金額は税込みです。

 

 

学割キャンペーン期間外なら『GMOとくとくBB』が安いプロバイダ

先ほどもお伝えしましたが、学割キャンペーンを除けばWiMAXを最安で契約できるプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは実質月額料金も安く、今なら期間限定でキャッシュバックも付いています。

さらに全機種(ルーター端末)が無料なので、一番お得に利用できます。

 

最新機種(ルーター端末)でキャッシュバックを含め実質月額料金が安いプラン

WiMAX2+回線の電波は、どのプロバイダでもエリアや通信速度が同じですので、料金比較は重要になってきます。

その他、違約金負担サービスや最新端末W06やHOME L02など端末代無料のサービスも魅力的ですね。

 

WiMAXプロバイダのおすすめプロバイダの料金比較が下記になります。

ギガ放題プラン
プロバイダ キャッシュバック
実質月額料金 キャッシュバック
受け取れなかったら
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
32,500円 3,772円 4,650円
GMOとくとくBB 6,000円 3,908円 3,989円
Broad WiMAX 3,943円
カシモ WiMAX 3,971円
DTI WiMAX2+ 3,989円
朝日ネット 4,145円
So-net 4,461円
BIGLOBE 17,000円 4,721円 6,138円
DIS 4,726円
UQ WiMAX 4,956円

※表記の金額は税込みで計算しています。
※Broad WiMAXは学割キャンペーン適応外の金額を記載しています。

 

高額キャッシュバック付きや月額割引キャンペーンのどちらも上位を占めているGMOとくとくBBが料金面で圧倒的です。

端末代も無料でキャンペーン違約金もありません。

 

プロバイダのなかには『キャンペーン違約金』を設けているところもありますので要注意です。

キャンペーン違約金が設けられているプロバイダ

・Broad WiMAX:キャンペーン違約金9,500円

・朝日ネット:キャンペーン違約金10,000円

 

Broad WiMAXは初期費用割引キャンペーンに対する違約金で、朝日ネットは月額料金が最大4ヶ月間0円になる月額割引キャンペーンに対する違約金になります。

どちらも24ヶ月以内に解約するとキャンペーン違約金が必要になってくるため、25ヶ月目以降に解約することをおすすめします。

 

他にも

BIGLOBE WiMAX2+の1年プランやUQ WiMAXの2年プランは、LTEオプション料(1,005円/月)が有料になるため月額料金がさらに高くなることがあります。

※ハイスピードプラスエリアモードを使うとLTEオプション料が必要になります。

 

通信モードの使い分け

ハイスピードモードはWiMAX2+回線だけを使う通信モードのことで、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+回線とau 4G LTEの回線を併用して使う通信モードです。

WiMAX2+回線エリア外の場所でau 4G LTE回線に接続することで、インターネットを利用することができます。

ハイスピードプラスエリアモードの主な使い道は、出張や帰省、旅行、新幹線での移動中などWiMAX2+回線の電波が届かない場所で使うことが多いです。

 

3年プランはどのプロバイダでもLTEオプション料が無料なのですが、1年プラン・2年プランは、ハイスピードプラスエリアモードを利用すると翌月に1,005円が加算されてしまうため、WiMAX2+回線エリア外で使用するには注意が必要です。

 

おすすめのプロバイダはGMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンはプロバイダの中でも高額で、受け取ることができれば、月額割引キャンペーンよりもお得になります。

ココに注意

キャッシュバックがあるかわり、割引額が小さいです。

そのため月額料金は高くなっています。

下の表は、キャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンを比較しました。

GMOとくとくBB
キャンペーン データ容量
キャッシュバック
実質月額料金 キャッシュバック
受け取れなかったら
キャッシュバック ギガ放題 32,500円 3,772円 4,650円
ライト(7GB) 3,092円 3,970円
月額割引 ギガ放題 6,000円 3,908円 3,989円
ライト(7GB) 3,227円 3,308円

※表記の料金は税込みで計算しています。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは高額で魅力的ですが、受け取れなかった場合は大きく損をしてしまいます。

月額割引キャンペーンは、最初から割引されているため受け取れないなどのミスもなく安心できます。

GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取りは11ヶ月後です。

 

各社キャッシュバックの受け取れる時期が違いますが、高額キャッシュバックとなると最長で11ヶ月後になります。

自動的に振り込まれるわけではなく、キャッシュバックの案内メールから振り込み先口座を申請する必要があり、期限内にこれを怠るとキャッシュバックが振り込まれません。

そのため、連絡メールを見落とさず忘れないようにすることが大事です。

トータルで比較するとGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの方がお得ですが、受け取り忘れなどのリスクを考えると、始めから大きく割引されている月額割引キャンペーンの方が安全ですね。

 

Broad WiMAXやGMO、どのプロバイダでも通信速度や速度制限は同じ

Broad WiMAXやGMOとくとくBB、BIGLOBE WiMAX2+も含めMVNO(仮想移動体通信業者)と呼ばれ、回線網や通信設備などを借り受け、自社ブランドで通信サービスを提供しています。

簡単に言うと、WiMAX回線を管理しているUQコミュニケーションズが、回線を提供して、GMOとくとくBBはそれを借りているのです。

そのため、どのプロバイダからWiMAXを契約しても通信速度やエリアなどは変わりません。

 

WiMAX2+を契約(プランや端末の選び方)から解約までを紹介!

WiMAXプロバイダと契約するには大きく3つの確認が必要です。

この3つの確認は簡単で、プロバイダさえ決まっていれば、あとは流れに沿って契約するだけです。

step
1
WiMAX2+やau 4G LTEの通信エリアを確認

step
2
WiMAXプロバイダの料金比較

step
3
ギガ放題プランor ライトプラン(月間データ容量7GB)の選択

という流れになります。

 

STEP1.WiMAX2+やau 4G LTEの通信エリアを確認

UQコミュニケーションズの公式サイトや各プロバイダのサイトでエリア確認ができます。

ピンポイントエリア判定で使う場所の住所を入力して確認しましょう。

 

判定結果が「△」や「×」だった場合は、WiMAX2+回線が使えない可能性が出てくるため、その場合はプロバイダやUQ コミュニケーションズに相談してみるか、無料でお試しができるTry WiMAXを利用してみるのも手です。

Try WiMAXで全くWiMAXが使えない場合は、WiMAX以外のWi-Fiサービスの契約をおすすめします。

 

STEP2.WiMAXプロバイダの料金比較

WiMAXはどのプロバイダで契約しても繋がりやすさは同じで、3年契約が主流となっている現在は、3年契約で料金が安いプロバイダを選ぶことが重要です。

当サイトでは一番安いGMOとくとくBBがおすすめしています。

GMOとくとくBBは月額料金が1番安いため、圧倒的に他のプロバイダよりお得に契約できます。

 

STEP3.ギガ放題プランorライト(月間データ容量7GB)プランの選択

WiMAXのデータ容量のプランが2つあります。

それがギガ放題プランとライト(月間データ容量7GB)のプランで、ライトプランの場合は、7GBを超えてしまうと128kbpsの速度まで下がってしまいます。

この速度では何もできないため、インターネットよく使う人はギガ放題を選ぶようにしましょう。

 

WiMAX端末を選ぼう|おすすめ機種は?

ルーター端末選びでは、速度が速い端末が圧倒的に有利です。

外でも使うのであれば、下り速度最大1.2Gbpsのモバイルルーター「W06」がおすすめです。

下り
最大通信速度
1,237Mbps
(約1.2Gbps)
上り
最大通信速度
75Mbps
連続通信時間 約9時間
接続台数 16台
製造元 HUAWEI

 

しかし、家の中でしか使わないのであれば、大きなアンテナが内蔵されて下り速度最大1Gbpsの「HOME L02」がおすすめです。

 

下り
最大通信速度
1Gbps
上り
最大通信速度
75Mbps
連続通信時間
接続台数 40台
製造元 HUAWEI

モバイルルーターW06でも家の中で使うことができます。

私はむしろ外では使わずW06を家の中で使って、PS4でオンラインゲームをしています。

最新端末を選ぶメリット

・WiMAX2+エリア外でも「au 4G LTE」対応で高速通信が可能

・au 4G LTE回線と併用でモバイルルーター最速のギガ超え

・弱い電波もしっかりキャッチして繋がりやすさも向上

・下り速度だけではなく、上り速度も向上してアップロードも高速化

 

最速機種「Speed Wi-Fi NEXT W06」の通信速度最大1.2Gbpsがおすすめ

端末画像 端末 下り
最大通信速度
W06 1,237Mbps
(約1.2Gbps)
WX06 440Mbps
WX05 440Mbps
W05 758Mbps

ハイスピードプラスエリアモードで有線接続など条件がありますが、他の端末と比べても最大1.2Gbpsと最速です。

ハイスピードモードでも下り速度最大558Mbpsで、この速さでもYouTubeを見ることや、オンラインゲームをすることができます。

YouTubeやネットサーフィンなど下り速度が速い方がいいため、W06がおすすめになります。

WiMAX W06 WX06 比較|W06の方が通信速度は速い!※速度1.2GbpsでNo.1ルーター

続きを見る

 

電波の繋がりやすさが向上

W06は前機種であるW05よりも最大速度が上がっただけではなく、繋がりやすさも向上しています。

・高性能ハイモードアンテナ搭載

Wi-Fi TXビームフォーミング搭載

この2つの新しい機能が搭載され、弱い電波もしっかりとキャッチするようになっています。

 

高性能ハイモードアンテナ搭載で電波をしっかりキャッチ

最新機種であるSpeed Wi-Fi NEXT W06から新しく搭載され、アンテナ感度が向上して、今まで届きにくかった場所でも電波をしっかりキャッチします。

 

Wi-Fi TXビームフォーミング搭載で電波の受信速度が約20%UP

Wi-Fi TXビームフォーミングは、スマートフォンなどのWiFi機器の位置を検知し、集中して電波を送信することで、WiFi電波が中・弱電界の場所の通信を安定させ、スループットを向上させる技術です。

この機能で受信速度が約20UPしています。

 

WiMAX2+エリア外でも「au 4G LTE回線と併用」で高速通信が可能

WiMAX2+のエリアは、地域によっては届かないところがありますが、au 4G LTE回線も使える(ハイスピードプラスエリアモード)LTEエリアも利用して、WiMAX2+のエリア外をカバーしており、Wi-Fi接続で下り最大速度867Mbpsの高速通信が可能です。

 

通信モードの使い分け

ハイスピードモードはWiMAX2+回線だけを使う通信モードのことで、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+回線とau 4G LTEの回線を併用して使うモードです。

WiMAX2+回線エリア外の場所でau 4G LTEの回線と接続することで、インターネットを利用することができます。

ハイスピードプラスエリアモードの主な使い道は、出張や帰省、旅行、新幹線での移動などで使うことが多いです。

 

上り通信速度も最大75Mbpsと速い

すでに販売はしていない旧端末では上り速度最大10Mbpsとかでした。

上り速度は下り速度より重要視されていないため、下りと比べえると速度の上がり方は小さいですが、上り速度も着実に速くなってきています。

FacebookやTwitter、YouTubeへ動画や画像などのデータを投稿する際に、上り速度が速い方がいいのですが、W06は現在最速で下り速度も速いためW06一択になります。

 

メモ

SNSなどに動画や写真をアプロードするときは「上り速度」が重要で、逆にダウンロードするときは「下り速度」が重要になります。

ネット検索や動画視聴などは「下り速度」が該当します。

 

速度を安定させたい場合は有線接続しよう

ホームルーターにはLAN差し込み口がありますが、モバイルルーターのW06などにはLANケーブルの差し込み口がありません。

旧端末のW05やWX05にはクレードルがあるため、クレードルを用いれば有線接続ができます。

ただW06に専用のクレードルがないため、PS4と有線接続ができません。

パソコンと有線接続したい場合は、USBケーブルを別途で購入すると有線接続ができます。

 

クレードルとは?

クレードルはWiMAXモバイルルーター用のスタンドで、LANケーブルの差し込み口があるため充電しながら有線接続ができます。

 

まとめ|WiMAXは大学生におすすめのネット回線

一人暮らしの場合、工事不要で簡単にインターネット回線を利用できる無線通信サービスがおすすめです。

光回線だと引っ越しをすると引っ越し先でも再度工事が必要になるケースがあるため、工事が必要であれば賃貸マンションで光回線に申し込むことはあまりおすすめできません。

 

無線通信サービスのなかでもWiMAXは光回線並みの最大速度を誇り、月額料金も安いため、一人暮らしの方(特に大学生や社会人で新生活を始める方)にとって始めやすいネット回線です。

ただこのページで何度も紹介してきましたが、WiMAXには短期的な速度制限が設けられています。

がっつりインターネット回線を利用したい場合は、WiMAXでは不満を感じるかもしれません。

マンションにお住いの方は、すでに光回線を導入していることもあるので、管理会社や大家に確認してみましょう。

 

 

 

おすすめWiMAXプロバイダ【2021年2月版】

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAX2+

利用料金が安いことが特徴なプロバイダ。

料金が安いだけではなく、20日以内キャンセルという違約金0円で解約もできるので、初めて利用される方にもおすすめです。

Broad WiMAX

違約金負担キャンペーンやいつでも解約サポートなど、他社がやっていないサービスが多いプロバイダ。

店舗受け取りで当日からWiMAXを利用することも可能で、すぐにでもインターネットを使いたい人にもおすすめできます。

 

カシモ WiMAX

カシモWiMAX

注目を浴びつつある若いプロバイダ。

初月が1,380円で安く、端末代も0円で始めやすい料金プランになっています。

 

-契約に関するQ&A

© 2021 WiMAX生活 Powered by AFFINGER5