GMOとくとくBB

GMO WiMAX 評判|契約者15万3221人!【2021年度】利用者の声を紹介

WiMAXを安く契約したい場合、安くて有名なプロバイダが「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBB3年契約だけですが、月額割引キャンペーンと高額キャッシュバックキャンペーンを行っており、どちらのキャンペーンを選んでも1番お得に契約できます。

 

・月額2,849円~業界最大の月額割引キャンペーン

・業界最高額の最大32,500円キャッシュバックキャンペーン

 

私は月額割引キャンペーンをおすすめしているのですが、この2つのキャンペーンのトータル金額で比較すると、キャッシュバックキャンペーンの方がお得です。

 

・キャッシュバックは必ず受け取れるの?

・他にデメリットはないの?

・キャッシュバックより月額割引の方がいいの?

この記事では、この3点を中心に、注意点や対応方法、おすすめのプランを紹介します。

GMOとくとくBB WiMAXのネット上の口コミや評判

公式ホームページにもない、実際にGMOとくとくBBと契約された方の評価を集めまとめてみました。

 

GMOとくとくBB WiMAXの口コミや評判

HN:ツバサさん 男性 投稿日:2021年1月25日
PS4とWi-Fi接続させてオンラインゲームをしてますが、問題なく遊んでます。速度制限にかかっても普通に遊べているので、速度制限を気にしたことがないです。
キャッシュバックの受け取り手続きが面倒なので、月額割引キャンペーンで申し込みましたが、とても安いですね。

 

HN:ちゃちゃさん 女性 投稿日:2020年12月21日
私の場合は、そんなに早くなくて良いので充分満足しています!
動画サイトでもサクサク再生できるし、不満に思ったことないです。
さらにポイントで支払いもできるので、非常に助かってます!そしてキャンペーン中がお安い!
めんどくさい手続きもなく毎日インターネット使用させて頂いております。壊れないかぎり継続して利用していこうと思ってます!

 

HN:気分屋さん 男性 投稿日:2020年10月2日
料金が安いため決めました。
日中はネットを問題なく使えましたが、夜は少し遅く感じました。
値段は安いため良いのではないでしょうか。

 

HN:まーさん 男性 投稿日:2020年9月11日
他社さんと比較しましたが、とても安かったです。
家の中では問題なく使えましたが、電車の中だと繋がりにくかったです。

 

HN:スノーさん 男性 投稿日:2020年8月14日
キャッシュバックを受け取ることができれば激安です。
YouTubeなどの動画もスムーズに見ることができます。
専用ページでポイントをチャージして、月額料金から割引できるので、慣れれば楽にできます。

 

HN:ひろさん 男性 投稿日:2020年7月25日
オプションに入っていなければ最安値です。
動画視聴は問題なく使えました。

 

HN:ごきげんようさん 男性 投稿日:2020年6月16日
一度だけ速度制限にかかりましたが、それでも動画を見ることができました。
ギガ放題の料金が安く、満足しています。

 

HN:焼肉さん 女性 投稿日:2020年5月3日
毎月の利用料金支払いで100ポイント貰え、加盟店や利用料金の支払いで使えます。
30,000円のキャッシュバックもあり、月額にすると3,750円でした。
一度サポートに電話しましたが、とても対応がよく話しやすかったです。

 

HN:ハムさん 女性 投稿日:2020年4月27日
 安くても、サポート、通信速度ともに問題ありません。混み合っていても一定の速さは出ますし、サポートも迅速でした。
使って思ったのはとにかくお得だということ。基本料金が安いのはもちろん、毎月GMOポイントが貯まり、貯まったポイントを使えば様々なサービスを受けることができます。

 

HN:ムライさん 女性 投稿日:2020年4月22日
固定回線より安く、安定もしていて落ちないです。
自宅や外出先でも使えて、5000円以内でスマホやネット代も抑えられます。

 

HN:さらさん 女性 投稿日:2020年4月13日
問い合わせになかなか出てくれないような口コミがあったので心配していましたが、不安に思うことや、問い合わせにその都度しっかり答えてくださり、安心しました。

 

HN:たなかさん 女性 投稿日:2020年3月27日
料金が安いし、スマホよりも小さくて持ち運びが楽々でした。
問い合わせメールも当日中に返ってきたので、早くて驚きました。

 

HN:hiroさん 男性 投稿日:2020年3月17日
wimaxはGMOの前に他社でも利用していたので、速度に関しての不満はありません。途中で途切れることもなく安定していて悪くないと思います。
問い合わせも、電話やメールでの対応もすばやく的確に対応してもらえて満足しています。
口コミの中にはキャッシュバックを貰い損ねて、腹いせのように会社を酷評する人も居るようですが、最初の契約事項をきちんと最後まで読んで、手続きさえすれば貰えないなんて事はないはずです。

 

HN:モバイルさん 男性 投稿日:2020年3月10日
他のプロバイダよりも安く、場所にもよりますが動画も問題なく見ることができます。
困ったときは電話して的確に回答してくれましたし、キャッシュバックも受け取れて満足しています。
個人的には満足です。何でもかんでもプロバイダが悪いと評価がありますがネット社会です自分で調べればある程度の問題は解決できます。総合評価は◎です。

 

HN:ハウスさん 男性 投稿日:2020年3月1日
固定回線からwimaxに変えたのですが、
ノートパソコン片手にどこでもネットができ、
想像以上のスピードで、まったく持って満足です。

 

HN:aikoさん 女性 投稿日:2020年2月25日
これを持ち歩いて、スマホで利用していますが、全く問題なく利用できます。イライラすることは無いです。
料金面では基本的に安いと思います。キャンペーン時に申し込んだので、キャッシュバック分を均すと、だいぶお安く利用させて頂いています。

 

HN:WiMAXさん 男性 投稿日:2020年2月20日
・キャッシュバック受け取りに関して
WEBメールの転送サービスが地味に便利です。以前、他のプロバイダを使っていた際、キャッシュバックの口座登録のメールがWebメールに届いているのを気付かずに危うくキャッシュバックが無効になるところでしたが、転送サービスのおかげで見逃さずに済みました。
・サポートに関して
GMO側に問い合わせをしたことがあったなーとメールを振り返りました。自分でもびっくりしたんですが、メールを送ってから30分ほどで返答が返ってきてました。私はあまりの早さにすごく印象がいいです。。

 

HN:レッティさん 女性 投稿日:2020年2月13日
ADSLと大差なく、料金も安すぎて半信半疑でしたが、2階の窓際で使用してますがまったく問題ありません。

 

HN:シローさん 男性 投稿日:2020年1月25日
FPSのネットゲームをやっています。やはり有線ではないので遅延時間が発生しますが、0コンマ何秒の遅延なのでスムーズに使えています。こちらの電波感度によると思いますがYouTubeの動画コンテンツの最高画質でもストップしませんでした。

 

HN:emacさん 女性 投稿日:2020年1月12日
ユーチューブ等の動画をみてもストレス無し、充分速いです。速くて安いしとても満足しています。新たにwi-fi環境をつくらなくていいのも利点です。

 

「動画やオンラインゲームも問題なし」「安い」という意見が多く、値段に関しては問題なさそうですね。

WiMAXは工事不要で、インターネットを利用するためのサービスなので、使えなければ意味がありませんが、ストレスなく利用できるというのは大きなメリットになります。

 

GMOとくとくBB WiMAXのメリットのまとめ

GMOとくとくBBは、WiMAXプロバイダのなか料金が安く、高額キャッシュバックもあり、さらに最新端末も無料というメリットもあります。

しかし、キャッシュバックの受け取りが難しい、電話が繋がらない時間帯がある、2つのオプションに申し込みが必要というデメリットがあります。

GMOとくとくBBのメリット

・プロバイダで1番の月額割引キャンペーン

・プロバイダで1番高額な最大32,500円キャッシュバックキャンペーン

最新端末でも無料

 

GMOとくとくBBのデメリット

・キャッシュバックの申請忘れやメールに気が付かない

・問い合わせが繋がりにくい時間帯がある

・2つのオプションを申し込む必要がある

 

キャッシュバックの申請忘れや気が付かない

キャッシュバック受け取りに不安があれば、月額割引キャンペーンがおすすめです。

それでもトータルでお得なキャッシュバックキャンペーンの方がいいのであれば、キャッシュバックを受け取るための対策が必要です。

 

この対策方法は後ほど説明しますが、大きな対策は2つです。

・普段用のメールアドレスに転送設定をする

・スケジュールツールなどを使い、11ヶ月後に思い出せるようにする

申請を忘れると受け取ることができないため、高額キャッシュバックが付いているプロバイダは何かしらの対策をした方が良いですね。

 

問い合わせが繋がらないことが多い

問い合わせに関しては、GMOとくとくBBのお問い合わせページにも下記のように記載があります。

 

【電話窓口について】
※毎日10時~12時、16時~18時はお電話が非常に混み合うことがございます。
※月曜日はお電話が混み合うことがございます。火曜日~金曜日は比較的お電話がつながりやすいです。
ご利用のお客さまには大変なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

参照元:GMOとくとくBB公式サイト

他のプロバイダでも繋がらないという話はよく聞きますので、GMOとくとくBBだけに限った話ではないみたいですが、できるだけ上記の繋がりやすい時間帯に問い合わせた方がいいです。

あるいはメール問い合わせで済ませるようにしましょう。

 

2つのオプションを申し込む必要がある

月額割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンの両方に該当するのですが、申し込みにはオプションの申し込みが必要になります。

これは強制的で、申し込まない方を選ぶことができません。

 

加入必須のオプション

・安心サポートor安心サポートワイド

Wi-Fi(公衆無線LAN)

 

最大2ヶ月は無料なので、その間に会員ページより解除すれば問題ありません。

 

また安心サポートに必要について、残しておいた方がいいのか?

口コミもまとめていますので、以下を参考にしてみてください。

WiMAX 安心サポート 必要か?⇒回答:必要ない※1年間のメーカー保証がある

続きを見る

 

GMOとくとくBB 』の魅力は月額料金が最安値!

GMOとくとくBBはプロバイダ歴20年以上の実績がある東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営しています。

WiMAXプロバイダの中では、一番安いキャンペーンや高額キャッシュバックキャンペーンを行っており、最安値でWiMAXを利用することができます。

 

トータルで考えると、高額キャッシュバックキャンペーンの方がお得なのですが、受け取る難しさを考えると月額割引キャンペーンの方が安全です。

GMOとくとくBBの2つのプランで比較していきましょう。

 

月額料金が安いプランでお得に契約(月額割引キャンペーン)

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンは、キャッシュバックはないのですが、月額料金を低く抑えたキャンペーンになります。

プロバイダでWiMAXの速度やエリアは変わらないため、料金やキャッシュバックなどのキャンペーン、サービスというのはプロバイダを選ぶ重要なポイントです。

そのためGMOとくとくBBのキャンペーンは人気が高いです。

 

2019年10月最新の料金比較で、10社の平均月額料金(1ヶ月目~更新月までの合計金額から算出)を比較しました。

キャッシュバックありのプロバイダは、キャッシュバックを合計金額から差し引いて計算しています。

 

ギガ放題プラン
プロバイダ 実質月額料金
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
3,772円
GMOとくとくBB 3,827円
Broad WiMAX 3,943円
カシモ WiMAX 3,971円
DTI WiMAX2+ 3,989円
朝日ネット 4,145円
So-net 4,461円
BIGLOBE 4,721円
DIS 4,726円
UQ WiMAX 4,956円

※表記の金額は税込みで計算しています。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバックはWiMAX端末によりキャッシュバック額が変わってきます。

GMOとくとくBBのキャッシュバック額

W06では28,800円

HOME L02では31,000

 

上の表では3年契約のギガ放題プランで比較しているのですが、GMOとくとくBBがどちらのキャンペーンでも1番安いことがわかります。

この料金表はキャッシュバックを受け取ることができた場合の金額になるため、受け取る取ることができなければ、金額が変わってきます。

 

ココがポイント

以前は2年契約のプランもあったのですが、2021年現在は、ほとんどのプロバイダで3年契約の1本化を図っています。

そのため3年契約で比較する必要があります。

ただ、2年契約では有料だったハイスピードプラスエリアモード(月1,105円)が3年契約では無料になるため、au 4G LTE回線を無料で使うことができます。

 

通信モードの使い分け

ハイスピードモードはWiMAX2+回線だけを使う通信モードのことで、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+回線とau 4G LTEの回線を併用して使うモードです。

WiMAX2+回線エリア外の場所でau 4G LTEの回線と接続することで、インターネットを利用することができます。

ハイスピードプラスエリアモードの主な使い道は、出張や帰省、旅行、新幹線での移動などで使うことが多いです。

 

GMOとくとくBBの高額キャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンはプロバイダの中でも高額で、受け取ることができれば、月額割引キャンペーンよりもお得になります。

 

下の表は、キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダをまとめました。

平均月額料金は先ほどご覧いただいた上の料金表と同じ金額で、そこにキャッシュバック額とキャッシュバックを受け取れなかった場合の金額を計算しました。

ギガ放題プラン
プロバイダ キャッシュバック
実質月額料金 キャッシュバック
受け取れなかったら
GMOとくとくBB 32,500円 3,772円 4,650円
BIGLOBE 17,000円 4,721円 6,138円

※表記の金額は税込みで計算しています。

 

GMOとくとくBBBIGLOBEなどの高額キャッシュバックを受け取ることができなければ月額料金が4,000円を超えてきます。

 

キャッシュバックを受け取り時期

GMOとくとくBB11ヶ月後

BIGLOBEは翌月

 

各社キャッシュバックの受け取れる時期が違いますが、高額キャッシュバックとなると最高で11ヶ月後になります。

自動的に振り込まれるわけではなく、キャッシュバックの案内メールから振り込み先口座を申請する必要があり、期限内にこれを怠るとキャッシュバックが振り込まれません。

そのため、連絡メールを見落とさず忘れないようにすることが大事です。

 

月額割引とキャッシュバックキャンペーンのどのプランがいいの?

先ほどまでに、月額割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンの料金の違いや、キャッシュバックを受け取れる時期を紹介してきました。

キャッシュバックの受け取り忘れを防ぐために、ツールや無料サービスを使って思い出せるような工夫が必要なのですが、月額割引キャンペーンだとそんな手間をかける必要がありません。

そのため「月額割引キャンペーン」をおすすめしています。

 

ここでGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンを改めて比較していきましょう。

GMOとくとくBB
キャンペーン データ容量
キャッシュバック
実質月額料金 キャッシュバック
受け取れなかったら
キャッシュバック ギガ放題 32,500円 3,772円 4,650円
ライト(7GB) 3,092円 3,970円
月額割引 ギガ放題 6,000円 3,827円 3,989円
ライト(7GB) 3,227円 3,308円

※表記の金額は税込みで計算しています。

 

キャッシュバックはWiMAX端末で変わってきますが、最速機種であるW06を選び計算しています。

 

ギガ放題では、キャッシュバックを受け取れなかった場合は、かなり損をしてしまいます。

ライト(月7GB)では、キャッシュバックを関係なく月額割引キャンペーンの方がお得です。

 

ちなみにですが、この2つのキャンペーンの共通点を紹介します。

・初期費用(3,300円)が登録料として必要

・最新機種が無料で配送料も無料

・解約違約金は同じ

20日以内の解約であれば違約金が無料

auスマホユーザーはスマートバリューで最大1,100円割引

 

基本的には料金プランが違います。

そのため、キャッシュバックか月額割引のどちらかになるのですが、キャッシュバック受け取りはリスクもあり、申請が必要で面倒でもあるので「月額割引キャンペーン」をおすすめします。

 

ココに注意

ギガ放題とライト(月7GB)

データ容量には2つのプラン(ギガ放題とライト月7GB)があり、ライト(月7GB)は、7GBを超えると通信速度が下り最大128kbpsに制限されてしまうため、インターネットをよく使い、よく動画を見る方はギガ放題をおすすめします。

 

20日以内の解約であれば違約金が無料

 

ピンポイントエリア判定が「〇」だったのに繋がらなくて使えない。

こんな方のために20日以内に返却すれば違約金なしで解約できるGMOとくとくBB独自が設けている制度です。

WiMAXを初めて利用するため、不安があるという方でも安心できるサービスです。

 

ピンポイントエリア判定とは?

WiMAXの利用先住所でWiMAX2+au 4G LTEの電波が通っているエリアかどうかを「○」「△」「×」で判定するサービス。

ピンポイントエリア判定が「○」であれば問題ないとされています。

UQコミュニケーションズ公式サイトや各プロバイダの公式サイトで確認することができます。

 

auスマホユーザーはスマートバリューで最大1,000円割引

 

auスマホユーザーはスマートバリューmineで、スマホ代(利用料金)が毎月最大1,100円割引(税込み)になります。

これはWiMAXプロバイダすべてに対応しているわけではなく、カシモWiMAXなどスマートバリューmineに対応していないプロバイダもあります。

auユーザーあれば、毎月1,100円(3年間で39,600円)割引になるため、WiMAX端末が手元に届いた後に必ず申し込むようにしましょう。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取るポイント

契約したのにキャッシュバックを受け取れなかった人がいらっしゃいます。

キャッシュバックを受け取れなかった人の特徴が以下になります。

キャッシュバックを受け取れなかった理由

・たくさん送られてくる広告メールの中に紛れて気が付かなかった

・普段使わないメールアドレスに送られてきて気が付かなかった

・11ヶ月が長すぎて忘れていた

 

キャッシュバックキャンペーンに申し込んだのにキャッシュバックを受け取ることができなければ痛手です。

私は「月額割引キャンペーン」をおすすめしていますが、どうしてもキャッシュバックの方がいいと思うかともいるかと思います。

そんな方のために、キャッシュバックを確実に受け取る方法を紹介します。

 

Web申し込みする前のポイント

GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンは新規契約である必要があり、過去にGMOとくとくBBと契約された方は対象外になります。

さらに、別のキャンペーンとの併用はできません。

 

ココがポイント

キャッシュバックキャンペーンに申し込める人

GMOとくとくBBと新規契約である

・別のキャンペーンを申し込んでいない人

 

過去にGMOとくとくBBと契約しておらず新規契約である

キャッシュバックキャンペーンではGMOとくとくBBと新規契約である必要があるのですが、月額割引キャンペーンは過去にGMOとくとくBBと契約していても申し込むことができます。

何度でも月額割引キャンペーンを受けることができるわけです。

 

月額割引など他のキャンペーンと併用していないか

キャッシュバックや月額割引の両方のキャンペーンでキャンペーンの併用ができません。

 

申し込みをしたけどキャッシュバック特典が適用されなくなる理由

キャッシュバックキャンペーンに申し込んでも、キャッシュバックを受け取ることができなくなることがあります。

・途中解約をしている

・支払いをしなかった

 

契約したキャッシュバック特典のプランを解約している

キャッシュバックを受け取る前に解約してしまうと、キャッシュバックを受け取ることができません。

 

未納によるサービス一時停止または強制解約をしている

利用料金の支払いをせずに、一時停止や強制解約をしている場合、キャッシュバック適応外になってしまいます。

 

11ヶ月目にキャッシュバックを受け取るためのポイント

キャッシュバックを受け取るためには、「口座情報登録メール」から振り込み口座の登録を翌月末日までにしなければいけません。

キャッシュバックを受け取るために重要なことが

・「口座情報登録メール」を確認する

・振り込み口座をメール受け取りの翌月末までに登録をする

この2点になります。

 

契約時に作るメールアドレスに「口座情報登録メール」が送られてくる

GMOとくとくBBに申し込む際に、メールアドレスを作ることになります。

希望メールアドレスの欄でメールアドレスを無料で作ります。

ここで作ったGMOとくとくBBのメールアドレス宛に、11ヶ月後「口座情報登録メール」が送られてきます。

 

普段使っているメールアドレスに届かないため、気が付いたら11ヶ月を過ぎていて、キャッシュバックを受け取れなかったという人が多く、電話して問い合わせしても電話が繋がらないし腹が立つという状況になってしまうのです。

このことを予め知っておき、対策をしておけばキャッシュバックを受け取れない状況を防ぐことができます。

 

キャッシュバック受け取りを忘れないようにする方法

キャッシュバックを忘れずに受け取るためには、11ヶ月後に思い出せるような工夫をしておくことが大事で、大丈夫だろうというのは危険です。

万が一忘れていても、何かしらわかりやすい知らせがあれば安心できますよね。

 

そこでおすすめなのが

・普段使いのメールアドレスへ転送設定

・スマホなどのアプリでスケジュールに入れておく

Outlookの予定表に入れておく

・無料サービス「リマインドメール」を使う

この4点で、すべてやる必要はありません。

 

スマホを毎日見る方は、スケジュールに入れておくだけでも十分効果があるでしょう。

逆に、スマホはあまり使わない人で、PCをよく使う方はOutlookを使うという方法もあります。

最低でも1つは、設定しておいた方が得策です。

 

GMOとくとくBB契約時のメールを転送設定しておく

申し込み時のメールアドレスから、普段よく使うメールアドレスへ転送ができます。

この設定をしておくことで、わざわざ会員ページでメールを確認する必要がなくなります。

 

 

スマホのスケジュールに入れておく

スマホやガラケーでもスケジュール帳は備わっているもの。

GMOとくとくBBに申し込んだタイミングで、11ヶ月後のキャッシュバック案内のメールが届く旨を入れておけば、忘れずにキャッシュバックを受け取ることができます。

 

Outlookの予定表に入れておく

 

来年の予定も予め入れておくこともできて、時間がくるとアラームで教えてくれるのでパソコンをよく使う人には便利な機能です。

Outlookを使う方法やスケジュールアプリを使う方法でも、少し手間ではありますが11ヶ月目に入った時点で思い出せるようにすることで、キャッシュバックの受取り忘れを防ぐようにしましょう。

 

リマインドメールを使い、11ヶ月後にキャッシュバック確認メールを送る

「リマインドメール」は指定した時間にメールを送ってくれるサービスです。

無料で会員登録できます。

 

スマホアプリを使えば済む話でもあるため、わざわざ会員登録してまですることか?と思いますが、あくまでこういうサービスもありますよという紹介だけをさせていただきました。

 

一番楽な方法は

・スマホのスケジュールアプリを使う

Outlookのスケジュール機能を使う

この2つがおすすめです。

 

GMOとくとくBBのサポート体制について

GMOとくとくBBに問い合わせる方法は2つ

・電話サポート

Web問い合わせ

 

問い合わせ方法やお客様センターの連絡先

電話:0570-045-109

技術サポート:10時~19時(年中無休)

事務手続きサポート:10時~19時(平日)

Web問い合わせ:問い合わせフォームより

 

毎日12時~15時と月曜日・金曜日は、電話が混み合うそうで、火曜日~木曜日は比較的に電話が繋がりやすいみたいです。

電話が繋がらない場合は、メールで問い合わせておくといいかと思います。

 

GMOのサポートが悪いのは本当なのか?

GMOとくとくBBの電話サポートは、別に悪いというわけではないです。

HN:さらさん 女性 投稿日:2020年4月13日
問い合わせになかなか出てくれないような口コミがあったので心配していましたが、不安に思うことや、問い合わせにその都度しっかり答えてくださり、安心しました。

 

HN:hiroさん 男性 投稿日:2020年3月17日
WimaxはGMOの前に他社でも利用していたので、速度に関しての不満はありません。途中で途切れることもなく安定していて悪くないと思います。
問い合わせも、電話やメールでの対応もすばやく的確に対応してもらえて満足しています。
口コミの中にはキャッシュバックを貰い損ねて、腹いせのように会社を酷評する人も居るようですが、最初の契約事項をきちんと最後まで読んで、手続きさえすれば貰えないなんて事はないはずです。

 

HN:モバイルさん 男性 投稿日:2020年3月10日
他のプロバイダよりも安く、場所にもよりますが動画も問題なく見ることができます。
困ったときは電話して的確に回答してくれましたし、キャッシュバックも受け取れて満足しています。
個人的には満足です。何でもかんでもプロバイダが悪いと評価がありますがネット社会です自分で調べればある程度の問題は解決できます。総合評価は◎です。。

 

HN:WiMAXさん 男性 投稿日:2020年2月20日
・キャッシュバック受け取りに関して
WEBメールの転送サービスが地味に便利です。以前、他のプロバイダを使っていた際、キャッシュバックの口座登録のメールがWebメールに届いているのを気付かずに危うくキャッシュバックが無効になるところでしたが、転送サービスのおかげで見逃さずに済みました。
・サポートに関して
GMO側に問い合わせをしたことがあったなーとメールを振り返りました。自分でもびっくりしたんですが、メールを送ってから30分ほどで返答が返ってきてました。私はあまりの早さにすごく印象がいいです。

 

お客様センターの電話対応について

電話対応にかんしては、繋がらないという意見もありますが、口コミでも、的確に回答してくれて満足しているという意見があるため、電話対応が悪いというわけではりません。

やはり繋がりにくい時間帯が大きく関係していそうです。

 

Web問い合わせについて

もし電話が繋がりにければ、メールで問い合わせをする方法があります。

こちらは、口コミでもあるように早くて30分後に回答があるようです。

30分後は早すぎると思いますが、めちゃくちゃ遅いというわけではないようです。

 

GMOとくとくBB WiMAXと他社キャンペーンや月額料金を比較

WiMAXプロバイダは20社以上あるため、比較して絞ることが大変ですが、私がおすすめするプロバイダの特徴を紹介します。

【第1位】GMOとくとくBB 実質月額料金:3,827円

【第2位】Broadwimax 実質月額料金:3,943円

【第3位】カシモ WiMAX 実質月額料金:3,971円

【第4位】DTI WiMAX2+ 実質月額料金:3,989円

3年契約以外でおすすめプロバイダ

【2年契約なら】UQ WiMAX 実質月額料金:4,956円

【1年契約なら】BIGLOBE 実質月額料金:4780円

※表記の金額は税込みで計算しています。

 

月額料金はGMOとくとくBBが断然安いです。

これは月額割引キャンペーンの平均月額料金で、キャッシュバックキャンペーンはキャッシュバック受け取りのリスクや手間を考えて「月額割引キャンペーン」をおすすめしています。

 

GMO とくとくBB WiMAX2+は月額割引キャンペーンが魅力

GMOとくとくBBはとにかく月額料金が安いプロバイダです。

今なら期間限定でキャッシュバック6,000円付きで、突然なくなることがありますので、契約を考えている方は今がチャンスです。

このプランは月額料金を安くすることで他社と差別化を図っており、1番安いプロバイダとして人気が高いです。

キャッシュバックを受け取ることができなかった場合を考えると、初めから月額料金が安いプロバイダを選んだ方が安心できますので、GMOとくとくBBのこの料金プランがおすすめです。

 

3年契約プランしかありませんが、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料、月1,105円が無料になります。

また、auスマホユーザーの方は、スマートバリューでスマホ料金が月額最大1,100円割引にもなります。

 

GMOとくとくBBはWiMAX2+の即日発送が可能で、全国送料無料。

平日なら1530、土日祝日なら14時までに申し込みをすれば、当日発送で早く受け取ることができます。

 

GMOとくとくBB

初期費用:3,300円

契約月:2,849円の日割り料金

実質月額料金:3,827円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の金額は税込みです。

 

 

Broad WiMAXは解約違約金負担キャンペーンが魅力

Broad WiMAXは月額料金が2,999円~と安い部類にはなりますが、残念ながらGMOとくとくBBよりかは若干高いです。

他にも初期費用20,743円割引キャンペーンで申し込まないと初期費用が高く、24ヶ月以内の解約でキャンペーン違約金10,450円が加算されてしまいます。

ただし、いつでも解約サポートを利用することで、キャンペーン違約金を含めた解約違約金が0円で他社回線へ乗り換えることができるため、WiMAXが満足に使えなかった場合でもお得に乗り換えることができます。

 

Broad WiMAXは3年契約プランしかありませんが、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料、月1,104円が無料になります。

また、auスマホユーザーの方は、スマートバリューでスマホ料金が月額最大1,100円割引にもなります。

 

Broad WiMAX

初期費用:3,300円(初期費用割引キャンペーン適応時)

契約月:2,999円の日割り料金

実質月額料金:3,943円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※24ヶ月以内の解約でキャンペーン違約金10,450円が加算される

※表記の金額は税込みです。

※いつでも解約サポートを利用すれば、上記違約金が0円になります。

 

 

Broad WiMAXのサービス一覧

店舗受け取りサービスとは?

申し込み当日に、直接店舗に端末を受け取りに行くことで当日から利用できるサービス

 

違約金負担キャンペーンとは?

他社のWiMAXWi-FiサービスからBroad WiMAXへ乗り換える場合に発生する違約金を、最大19,000円までBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーン

 

いつでも解約サポートとは?

Broad WiMAXWiMAXを契約した方が、満足に使えなかったり、固定回線に乗り換えたい場合に、解約違約金なしで他社のプロバイダへ乗り換えることができるサービス

 

違約金負担キャンペーンやいつでも解約サポートなど他のプロバイダではやっていません。

店舗受け取りサービスもWEB申し込みのプロバイダでは業界初です。

 

更新月で解約ができなかったときや、最新端末へ機種変更したい場合に違約金負担キャンペーンを使ってBroad WiMAXへの乗り換えもできます。

別プロバイダを更新月以外で解約して乗り換えたい場合は、Broad WiMAXがおすすめですね。

 

カシモ WiMAXは大手に並ぶ月額料金が魅力

カシモはまだ新しいプロバイダで、月額料金が業界最安級の1,518円~利用できます。

GMOとくとくBBは2,849円~なので、ここだけを比較するとカシモ WiMAXの方が安く感じますが、1,518円と安いのは最初だけで、2ヶ月目から値段が跳ね上がります。

2ヶ月目から月額料金が高くなるため、結果的にはGMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも高くなります。

それでも広告費用を抑えることで、月額料金を安く設定して大手プロバイダに引けを取らないぐらい安くしています。

 

カシモ WiMAX3年契約プランしかありませんが、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料、月1,105円が無料です。

残念ながらauスマホユーザー向けのスマートバリュー月額最大1,100円割引は対象外です。

比較的新しいプロバイダではあるのですが、下り速度最大1.2Gbpsの最新端末「W06」が無料です。

 

カシモ WiMAX

初期費用:3,300円

契約月:1,518円(日割りなし)

実質月額料金:3,971円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の金額は税込みです。

 

 

DTI WiMAX 2+は最大2カ月間月額料金が無料

DTI WiMAX2+は高額キャッシュバックキャンペーンがない代わりに月額割引を行っており、契約月と翌月の月額料金が無料です。

最新端末も無料で、比較的安く利用できるプロバイダです。

 

ただ、2カ月間無料なのはギガ放題プランのみで、モバイルプラン(7GB/月)は、初月から月額料金が3,850円になります。

他にも事務手数料が5,500円で割高です。

そのため、あまりWiMAXを使用する予定がない方には、おすすめできないプロバイダになります。

 

DTI WiMAX2+

初期費用:3,300円

契約月:0円

実質月額料金:3,989円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の金額は税込みです。

 

 

UQ WiMAX2年契約できるところが魅力

本家のUQ WiMAX2年契約や3年契約、4年契約など様々な契約プランを用意していましたが、201910月より2年契約(ギガ放題)プラン4,268/月へ統一しました。

3年契約が長いという方にはおすすめの内容ですが、このプランはルーター端末が有料(16,500円)なので初期費用が高くなります。

さらに2年契約では、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料1,105/月が有料になります。

 

UQ WiMAX

初期費用:3,300円

契約月:4,268円の日割り料金

実質月額料金:4,956円

端末代:16,500円

契約期間:2年

解約違約金:1,100円(更新月とその翌月、翌々月以外)

※表記の金額は税込みです。

 

 

BIGLOBE WiMAX2+は1年契約プランが魅力

BIGLOBEは業界初の1年契約プランを行っているプロバイダで、口座振替にも対応しています。

1年契約プランにはキャッシュバック17,000円もついており、受け取りが契約月の翌月でかなり早く受け取ることができるようになりました。

 

また、auスマホユーザーの方は、スマートバリューでスマホ料金が月額最大1,100円割引にもなります。

ただし、BIGLOBEには1年契約プランしかなく、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料1,105/月が有料になります。

 

12ヶ月以内の解約違約金が1,100という安さですが、端末代が必要になってくる場合があるため、解約時には注意が必要です。

 

BIGLOBE WiMAX2+

キャッシュバック:17,000円

初期費用:3,300円

契約月:0円

実質月額料金:4,721円(端末代込み)

端末代:21,120円(880円×24回払い)

契約期間:1年

解約違約金:1,100円(12ヶ月以内)+端末残債分

※表記の金額は税込みです。

 

 

WiMAXの申し込みから使用開始、そして解約までの流れ

WiMAXプロバイダと契約するには大きく3つの確認が必要です。

この3つの確認は簡単で、プロバイダさえ決まっていれば、あとは流れに沿って契約するだけです。

step
1
WiMAX2+やau 4G LTEの通信エリアを確認

step
2
WiMAXプロバイダの料金比較

step
3
ギガ放題プランorライト(月間データ容量7GB)プランの選択

という流れになります。

 

STEP1.WiMAX2+やau 4G LTEの通信エリアを確認

UQコミュニケーションズの公式サイトや各プロバイダのサイトでエリア確認ができます。

ピンポイントエリア判定で使う場所の住所を入力して確認しましょう。

 

判定結果が「△」や「×」だった場合は、WiMAX2+回線が使えない可能性が出てくるため、その場合はプロバイダやUQ コミュニケーションズに相談してみるか、無料でお試しができるTry WiMAXを利用してみるのも手です。

 

STEP2.WiMAXプロバイダの料金比較

WiMAXはどのプロバイダで契約しても繋がりやすさは同じで、3年契約が主流となっている現在は、3年契約で料金が安いプロバイダを選ぶことが重要です。

当サイトでは一番安いGMOとくとくBBがおすすめしています。

GMOとくとくBBは月額料金が1番安いため、圧倒的に他のプロバイダよりお得に契約できます。

 

STEP3.ギガ放題プランorライト(月間データ容量7GB)プランの選択

WiMAXのデータ容量のプランが2つあります。

それがギガ放題プランとライト(月間データ容量7GB)のプランで、ライトプランの場合は、GBを超えてしまうと128kbpsの速度まで下がってしまいます。

この速度では何もできないため、インターネットよく使う人はギガ放題を選ぶようにしましょう。

 

ギガ放題とライトプランはどちらがいいの?

ライトプランの7GBはどれくらい使うと超えてしまうのでしょうか。

 

私が実際にPS4Wi-Fi接続をして、モンスターハンターワールドを遊んだ結果があります。

モンスターハンターワールドを3時間遊んでみると0.55GBになっていました。

1時間辺り約0.18GBで、7GBの場合は39時間モンスターハンターワールドで遊ぶと7GBを超える計算になります。

1カ月で39時間だけというのは、かなり短いですね。

 

実はギガ放題の場合も速度制限があり、3日間で10GB を超えると翌日午後6時から深夜2時までの間、最大速度1Gbpsに制限されてしまいます。

3日で10GB 遊べるため、1日辺り3.3GBとして計算したところ、1日約18時間モンスターハンターワールドを遊べることになります。

モンハンワールドで遊んだ結果
約3時間遊んだ結果 0.55GB
1時間辺り 約0.18GB
10GBまで遊ぶ 約55時間
3.3GBまで遊ぶ 約18時間
7GBまで遊ぶ
約39時間

 

ギガ放題でも制限あるのかよ。

と思いたいところですが、下り速度最大1Gbpsの速度制限がかかっても、YouTube(標準画質)やモンスターハンターワールドを見たり遊んだりできるのです。

そのためギガ放題がおすすめです。

 

WiMAX端末を選ぼう|おすすめ機種は?

端末選びでは、速度が速い端末が圧倒的に有利です。

外でも使うのであれば、下り速度最大1.2Gbpsのモバイルルーター「W06」がおすすめです。

下り
最大通信速度
1,237Mbps
(約1.2Gbps)
上り
最大通信速度
75Mbps
連続通信時間 約9時間
接続台数 16台
製造元 HUAWEI

 

しかし、家の中でしか使わないのであれば、大きなアンテナが内蔵されて下り速度最大1Gbpsの「HOME L02」がおすすめです。

 

下り
最大通信速度
1Gbps
上り
最大通信速度
75Mbps
連続通信時間
接続台数 40台
製造元 HUAWEI

モバイルルーターW06でも家の中で使うことはできます。

私はむしろ外では使わずW06を家の中で使って、PS4でオンラインゲームをしています。

 

WiMAX端末最速の下り最大1.2Gbps

端末画像 端末 下り
最大通信速度
W06 1,237Mbps
(約1.2Gbps)
WX06 440Mbps
WX05 440Mbps
W05 758Mbps

ハイスピードプラスエリアモードで有線接続など条件がありますが、他の端末と比べても最大1.2Gbpsと最速です。

 

ハイスピードモードでも下り速度最大558Mbpsで、この速さでもYouTubeを見ることや、オンラインゲームをすることができます。

YouTubeやネットサーフィンなど下り速度が速い方がいいため、W06がおすすめになります。

 

電波の繋がりやすさが向上

W06は前機種であるW05よりも最大速度が上がっただけではなく、繋がりやすさも向上しています。

 

・高性能ハイモードアンテナ搭載

Wi-Fi TXビームフォーミング搭載

 

この2つの新しい機能が搭載され、弱い電波もしっかりとキャッチするようになっています。

 

高性能ハイモードアンテナ搭載で電波をしっかりキャッチ

最新機種であるSpeed Wi-Fi NEXT W06から新しく搭載され、アンテナ感度が向上して、今まで届きにくかった場所でも電波をしっかりキャッチします。

 

Wi-Fi TXビームフォーミング搭載で電波の受信速度が約20%UP

Wi-Fi TXビームフォーミングは、スマートフォンなどのWi-Fi機器の位置を検知し、集中して電波を送信することで、Wi-Fi電波が中・弱電界の場所の通信を安定させ、スループットを向上させる技術です。

この機能で受信速度が約20UPしています。

 

WiMAX2+エリア外でも「au 4G LTE回線と併用」で高速通信が可能

WiMAX2+のエリアは、地域によっては届かないところがありますが、au 4G LTE回線も使える(ハイスピードプラスエリアモード)LTEエリアも利用して、WiMAX2+のエリア外をカバーしており、Wi-Fi接続で下り最大速度867Mbpsの高速通信が可能です。

 

通信モードの使い分け

ハイスピードモードはWiMAX2+回線だけを使う通信モードのことで、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+回線とau 4G LTEの回線を併用して使うモードです。

WiMAX2+回線エリア外の場所でau 4G LTEの回線と接続することで、インターネットを利用することができます。

ハイスピードプラスエリアモードの主な使い道は、出張や帰省、旅行、新幹線での移動などで使うことが多いです。

 

上り通信速度も最大75Mbpsと速い

すでに販売はしていない旧端末では上り速度最大10Mbpsとかでした。

上り速度は下り速度より重要視されていないため、下りと比べえると速度の上がり方は小さいですが、上り速度も着実に速くなってきています。

FacebookTwitterへ動画や画像などのデータを投稿する際に、上り速度が速い方がいいのですが、W06は現在最速で下り速度も速いためW06一択になります。

 

ちなみに

W05WX05などのモバイルルーターにはクレードルというスタンドがあります。

クレードルがあれば、PS4と直接LANケーブルで有線接続をすることができます。

有線接続の方が安定するため、クレードルを使うメリットがあるのですが、W06には専用のクレードルがありません。

 

PCと有線接続するためのUSBケーブルは別売りであります。

Amazonでも購入できるため、必要に応じて用意するといいでしょう。

 

端末が届いたら、さっそく使ってみよう

GMOとくとくBBは即日発送で翌日から3日程度で届きます。

箱の中には、WiMAX端末やUIMSIM)カードが入っており、UIMカードを端末に差し込んで、電源を入れて接続設定をすればOKです。

接続設定も非常に簡単です。

 

即日配達で申し込みより3日前後で商品が届く

佐川急便で届きます。

配送日時の指定はできませんが、不在だった場合は不在通知表から再配達の依頼ができるため、そのときは希望日時で配達依頼をしましょう。

 

同梱のUIM(SIM)カードを端末に差し込む

UIMカードを端末に差し込みます。

あとは、電源を入れて簡単な設定をして完了です。

 

Windows PCWi-Fi接続をする方法

PCの右下にあるネットワークより、WiMAX端末のSSIDを探します。

SSIDやこの後に出てくるセキュリティキーはWiMAX端末の方で確認することができます。

 

セキュリティキー(パスワード)を確認して入力

上の画像では③に該当します。

ここにWiMAX端末で確認したセキュリティキー(パスワード)を入力することで、接続設定が完了します。

 

PS4Wi-Fi接続でオンラインを楽しむ方法

PS4でもインターネット接続設定からWi-Fi接続をします。

設定の中のネットワークを選びます。

「ネットワーク接続を設定する」を選びます。

W06とはLANケーブル接続できないため、Wi-Fi接続になります。

この先はPCのときと同じで、WiMAX端末のSSIDを選びパスワードを入力して完了です。

 

更新月でGMOとくとくBBを解約する

GMOとくとくBBは、契約月の翌月目を1ヶ月目として37ヶ月目が更新月になります。

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目以降:10,450円

※表記の金額は税込みです。

 

37ヶ月目以外の解約では上記、解約違約金が必要になってきます。

 

解約方法は電話か会員ページから解約することができます。

どの解約方法でも20日までに手続きが必要であるため、更新月の月初めには解約手順を確認するようにしましょう。

 

まとめ:WiMAXを契約するなら『GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン』

いかがでしょうか。

WIMAXはどこのプロバイダと契約しても繋がりやすさは同じであるため、料金が安いプロバイダと契約した方がいいです。

WiMAXの契約をされる場合は、プロバイダ・契約プラン・機種・は下記が一番おすすめです。

 

プロバイダ:GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)

料金プラン:ギガ放題

機種:Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi HOME L02(家の中だけなら)

 

 

 

おすすめWiMAX2+プロバイダ【2021年5月版】

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAX2+

利用料金が安いことが特徴なプロバイダ。

料金が安いだけではなく、20日以内キャンセルという違約金0円で解約もできるので、初めて利用される方にもおすすめです。

Broad WiMAX

違約金負担キャンペーンやいつでも解約サポートなど、他社がやっていないサービスが多いプロバイダ。

店舗受け取りで当日からWiMAXを利用することも可能で、すぐにでもインターネットを使いたい人にもおすすめできます。

 

カシモ WiMAX

カシモWiMAX

注目を浴びつつある若いプロバイダ。

初月が1,518円で安く、端末代も0円で始めやすい料金プランになっています。

 

-GMOとくとくBB

© 2021 WiMAX生活 Powered by AFFINGER5