WiMAXで動画

WiMAX Amazonプライム ビデオが途切れずに見放題、ギガ放題最安の月額4,750円

■Amazonプライムビデオで映画を見るのにWiMAXでも問題なし?

■WiMAXの速度制限で、映画やアニメが見放題じゃなくなるのでは?

■速度制限中でもAmazonプライムビデオが見れたりする?

 

Amazonプライムビデオで映画やアニメが見放題でも、「WiMAXが制限にかかって、ぜんぜん見放題じゃなくなった」なんて意味がないですよね。

挙句の果てに「高い違約金を払ってWiMAXを解約」なんてことになるのは最悪です。

WiMAXに申し込む前に、速度や通信量について事前に分かれば、安心できると思うのではないでしょうか。

 

このページでは

・Amazonプライムビデオが途中で止まることなく楽しめるのか?

・3日で10GBに達するまでどれくらい視聴可能か?

・速度制限1Mbpsでは視聴できるのか?

 

WiMAXでAmazonプライムビデオの映画やアニメを見ることができます。

ただ速度制限があるので、少し我慢ポイントもあります。

その我慢ポイントも含めてWiMAXで映画やドラマ、アニメを視聴するのにどのような問題があるのか、このページで解説しています。

WiMAXでAmazonプライムビデオを視聴できる

結論を言うと、無線通信サービスであるWiMAXでAmazonプライムビデオを見ることができます。

WiMAXはAmazonプライムビデオ動画を見るために必要な通信速度も出ますし、月間データ容量制限なしの「ギガ放題プラン」であれば毎日にように映画やドラマ、アニメを見ることができます。

動画をパソコンやスマホ、テレビでもWiMAXのルーター1台で見ることができるので、工事が必要な光回線と比べると簡単です。

外出先に携帯して使えるところもWiMAXのメリットですね。

 

WiMAXサービスについて

WiMAXの申し込みは「WiMAX2+」と「WiMAX+5G」に分かれます。

WiMAX+5Gは2021年4月から登場した新サービスで、今後「WiMAX2+」から「WiMAX+5G」へ置き換わることが予想されます。

通信速度がかなり速くなっているため、今WiMAXを申し込むのなら「WiMAX+5G」がおすすめです。

 

Amazonプライムビデオを視聴するのに必要な通信速度

Amazonプライムビデオで動画を見るためには、ある程度の通信速度が必要です。

中画質(標準画質)から高画質へ画質をよくすると、必要な通信速度も速くなり消費データ量も多くなります。

 

必要な速度

中画質 0.7Mbps

高画質 3.5Mbps

最高画質 15Mbps

 

高画質なら4Mbpsも出ていれば視聴できます。

最高画質は15Mbpsで少し速度が必要ですが、この速度もとくに速いわけではなくWiMAXでも十分出せる速度です。

 

WiMAXの通信速度

WiMAXはWiMAX2+サービスとWiMAX+5Gサービスで分かれますが、どちらでも通信速度は速いです。

 

WiMAXの最大速度

WiMAX2+:最大440Mbps

WiMAX+5G:最大2.7Gbps

 

この最大通信速度はベストエフォート(理論値)です。

良い環境で技術的に出る速度になるため、実際には最大速度ほど通信速度はでません。

その理由は、基地局とルーターが無線で繋がるため、距離や障害物(建物など)によって速度が遅くなるためです。

とはいえ電波が良ければ100Mbpsも出るため、最高画質に必要な15MbpsはWiMAX2+でも出る速度です。

 

視聴時間の目安|WiMAXでAmazonプライムビデオを何時間見ると10GBになるのか

WiMAX2+のギガ放題プランは、月間データ容量に制限はありませんが、直近3日で10GBを超えると、翌日午後6時から深夜2時まで1Mbpsに速度制限がかかります。

※WiMAX+5Gは3日で15GB。

 

昼間の制限がかからない時間帯であれば問題ありませんが、夕方に映画やドラマを見たい方にとっては気になる内容ですね。

そこでAmazonプライムビデオの動画をどれだけ見れば10GBに達するのか。

あくまで目安ですが下記を参考にしてください。

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

動画配信サービス画質1時間のデータ容量10GB15GB
Amazon プライム
(ストリーミング)
最高画質約5.8GB約1時間約2時間
高画質約1.8GB約5時間約8時間
中画質(推奨)約0.6GB約16時間約25時間
Amazon プライム
(ダウンロード)
最高画質約0.9GB約11時間約16時間
高画質約0.6GB約16時間約25時間
中画質(推奨)約0.3GB約33時間約50時間

 

WiMAX2+回線を使ってAmazonプライムビデオを視聴すると、ストリーミングの場合は中画質であれば約16時間、高画質は約5時間、最高画質なら約1時間で10GBに達します。

 

ストリーミングは、インターネットに接続しながら視聴する再生方式です。

ダウンロードは予め動画データをスマホなどの端末に入れておくことを言い、ネットが繋がっていなくてもどこでも視聴ができます。

 

1Mbpsの速度制限でもAmazonプライムビデオを見ることができる?

通信量を超えた場合、午後6時~深夜2時までの間、通信速度が概ね1Mbpsになります。

これはWiMAX2+もWiMAX+5Gも同様です。

そして気になるのはAmazonプライムビデオが見ることができるのかという点です。

 

必要な速度

中画質 0.7Mbps

高画質 3.5Mbps

最高画質 15Mbps

 

中画質(標準画質)でも0.7Mbps以上が推奨なので、1Mbpsあれば視聴可能な速度です。

中画質(標準画質)はDVDと同じ画質なので、決して見にくい画質ではありません。

速度制限になっていてもDVD画質で視聴できるため、10GBを気にしなくてもいいと思います。

 

ダウンロードはデータの消費量も少なく済むので、速度制限になる時間帯(午後6時から深夜2時)までにダウンロードしておくという方法もできますね。

 

WiMAXとAmazonプライムビデオでどれくらい月額料金が必要か

WiMAXもAmazonプライムビデオも月額料金が必要なサービスです。

Amazonプライムビデオは申し込み後すぐに視聴開始できますが、WiMAXはルーター端末が届いてから使えるようになります。

※申し込み後からだいたい2~3日程度で届きます。

 

AmazonプライムビデオとWiMAXの申し込みことで、どれくらい料金がかかるのか見ていきましょう。

 

Amazonプライムビデオの料金プランについて

Amazonプライムビデオの料金プランは、月額500円でいつでもキャンセルしやすいプランか、年会費4,900円で若干お得なプランがあります。

 

Amazonプライム会員特典

・映画・TV・アニメ見放題

・お急ぎ便・お届け日時指定便使い放題

・200万曲以上聞き放題

・写真を容量無制限で保存可能

・雑誌・本・漫画を読み放題

 

月額500円で上記内容であれば、比較的安いプランのような気がします。

Amazonプライムビデオの標準画質に必要な通信速度もそこまで速くないため、WiMAXでも十分楽しめます。

 

WiMAXの料金プラン

WiMAXは「WiMAX2+」と「WiMAX+5G」で申し込みが分かれますが、WiMAX2+は今後衰退していくサービスです。

WiMAX+5Gへ置き換わると予想されており、WiMAX2+の申し込みを終了している事業者もあります。

そのため申し込むなら「WiMAX+5G」がおすすめです。

WiMAX+5Gの月額料金(UQ WiMAX)

事務手数料:3,300円

ルーター代:21,780円

実質月額料金:5,271円

契約期間:2年

※実質月額料金は、事務手数料やルーター代を含めて計算しています。

 

WiMAXでAmazonプライムビデオが見れるのか不安であれば・・・

WiMAXやAmazonプライムビデオも無料お試し期間を設けています。

Amazonプライムビデオは月額500円、年会費なら4,900円の安い動画配信サービスですが、サービス内容や動画のジャンルによって好みの内容でなければもったいないですよね。

 

WiMAXも通信速度や速度制限が満足できる内容なのか使ってみないとわかりません。

そこでWiMAXの無料レンタルサービスやAmazonプライムビデオのお試しキャンペーンを利用してみると安心できます。

気に入らなかったら無料期間中に解約すればOKです。

 

Amazonプライムビデオを30日間無料で試してみる

Amazonプライムビデオの無料トライアルはアカウント作成をして、クレジットカードなど支払い方法を登録してから30日間のお試し利用ができます。

有料会員と全く同じ条件で体験ができます。

30日以内に解約しなければそのまま有料会員に移行するので、無料で体験終了する場合は解約手続きが必要です。

 

パソコンでAmazonプライムビデオの画質変更をして試してみよう

最近のパソコンはWiFiが搭載されているので、WiMAXルーターとWiFi接続ができます。

WiMAXが届いたら、WiFi接続設定をしてからAmazonプライムビデオを体験してみましょう。

モバイルルーターはUSB接続できるので、パソコンと有線接続でお試しもできます。

 

Amazonプライムビデオの無料体験は、プライム会員(有料会員)と同じ内容でお試しができます。

画質モード(中画質・高・最高)をいろいろ試してみて、中画質でも問題なければ、約16時間視聴すると10GBになります。

1日5時間は見れる計算で、映画なら2作品ほど、ドラマなら5話見ることができますね。

 

スマホやiPhoneでAmazonプライムビデオの画質変更をして試してみよう

パソコンと比べてスマホやiPhoneはデータ通信量や必要な通信速度も違ってきます。

中画質や高画質もあまり差を感じないため、中画質でも十分かなと思いますが無料なので試してみるといいですね。

このお試し期間にWiMAXの速度制限もぜひやってみてください。

制限中も楽しむことができれば、安心してWiMAXを契約できます。

 

WiMAXは15日以内に返却

「WiMAXが気になるけど、全然繋がらなかったらどうしよう。」

「WiMAXで通勤中も使えるのか試したい」

「ポケットWiFiを使ってるけどWiMAXの方がいいのかな?」

 

通信エリア内であっても、マンションの高さや周囲の障害物によって速度が変わります。

WiMAXを使ってみたいけど、実際はどうなの?という意見が多いと思います。

高速通信サービスとはいえ、実際に利用環境で試してみなければわからないため、無料でレンタルできるプランがあるといいですよね。

 

UQ WiMAX(UQコミュニケーションズが運営)は、15日間無料でお試し利用ができるTry WiMAX』を実施しています。

15日以内に返却すれば、自宅でWiMAXが使えるのかどうか無料でお試しができます。

 

期日まで返却をすれば、申し込みから返却まで1円もかかりません。

レンタル中は自宅でWiFi通信(スマホやパソコン、ゲーム機など)してネットは快適かどうか、通勤や通学中など外出時はどうかなど。

いろいろ試してみましょう。

 

WiMAXを無料体験できる「Try WiMAX」の申し込みついて、下記ページで紹介しています。

WiMAX 体験 無料サービス『Try WiMAX』※公式お申し込みページはコチラ

続きを見る

 

Amazonプライムビデオで動画を見るために!WiMAX契約のポイント

Amazonプライムビデオ動画を楽しむために、WiMAX2+を契約するときのポイントを紹介。

これまでに説明してきましたが、ここで改めてご紹介します。

 

WiMAXを利用するときのポイント

  • WiMAX+5Gがおすすめ
  • 用途に応じてルーターを選ぶ
  • 契約するプロバイダ(販売代理店)は安くお得なところを選ぶ

 

今ならWiMAX+5Gがおすすめ

WiMAXは「WiMAX⇒WiMAX2+」へ移行しており、2020年3月末でWiMAXサービスが終了してWiMAX2+サービスへ完全に切り替わりました。

同じように「WiMAX2+⇒WiMAX+5G」への完全移行が考えられます。

そしてすでにUQコミュニケーションズから2022年秋以降に、WiMAX2+サービスで提供している周波数帯の一部を5Gサービスへ移行していくことが発表されています。

 

これに伴い、WiMAX2+の最大速度440Mbpsが220Mbpsへ変更になります。

これからWiMAXに申し込むことを検討中であれば「WiMAX+5G」に申し込んだ方がいいでしょう。

 

用途に応じてルーターを選ぶ

WiMAXには2種類のルーター端末があります。

・据え置きタイプのホームルーター

・持ち運びタイプのモバイルルーター

 

ホームルーターはコンセントに差して使うため、固定回線の代わりとして利用する方が多いです。

モバイルルーターは充電して使うルーターで、外出中でもスマホやパソコンでネットに繋ぐことができます。

5G対応ルーター

モバイルルーター

・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01:最大速度2.2Gbps

ホームルーター

・Speed Wi-Fi HOME 5G L11 ZTR01:最大速度2.7Gbps

 

光回線で広く普及している速度でも最大1Gbpsなので、比較すれば光と同等以上の速度に達しています。

この最大速度は理論値なので、実際にはこの速度が出ることはほぼありません。

ですがAmazonプライムビデオが見れる速度は十分出ます。

 

WiMAXはプロバイダ(販売代理店)から申し込むと安い

WiMAX2+はUQコミュニケーションズが管理及び提供している通信サービスです。

UQ WiMAXから契約することができますが、月額料金が高くルーター端末も有料でおすすめできません。

そこで登場するのがプロバイダ(販売代理店)です。

プロバイダは独自のキャンペーンやサービスで競い合っており、月額割引やルーター端末代無料などお得なサービスが豊富で料金も安いです。

 

安く動画見たい人におすすめのWiMAXプロバイダ

WiMAXはUQコミュニケーションズが回線を管理して、プロバイダ(販売代理店)へ回線を提供しています。

プロバイダのBroad WiMAXやGMOとくとくBB、BIGLOBEも含めMVNO(仮想移動体通信業者)と呼ばれ、回線網や通信設備などを借り受け、自社ブランドで通信サービスを提供しています。

そのため、どのプロバイダからWiMAXを契約しても通信速度やエリアなどは変わりません。

WiMAXを契約するときのポイントは料金やお得なキャンペーン、サービスです。

料金に関しては、初期費用やルーター端末代、月額料金(利用料)が該当します。

キャンペーンやサービスは、月額割引やキャッシュバック、違約金負担、ルーター端末代無料などが該当します。

これらを総合して、お得なプロバイダと契約しましょう。

 

GMOとくとくBBはWiMAX+5Gが1番安い!

GMOとくとくBBは月額割引によって1番安いプロバイダです。

最初の2年間は通常料金(5,302円)より1,144円割引(4,158円)、以降は594円割引(4,708円)によって長期利用でも安いままです。

また21,780円もする端末代金も無料なので、安い初期費用でWiMAX+5Gを導入することができます。

 

2年間月額1,144円割引で最安

3年目以降も月額594円割引で最安

21,780円の端末代が無料

 

またプラチナバンドが使える「プラスエリアモード」のオプション料金1,100円/月が無料になるため、電波が悪い場所でプラスエリアモードに切り替えれば、追加料金なしで通信可能です。

 

GMOとくとくBB

初期費用:3,300円

契約月:4,158円の日割り

実質月額料金:4,433円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の料金は税込みです。

 

\受付中/

 

カシモWiMAXは月額料金がずっと定額で安い!

カシモWiMAX+5G

カシモWiMAXは基本定額で、月額料金が高くならないプロバイダです。

というのも他のプロバイダは、利用期間に応じて月額料金が高くなり最終的には5,000円を超えてくるところがあります。

そのため気が付けば出費が高くなっていて、その原因がWiMAXだったということも。

 

カシモWiMAXは利用期間が長くなっても同じ月額料金で4,455円のまま。

さらに端末代も無料なので、安い料金でWiMAX+5Gを導入することができます。

 

オプションの強制加入がない

25,000円の端末代が無料

月額料金がずっと定額4,455円(1ヶ月目以降)

 

またプラチナバンドが使える「プラスエリアモード」のオプション料金1,100円/月が無料になるため、電波が悪い場所でプラスエリアモードに切り替えれば、追加料金なしで通信可能です。

 

カシモ WiMAX

初期費用:3,300円

契約月:1408円

実質月額料金:4,455円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の料金は税込みです。

 

\受付中/

 

Vision WiMAXは初期費用が1番安い!

Vision WiMAXは契約月の利用料金、端末代金、事務手数料が0円で初期費用が安いプロバイダです。

端末無料や契約月の利用料金0円は他社でもありますが、事務手数料も0円なのはあまり見かけません。

さらにキャッシュバック5,000円もあるため、WiMAX+5Gを1番安い初期費用で導入できます。

他にもWiMAXの速度に不満があったり固定回線へ乗り換えたい場合に、指定の他社回線への乗り換えを条件に、Vision WiMAXの解約違約金(最大28,050円)が無料になります。

 

契約月の利用料金0円

20,000円超えの端末代が0円

契約事務手数料3,300円が0円

 

またプラチナバンドが使える「プラスエリアモード」のオプション料金1,100円/月が無料になるため、電波が悪い場所でプラスエリアモードに切り替えれば、追加料金なしで通信可能です。

 

Vision WiMAX

初期費用:0円

契約月:0円

実質月額料金:4,831円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:28,050円

13ヶ月目~24ヶ月目:21,450円

25ヶ月目以降:14,300円

37ヶ月目:0円

※無料オプション「いつでも解約アシスト」によって違約金が無料

※表記の料金は税込みです。

 

\受付中/

 

BIGLOBE WiMAX+5Gは1番ハードルが低い料金プラン

BIGLOBE WiMAX+5Gは1年プランのプロバイダで、1年以上利用すれば違約金0円でいつでも解約することができます。

料金が安いプロバイダは37ヶ月目の更新月でしか0円で解約できず、途中解約すると28,050円などの高い違約金が発生します。

0円で解約するのが非常に難しく、ハードルが高いプランになっています。

 

BIGLOBEは1年以内でも違約金1,100円なので、解約時の負担を最小限に抑えることができます。

ただ端末代21,912円(913円×24回払い)が必要で、他のプロバイダのように端末無料ではありません。

しかし10,000円のキャッシュバックがあるため端末代が実質11,912円になるためお得です。

さらに契約月の利用料金が0円で初期費用が安くなるメリットもあります。

 

契約月の利用料金0円

端末代21,912円が実質11,912円へ

1年経過すればいつでも違約金0円で解約できる

 

BIGLOBE WiMAX+5Gはプラチナバンドが使える「プラスエリアモード」のオプション料金1,100円/月が有料になるため、電波が悪い場所でプラスエリアモードに切り替える場合は注意しましょう。

 

BIGLOBE WiMAX+5G

初期費用:3,300円

契約月:0円

実質月額料金:4,851円(3年間利用した場合)

端末代:21,912円(913円×24回払い)

最低利用期間:1年

解約違約金

12ヶ月目以内:1,100円

13ヶ月目以降:0円

※24ヶ月以内に解約すると端末残債分が加算されます。

※表記の料金は税込みです。

 

\受付中/

 

WiMAXの申し込み手順

WiMAXプロバイダと契約するには大きく3つの確認が必要です。

この3つの確認は簡単で、プロバイダさえ決まっていれば、あとは流れに沿って契約するだけです。

step
1
WiMAX2+回線やau 5Gの通信エリアを確認

step
2
WiMAXプロバイダの料金比較

step
3
WiMAXルーターの選択

step
4
オプションを選択

という流れになります。

 

STEP1. WiMAX2+回線やau 5Gの通信エリアを確認

UQコミュニケーションズの公式サイトや各プロバイダのサイトでエリア確認ができます。

ピンポイントエリア判定で使う場所の住所を入力して確認しましょう。

 

判定結果が「△」や「×」だった場合は、WiMAX2+回線が使えない可能性が出てくるため、その場合はプロバイダやUQ コミュニケーションズに相談してみるか、無料でお試しができるTry WiMAXを利用してみるのも手です。

Try WiMAXで全くWiMAXが使えない場合は、WiMAX以外のWiFiサービスの契約をおすすめします。

 

STEP2.WiMAXプロバイダの料金比較

WiMAXはプロバイダによって月額料金やルーター代金が違ってきます。

WiMAXの通信品質や通信エリアはどこも同じなので、お得に利用開始できるプロバイダ選びが重要です。

WiMAX+5Gのおすすめプラン

WiMAX 5G プラン比較、1番安い月額4,158円プランがコチラ

続きを見る

 

STEP3.WiMAXルーターの選択

ルーターは用途に応じて選びましょう。

移動中や移動先で使うのなら「モバイルルーター」を。

利用場所が自宅のみなら「ホームルーター」がおすすめです。

 

モバイルルーターであっても自宅で使うことができますが、コンパクトサイズに作られているので、内蔵しているアンテナもコンパクトサイズです。

電波をしっかりキャッチしてくれるホームルーターの方が、屋内でも安定性で上です。

 

またホームルーターにはLANポートが付いています。

LANケーブルを使えば、ルーターと通信機器(ゲーム機やPCなど)の通信を安定させることができます。

WiFi接続より有線接続の方が、速度が速くなります。

 

3年契約でLTEオプション料が無料

WiMAXのほとんどが3年契約のプロバイダばかりで、LTEオプション料が無料なのですが、なかには1年契約や2年契約ができるところがあります。

 

1年契約できるプロバイダ

・BIGLOBE WiMAX+5G

2年契約できるプロバイダ

・UQ WiMAX

 

上のプロバイダで1年契約や2年契約ではLTEオプション料が有料(1,100円/月)になります。

LTEオプション料というのは、プラスエリアモードの使用料で、少しでもプラスエリアモードを使用すると翌月の月額料金にLTEオプション料が加算されます。

スタンダードモードだけを使うのなら問題ありませんが、旅行先や出張先でスタンダードモードが繋がらず、プラスエリアモードを使うと料金が高くなるので注意が必要です。

 

STEP4.オプションを選択

オプションには、ルーターが故障したときの保証や、セキュリティソフトのオプションなどプロバイダによっていろいろあります。

プロバイダによっては、キャンペーン適用を条件に加入しないといけないところもあります。

 

ルーター保証の「安心サポート」や「安心サポートワイド」のようなオプションは、申し込みと同時に加入しなければならず、途中加入はできません。

万が一故障した場合、修理代や交換代金が高くなるので保証があった方がいいように思いますよね。

ただ自然故障であればルーター本体に“1年”の保証期間が設けられているため、自然故障を対象にしたサポートは不要です。

 

もし保証オプションを付けるなら、少しオプション料金が高くなりますが、水没や盗難など自然故障以外を対象にした保証オプションにした方がいいでしょう。

 

WiMAXのおすすめ機種は?

WiMAX+5G専用の端末はSamsung製かZTE製で分かれます。

Samsungからはモバイルルーターが登場しており、ZTEからホームルーターが出ています。

この章では、それぞれの5G専用端末のスペックを紹介します。

 

外出先ならモバイルルーター/自宅用ならホームルーター

端末選びでは、速度が速い端末が圧倒的に有利です。

外でも使うのであれば、下り速度最大2.2Gbpsのモバイルルーター「SCR01」がおすすめです。

下り最大速度2.2Gbps
上り最大速度183Mbps
同時接続台数10台
バッテリー容量5,000mAh
外形サイズ(㎜)約W147×H76×D10.9
質量約203g
本体色ホワイト
メーカーSamsung(サムスン電子)

 

 

しかし、家の中でしか使わないのであれば、大きなアンテナが内蔵されて下り速度最大2.7Gbpsの「L11 ZTR01」がおすすめです。

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L11 ZTR01

下り最大速度2.7Gbps
上り最大速度183Mbps
同時接続台数30台
バッテリー容量
外形サイズ(㎜)約W70×H182×D124
質量約599g
本体色ホワイト
メーカーZTE

 

モバイルルーターSCR01でも自宅で使うことができます。

ただホームルーターは本体サイズが大きい分、アンテナも大きいため屋内で電波をしっかりと掴んでくれます。

そのため用途が自宅のみであればホームルーターにしておいた方がいいでしょう。

 

au回線も併用で電波の繋がりやすさが向上

WiMAX2+でもau回線を利用できましたが、オプションであるハイスピードプラスエリアモードでのみ可能でした。

ハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまでしか使えないため、メインで使える通信モードではなく、あくまでWiMAX2+の電波が届かないエリアで使えるような補助的な役割でした。

 

WiMAX+5Gのスタンダードモードで、WiMAX2+回線だけでなくau回線も使うことができます。

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

WiMAX+5GWiMAX2+
通常モード
(スタンダードモード/
ハイスピードモード)
WiMAX2+
au 5G
au 4G LTE
WiMAX2+
有料オプション
(プラスエリアモード/
ハイスピードプラスエリアモード)
プラチナバンド
(au 4G LTE、au 5G)
も使える
au 4G LTE
も使える

 

WiMAX2+回線だけでもネットを使えるので、これだけではメリットを感じにくいですね。

ただau回線はWiMAX2+回線より通信エリアが広く、例えWiMAX2+回線の電波が弱くてもau回線の電波が強ければ通信速度が出ます。

電波が良い方、または両方の電波を使って通信できるので、ネット検索や動画もスムーズに楽しめます。

 

プラスエリアモードについてもう少し触れておきます。

スタンダードモードで使うau回線の電波は高周波数なので、山間部など電波が届きにくい場所があります。

低周波数のプラチナバンドは、そのような場所でも電波が届きやすいことが特徴で、電波が悪い時に「プラスエリアモード」を使います。

 

4G通信でも高速化

WiMAX+5Gは5Gエリアしか使えないわけではなく4Gエリアでも通信可能で、au回線も使えることでWiMAX2+サービスより速度が速くなっています。

下記は4Gエリアにおいて、WiMAX+5G専用端末とWiMAX2+専用端末で速度比較した結果です。

 

〇比較した端末一覧

モバイルルーター

・Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01(WiMAX+5G)

・Speed Wi-Fi NEXT W06(WiMAX2+)

・Speed Wi-Fi NEXT WX06(WiMAX2+)

 

ホームルーター

・Speed Wi-Fi HOME 5G L11 ZTR01(WiMAX+5G)

・WiMAX HOME 02(WiMAX2+)

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

WiFi(2.4GHz)
モバイルルーターping値下り速度上り速度
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
SCR01
36ms91.45Mbps29.27Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W0645ms61.38Mbps5.28Mbps
Speed Wi-Fi NEXT WX0642ms54.71Mbps5.94Mbps
ホームルーターping値下り速度上り速度
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
ZTR01
38ms164.22Mbps10.88Mbps
WiMAX HOME 0245ms44.96Mbps5.68Mbps

 

ping値・下り速度・上り速度においてWiMAX+5Gが圧倒的に速い結果となりました。

同じ4Gエリアで測定しても、これだけ実測値に差が出ています。

au回線を併用できるというのは、WiMAX+5Gになって良くなったメリットと言えますね。

 

まとめ|WiMAXでAmazonプライムビデオを見れるのか

WiMAXでAmazonプライムビデオは楽しめるのかを紹介してきました。

WiMAXであれば通信速度も十分出ますし、DVD画質の中画質であれば速度制限中でも視聴可能です。

 

Amazonプライムビデオは作品によってダウンロードもできるため、あらかじめデータを入れておいて高画質で視聴することもできます。

WiMAXはモバイルルーターも取り扱っているので、電車や車などの移動中や、移動先での隙間時間を映画やアニメを見る楽しみにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

おすすめWiMAX+5Gプロバイダ【2021年10月版】

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは月額割引によって1番安いプロバイダです。

最初の2年間は通常料金(5,302円)より1,144円割引(4,158円)、以降は594円割引(4,708円)によって長期利用でも安いままです。

また21,780円もする端末代金も無料なので、安い初期費用でWiMAX+5Gを導入することができます。

2年間月額1,144円割引で最安

3年目以降も月額594円割引で最安

21,780円の端末代が無料

カシモ WiMAX

カシモWiMAX

カシモ WiMAXは基本定額で、月額料金が高くならないプロバイダです。

カシモ WiMAXは利用期間が長くなっても同じ月額料金で4,455円のまま。

さらに端末代も無料なので、安い料金でWiMAX+5Gを導入することができます。

オプションの強制加入がない

25,000円の端末代が無料

月額料金がずっと定額4,455円(1ヶ月目以降)

Vision WiMAX

Vision WiMAX

Vision WiMAXは契約月の利用料金、端末代金、事務手数料が0円で初期費用が安いプロバイダです。

端末無料や契約月の利用料金0円は他社でもありますが、事務手数料も0円なのはあまり見かけません。

さらにキャッシュバック5,000円もあるため、WiMAX+5Gを1番安い初期費用で導入できます。

契約月の利用料金0円

20,000円超えの端末代が0円

契約事務手数料3,300円が0円

-WiMAXで動画