WiMAXでオンラインゲーム

モバイルWiFi ポケモンGOが遊び放題のWiFi比較サイト※速さ・料金がわかる!

■スマホが速度制限になってポケモンGOができない

■使い放題のモバイルWiFiを知りたい

■とにかく安いモバイルWiFiを知りたい

 

普段からスマホでTwitterやInstagram、YouTubeで動画鑑賞などしていれば、月のデータ容量が上限を超えて速度制限になることがあります。

スマホでも大容量プランがりますが、月額料金が高くなってしまいます。

スマホはWiFiを使うことで通信量を抑えることができるため、安い料金で使えるモバイルWiFiがあれば速度制限を気にしなくて済みます。

 

このページでは

・1番安いモバイルWiFi『WiMAX』のおすすめプロバイダ

・WiMAXとポケットWiFiの比較

・数日間レンタルできるモバイルWiFi『レンタルサービス』

 

このページでは、数日間だけ使えるレンタルサービスもあるため、短期間から長期間モバイルWiFiを使いたい方に、安くて使い放題のモバイルWiFiを紹介しています。

最安モバイルWiFi『WiMAX』のおすすめプロバイダ

先に言うと、モバイルWiFi最安が『WiMAX』です。

WiMAXはWEB申し込みや店舗申し込みができるプロバイダがありますが、人件費を抑えて月額割引やキャッシュバックキャンペーンに還元しているWEB申し込みのプロバイダがおすすめです。

WiMAXはどこで契約しても同じ速度・エリアなので、契約をするなら安くお得なプロバイダに申し込みましょう。

 

安いWiMAXプロバイダの特徴

・WEB申し込みが中心

・3年契約

・ルーター端末が無料

 

ライトプラン(月7GB)になると初期費用(事務手数料)が高くなる場合があります。

月額料金はギガ放題と比べると若干安いですが、ポケモンGOだけではなく、SNSやオンラインゲーム、動画配信サービスなどで、たっぷり使いたい方は月間無制限で使えるギガ放題プランがおすすめです。

 

1位  GMOとくとくBB 実質月額料金:3,826円

GMOとくとくBBはとにかく月額料金が安いプロバイダです。

今なら期間限定でキャッシュバック6,000円付きで、突然なくなることがありますので、契約を考えている方は今がチャンスです。

このプランは月額料金を安くすることで他社と差別化を図っており、1番安いプロバイダとして人気が高いです。

キャッシュバックを受け取ることができなかった場合を考えると、初めから月額料金が安いプロバイダを選んだ方が安心できますので、GMOとくとくBBのこの料金プランがおすすめです。

 

3年契約プランしかありませんが、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料、月1,105円が無料になります。

また、auスマホユーザーの方は、スマートバリューでスマホ料金が月額最大1,100円割引にもなります。

 

GMOとくとくBBはWiMAX2+の即日発送が可能で、全国送料無料。

平日なら1530、土日祝日なら14時までに申し込みをすれば、当日発送で早く受け取ることができます。

 

GMOとくとくBB

初期費用:3,300円

契約月:2,849円の日割り料金

実質月額料金:3,826円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の料金は税込みです。

 

 

2位  Broad WiMAX 実質月額料金:3,943円

Broad WiMAXは月額料金が2,999円~と安い部類にはなりますが、残念ながらGMOとくとくBBよりかは若干高いです。

ですが、学割キャンペーン中に申し込むことで、大学生は安い月額料金で利用できます。

 

学割キャンペーンは2020年6月30日まで

 

Broad WiMAX

初期費用:3,300円(初期費用割引キャンペーン適応時)

契約月:2,999円の日割り料金

実質月額料金:3,740円(学割含む)/3,943円(学割含まない)

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

24ヶ月以内の解約でキャンペーン違約金10,450円が加算される

※表記の料金は税込みです。

※いつでも解約サポートを利用すれば、上記違約金が0円になります。

 

 

3位  カシモ WiMAX 実質月額料金:3,971円

カシモはまだ新しいプロバイダで、月額料金が業界最安級の1,518円~利用できます。

GMOとくとくBBは2,849円~なので、ここだけを比較するとカシモ WiMAXの方が安く感じますが、1,518円と安いのは最初だけで、2ヶ月目から値段が跳ね上がります。

2ヶ月目から月額料金が高くなるため、結果的にはGMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも高くなります。

それでも広告費用を抑えることで、月額料金を安く設定して大手プロバイダに引けを取らないぐらい安くしています。

 

カシモ WiMAX3年契約プランしかありませんが、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料、月1,105円が無料です。

残念ながらauスマホユーザー向けのスマートバリュー月額最大1,100円割引は対象外です。

比較的新しいプロバイダではあるのですが、下り速度最大1.2Gbpsの最新端末「W06」が無料です。

 

カシモ WiMAX

初期費用:3,300円

契約月:1,518円(日割りなし)

実質月額料金:3,971円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の金額は税込みです。

 

 

高速通信サービスの比較|WiMAXとポケットWiFiどっちがお得?

高速通信モバイルWiFiルーターは、ポケットWiFiとWiMAXの2択になります。

ポケットWiFiはY!mobile(ワイモバイル)が提供しており、WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているサービスです。

ドコモもモバイルWiFiを提供していますが、上限60GBまでで料金もかなり高いです。

そのため、比較対象として除外しています。

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

WiMAXポケットWiFi
プランギガ放題Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
+アドバンスオプション
月額料金3,500円程度4,818円
月間容量無制限無制限
速度制限10GB/3日10GB/3日
下り最大速度1,237Mbps988Mbps
利用回線WiMAX2+
au 4G LTE
SoftBank 4G LTE

 

WiMAXはライトプラン(月7GB)とギガ放題プランの2つから選ぶことができます。

人気があるのはギガ放題プランで、月額3,500円程度という安い料金で月間無制限で使うことができます。

3,500円程度としているのは、WiMAXは申し込みができるプロバイダがたくさんあり、料金が各社違ってきます。

安いプロバイダが月額3,500円程度となります。

 

ポケットWiFiは、標準プラン(月7GB)にアドバンスオプションに申し込むことで月間無制限で利用することができます。

そのときの料金が月額4,818円で、WiMAXと比べて高くなります。

速度制限は2つのサービスでほぼ同じ内容になっており、通信速度は若干WiMAXの方が勝っていますが、そこまで差がありません。

ただ通信回線がそれぞれ違うため、利用場所によって繋がりやすさが違ってきます。

WiMAX2+回線はauやSoftBankのLTE回線より通信エリアは狭いですが、2021年現在はかなり拡大しており、地上だけではなく地下街や地下鉄でも繋がるようになっています。

 

WiMAXは速度・費用・サービスで勝っている

WiMAXはポケットWiFiと比較すれば速度・費用・サービスで上ですが、WiMAXは20社以上プロバイダがあり、料金やサービスが各社違います。

人気のあるプロバイダは、月額割引や高額キャッシュバック、ルーター端末無料キャンペーン、違約金負担サービスなどお得なキャンペーンやサービスがあります。

プロバイダ比較が大変ですが、WiMAXとポケットWiFiを比べるとWiMAXがおすすめです。

 

WiMAXは安いモバイルWiFiとしておすすめ

WiMAXはプロバイダによって月額割引や高額キャッシュバックのようなお得なキャンペーンを実施しているため、安い料金でネット回線を利用することができます。

さらにUQコミュニケーションズはKDDIのグループ会社ということもあってauスマホがお得になる「auスマートバリューmine」に申し込むことができます。

毎月最大1,100円割引になるため、auユーザーは忘れずに申し込んでおきたいですね。

 

WiMAXはどこで申し込んでも通信サービスは同じ

WiMAXのプロバイダは20社以上あり、料金プランやサービスが違ってきますが、WiMAXそのものの通信サービスはどこでも同じです。

 

Broad WiMAXやGMOとくとくBB、BIGLOBEも含めMVNO(仮想移動体通信業者)と呼ばれ、回線網や通信設備などを借り受け、自社ブランドで通信サービスを提供しています。

簡単に言うと、WiMAX2+回線を管理しているUQコミュニケーションズが、回線を提供して、Broad WiMAXはそれを借りているのです。

そのため、どのプロバイダからWiMAXを契約しても通信速度やエリアなどは変わりません。

 

モバイルWiFiルーターの1日レンタルサービスは?

WiMAXやポケットWiFiは長期利用を目的としたサービスなので、1日や1週間だけ使うプランはありません。

短期間だけ使いたい場合はレンタルサービスがおすすめです。

1日400円ぐらいから使えるので、一時的に使いたい方向けのサービスとなります。

 

ポケモンGOのイベント時に、スマホが速度制限になっているとゲームプレイもまともにできずイライラしてしまうことも。

そのため数日間だけWiFiを使いたい方はレンタルサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

WiFiレンタル屋さんは1日の料金が安い

WiFiレンタル屋さんは、月間容量20GB、50GB、100GBを選べて20GBなら1日390円~で安いレンタルサービスです。

1カ月で20GBだと少なく感じますが、短期間(2日間など)なら十分なデータ容量だと思います。

事務手数料が必要なく、データ容量を超えてしまっても追加料金が発生しないため、短期間だけ使いたい方におすすめです。

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

WiFiレンタル屋さん
月間容量20GB50GB100GB
1日390円490円590円
15日~31日5,850円7,350円8,850円

※表記の料金は税込みです。

 

事務手数料や契約手数料などは0円ですが、送料1,100円(往復)が必要になってきます。

5時までにWEB申し込みをすれば当日発送してくれるため、最短で翌日に手元に届きます。

レンタル終了後は翌朝8時までにポストへ投函するだけで完了するため、非常に簡単に利用できます。

 

WiFiレンタル屋さん

1日の料金:390円(月20GB)

事務手数料:0円

往復送料:1,100円

当日発送:午後5時までWEB申し込み

店舗受け取り:可能

返却:レンタル最終日翌日8時までにポストへ投函

※表記の料金は税込みです。

 

 

SoftBank 601HWは1日390円で20GB使える

SoftBank 601HWは下り最大通信速度612Mbpsで、上り最大37.5MbpsというモバイルWiFiルーターのなかで速いルーターです。

スタンダード20GBは1日390円からレンタルできるため、数日間レンタルしたい方向けのプランになります。

月間容量が20GBですが、1泊2日レンタルでも2日間で使い切っても構いません。

ただ1週間や2週間程度使いたい方は、50GBや100GBのプランを選んだ方がいいですね。

 

グローバルモバイルは高速通信端末が大容量使える

グローバルモバイルは、ポケットWiFiのなかでも高速通信(下り最大988Mbps)ができる「Pocket WiFi 802ZT」を大容量使えて、1日580円という安いレンタルサービスです。

14時までに申し込むと最短翌日には自宅に届き、レンタル終了日の翌日中にポストへ投函すればいいため、慌てて返却する必要がありません。

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

グローバルモバイル
WiFiルーター601HW/501HW802ZT
最大通信速度612Mbps/187.5Mbps988Mbps
月間容量250GB250GB
1日480円580円
13日~31日6,000円7,500円

※表記の料金は税込みです。

 

WiFiルーターはPocket WiFi 802ZTとPocket WiFi 601HW、Pocket WiFi 501HWの3種類あります。

Pocket WiFi 601HWとPocket WiFi 501HWはどちらかを選ぶことはできませんが、Pocket WiFi 802ZTはポケットWiFi最速の最大988Mbpsを誇ります。

月250GBまで使うことができるため、短期間利用でも十分な通信量を使うことができますね。

 

グローバルモバイル

1日の料金:480円/高速通信WiFiは580円(月間250GB)

事務手数料:0円

往復送料:1,100円

当日発送:午後2時までWEB申し込み

店舗受け取り:不可

返却:レンタル最終日翌日中にポストへ投函

※表記の料金は税込みです。

 

 

ポケットWiFi最速「Pocket WiFi 802ZT」は最大988Mbps

ポケットWiFiで最速ルーターが802ZTです。

下り最大通信速度988Mbpsで、もうすぐギガに達する速度です。

高速通信端末を1日580円でレンタルできるため、ちょっとした旅行やイベント参加の利用で高速通信したい方におすすめです。

 

ラッキーWiFiは長期レンタルが安い

ラッキーWiFiは1日1GB、2GB、3GBのプランから選ぶことができます。

1日3GBのプランは1日500円から利用できますが、3GBを超えると速度制限にかかるため、1日で大容量使う方にはおすすめできません。

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

ラッキーWiFi
1日の容量1GBプラン2GBプラン3GBプラン
1日400円450円500円
15日2,480円2,980円3,480円
30日3,480円3,680円3,980円

※表記の料金は税込みです。

 

1日に使える通信量は少ないですが、1カ月間だけ使いたい方には安いサービスです。

1日の料金が安いWiFiレンタル屋さんは、1日390円(月20GB)で、ラッキーWiFiより安いですが、1カ月5,850円で高くなります。

さらに30日間で合計30GB(1GBプラン)使えるため、1カ月の通信量でもラッキーWiFiの方が上ですね。

 

ラッキーWiFi

1日の料金:500円(3GB/日)

事務手数料:0円

送料(片道):最大750円

当日発送:午後3時までWEB申し込み

店舗受け取り:不可

返却方法:任意の配送業者を利用か返送用封筒(450円)を利用

※表記の料金は税込みです。

 

 

1日3GB使えて30日間で3,980円

ラッキーWiFiは利用期間が長くなると安いレンタルサービスです。

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

レンタルサービス1日1カ月
ラッキーWiFi500円3,980円
WiFiレンタル屋さん390円5,850円
グローバルモバイル480円6,000円
NETAGE420円7,480円
WiFi東京440円6,600円
WiFiレンタルどっとこむ440円6,600円

※表記の料金は税込みです。

 

1カ月レンタルする場合はラッキーWiFiが一番安いです。

固定回線が開通するまで数週間から1カ月以上かかる場合があります。

開通するまでの間、固定回線の代わりのネット回線として安いため便利です。

 

3種類のモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi、WiMAX、クラウドSIM対応)

持ち運んで使えるモバイルWiFiルーターがあれば、自宅だけではなく外出先でも使うことができます。

基地局から発する電波を受信してモバイルWiFiルーター経由でスマホやタブレット、パソコン、ゲーム機と繋がります。

スマホのテザリング機能を使えば外でもパソコンやゲーム機でネット通信ができますが、スマホの通信量を使うので、すぐに上限に達して速度制限になってしまうこともあります。

 

外でWiFiを使うとなるとWiFiスポットがあります。

駅やお店でWiFiスポットが用意され誰でも使うことができますが、その場所でしか使うことができないというデメリットがありますね。

モバイルWiFiルーターは携帯しておけばどこでも利用できるので、会社や電車内でも使うことができます。

 

モバイルWiFiにはポケットWiFiやWiMAXが有名で、ポケットWiFiはY!mobile(ワイモバイル)のサービス名で、WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているサービスです。

クラウドSIM対応のモバイルWiFiサービスは近年増えてきており、有名なのは「どんなときもWiFi」です。

ドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線を使うので、通信エリアが広いという特徴があります。

 

ポケットWiFiは月額料金が高い高速通信サービス

ポケットWiFiはY!mobile(ワイモバイル)のサービスになり、Y!mobileはソフトバンクのサブブランドになります。

そのため、ソフトバンクの通信回線を使います。

下り最大通信速度が988Mbpsという速さですが、月額料金が4,000円を超え、ルーター端末代(11,880円)も必要で、料金が高い通信サービスです。

 

ポケットWiFiは通常、月間7GBになりますがアドバンスオプションに申し込むことで月間無制限で使うことができます。

ただし短期的な速度制限が設けられており、直近3日間で10GB以上使うと翌日午後6時から深夜1時まで1Mbpsへ速度制限がかかります。

 

WiMAXは月額料金が安い高速通信サービス

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているサービスです。

UQコミュニケーションズはKDDIのグループ会社になるため、UQコミュニケーションズが整備しているWiMAX2+回線とauのLTE回線を使うことができます。

 

下り最大通信速度が1,237Mbpsという速さで、モバイルWiFiのなかで最速を誇ります。

料金はプロバイダによって変わりますが、安いところだと月額料金が3,500円程度で、ルーター端末代も無料です。

月間容量無制限ですが、ポケットWiFiと同じように、直近3日間で10GB以上使うと翌日午後6時から深夜2時まで1Mbpsへ速度制限がかかります。

 

クラウドSIM対応WiFiは安い料金で通信エリアも広い

クラウドSIM対応のモバイルWiFiサービスはどんなときもWiFiの登場から増えてきています。

クラウドSIMに対応していれば、ドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線を使えて、通信時に適切な回線へ自動で切り替えてくれるため、どこでも繋がりやすい、安定しやすいというメリットがあります。

下り最大通信速度は150Mbpsで遅いですが、WiMAXやポケットWiFiのような3日で10GBのような制限がありません。

※サービス提供会社によって1日に上限が設けられている場合があります。

月額料金は3,300円程度で安く、別途料金が発生しますが海外でもそのまま使うことができます。

 

モバイルWiFiルーターがあればポケモンGOが遊び放題

ポケモンGOやSNSなど通信量を気にしている方は、モバイルWiFiルーターを使うことで通信量を気にせず楽しむことができます。

ポケットWiFiやWiMAXは、定額で月間無制限の通信サービスです。

どれだけ使っても月額料金が高くなるということがないため、スマホのように月間容量を超えたために追加料金を払って解除する必要がありません。

さらにWiMAXなら月額料金が3,500円程度になるので、今までスマホを大容量プランで契約していれば、低容量プランへ変更することでスマホ料金を安くすることができます。

それに使い道はスマホだけではなく、パソコンやゲーム機とも接続できるため、離れた友人とどうぶつの森で遊んだり、モンハンでマルチプレイもできます。

 

ポケモンGOのデータ通信量の目安

ポケモンGOのデータ通信量は1時間で約10MBぐらいです。

1日3時間ポケモンGOで遊んだ場合、1カ月で約1GBになります。

 

1GBだけなら低容量プランでも十分ですが、LINEやTwitter、Instagram、YouTubeその他ゲームアプリを利用すると多くの通信量を使うことになります。

契約プランの上限を超えてしまうと、月末まで速度制限にかかりメールの送受信程度しかできなくなってしまい、速度制限を解除するには、翌月まで待つか追加料金を払って解除するしかありません。

毎スマホを使ってネットを利用する方は、WiFiがあれば速度制限を気にせずに通信することができるため、持ち運びできるモバイルWiFiルーターはおすすめです。

 

モバイルWiFiルーターがあればスマホ料金の節約にもなる

docomoやau、ソフトバンクのスマホ料金プランは、月間使用量が1GBまでの低容量プランから50Gや60G、上限なしの大容量プランまであります。

大容量プランとなると高額になり、上限があるプランで通信量を超過すると月末まで速度制限にかかります。

毎日の通勤・通学時や自宅で映画・アニメ・ドラマなど見ていると、あっという間に上限に達し速度制限になってしまいます。

WiMAXを利用すると、スマホの料金プランは一番安いプランにできます。

 

WiFi接続時のスマホの通信量

3日間のデータ通信量です。

WiMAXを使って外出時や自宅で通信をすれば、月1GBも使いません。

他にもPCやゲーム機とも接続できるため、オンラインゲームにも使えます。

 

モバイルWiFiを使うとどれだけスマホの通信料金を節約できるのか

WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズは、UQ mobileとして格安スマホも提供しています。

くりこしプラン

S:1,628円(~3GB)

M:2,728円(~10GB)

L:3,828円(~20GB )

 

UQ WiMAXはギガ放題(月額4,268円)と、くりこしプランSを併用すると月額5,896円で使い放題になります。

1,628円+4,268円=5,896円

これだけだと安いのか分かりにくいので、次にキャリアスマホ(docomoやau、ソフトバンク)でも見てみましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。

ポケモンGOは1時間で約10MBぐらいですが、スマホでやることってポケモンGOだけじゃないですよね。

TwitterやInstagramのようなSNSやHuluやU-NEXTのような動画配信サービスなど楽しむ要素はたくさんあります。

当然ながら長時間利用していれば月間容量もそれなりに多くなり、上限を超えると速度制限にかかってしまうので、スマホの通信量を気にする方はモバイルWiFiを利用することで、月間容量や月額料金を気にせずに使い放題になります。

 

モバイルWiFiはWiMAXやポケットWiFi、どんなときもWiFiのようなクラウドSIM対応のWiFiサービスもあります。

速度や料金などトータルで考えるとWiMAXがおすすめです。

 

WiMAXおすすめプロバイダ

  • GMOとくとくBB

・実質月額料金:3,826円(ギガ放題プラン)

・ルーター端末:無料

・おすすめルーター:W06

 

 

 

おすすめWiMAX2+プロバイダ【2021年8月版】

GMOとくとくBB

利用料金が安いことが特徴なプロバイダ。

料金が安いだけではなく、20日以内キャンセルという違約金0円で解約もできるので、初めて利用される方にもおすすめです。

Broad WiMAX

違約金負担キャンペーンやいつでも解約サポートなど、他社がやっていないサービスが多いプロバイダ。

店舗受け取りで当日からWiMAXを利用することも可能で、すぐにでもインターネットを使いたい人にもおすすめできます。

 

カシモ WiMAX

カシモWiMAX

注目を浴びつつある若いプロバイダ。

初月が1,518円で安く、端末代も0円で始めやすい料金プランになっています。

 

-WiMAXでオンラインゲーム