BroadWiMAX

Broad WiMAX 解約 違約金0円で他社回線へお乗り換え/詳しくはコチラ

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)と契約すると、契約期間に応じて違約金が設定され、37ヶ月目の更新月が違約金0円で解約することができます。

しかしBroad WiMAXと契約したけどインターネットの繋がりが悪かったり、引っ越ししたら繋がらなくなったりと解約を考える状況がでてきます。

 

そこで出てくるのが“違約金”です。

 

本サイトでは、契約金に応じた違約金額と解約方法だけではなく、WiMAXに不満があり乗り換えを検討している方に、違約金不要で別回線へ乗り換えることができるサービスも紹介しています。

 

本サイトの内容

・違約金はいくらなのか?

・解約方法は電話or Webなのか?

・違約金なしで解約できるサービス

 

さらに

更新月で解約して、再びWiMAX2+の利用を検討している方向けに、比較して厳選したおすすめプロバイダとキャンペーンを紹介します。

Broad WiMAXを解約する前にキャンペーンやサービスを確認しておこう

Broad WiMAXは様々なキャンペーンやサービスを行っており、解約を検討している方にお得に利用できるサービスもあります。

 

・通信速度が遅くて、フリーズが多い

・固定回線に乗り換えたい

・使用中の端末が古くなったので機種変更がしたい

・電池持ちが悪くなった

 

上記のように最新端末へ機種変更したい方や、WiMAX2+の通信速度に満足できないから他社回線に乗り換えたい方が利用できるサービスなので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

ではさっそくサービスを紹介していきます。

 

『いつでも解約サポート』は違約金なしで乗り換えができるサービス

Broad WiMAXと契約したけどWiMAX2+の通信速度に満足できなかった方のために「いつでも解約サポート」というサービスを無料で行っています。

※いつでも解約サポートはオプションの1つですが月額無料です。

 

これはBroad WiMAXが紹介するインターネット回線へ、違約金なしで乗り換えができるものです。

 

WiMAXの繋がりがよくない

WiMAXの通信制限によくかかり満足に利用できない

・引っ越し先でWiMAXが繋がらなくなった

・固定回線に乗り換えたい

 

WiMAXの繋がりやすさや通信制限はどのプロバイダでも同じであるため、Broad WiMAXからGMOとくとくBBに乗り換えたところで変わりません。

そのためWiMAXが満足に使えない場合は、他社回線を検討する必要があります。

 

Broad WiMAX指定の回線への乗り換えが条件

いつでも解約サポートは、乗り換えられるインターネット回線が限定されているというデメリットがありますが、『いつでも解約サポート』にはオペレーターに相談できるサービスも含まれています。

オペレーターが、あなたの使用環境や用途に応じてぴったりのインターネット回線を提案してくれるため、回線に関して詳しくない方でも失敗せずに乗り換えることができます。

Softbank 光やauひかり、ビッグローブ光など、更新月を待たずに違約金なしで他社回線に乗り換えることができます。

 

Wi-Fiサービス

SoftBank Air

Next Mobile

 

固定回線

Softbank

auひかり

So-net光プラス

ビッグローブ光

broad

Broad LTE

コミュファ光

ドコモ光

ピカラ光

 

Broad WiMAXが紹介するプロバイダに乗り換える必要がありますが、大手プロバイダも含め豊富です。

WiMAXが繋がり難ければ、Broad WiMAXのいつでも解約サポートを利用して相談してみましょう。

 

事務手数料や初期費用は免除にならない

免除されるのは違約金だけなので、事務手数料3,300円などは戻ってきません。

違約金は最大20,900円で事務手数料と比べると安く済みますし、このサービスを行っているのはBroad WiMAXだけ。

Broad WiMAXを契約している方全員が受けられるサービスなので、WiMAXから乗り換えを検討している方は利用してみてください。

ただ、乗り換え後に初期契約解除やキャンセルした場合は、免除になった違約金を請求されますので、オペレーターに相談して乗り換え先の回線を選ぶようにしましょう。

 

Web割キャンペーン違約金は免除になる?

後ほども詳しく紹介する初期費用割引キャンペーンのWeb割キャンペーン違約金10,450円は、いつでも解約サポートで免除になります。

公式サイトにあるオンラインチャットで確認済です。

Web割キャンペーン違約金も免除になるため安心してください。

 

免除となる違約金

12ヶ月目以内:28,500円

13ヶ月目~24ヶ月目:23,500円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

 

普通に解約すると高額ですが、いつでも解約サポートを利用して解約すればお得に乗り換えができます。

 

いつでも解約サポートを利用する流れ

step
1
Broad WiMAXへ電話相談をする

 

step
2
Broad WiMAX窓口でインターネットサービスの手続きをする

 

step
3
Broad WiMAXを解約

 

いつでも解約サポートの利用を考えている方は、まずは電話相談をします。

乗り換え先の回線(モバイルルーターサービスor固定回線)が決まれば、Broad WiMAXの担当スタッフが手続きをしてくれます。

 

その後、回線の開通を確認できればBroad WiMAXを解約することになります。

モバイルルーターサービスの場合は、開通の確認がとれれば、そのままBroad WiMAXを解約することになりますが、固定回線の場合は、開通まで時間がかかるため、電話で解約を伝えないといけません。

もし先にBroad WiMAXを解約したい場合は、違約金を支払う必要がありますが、乗り換え先の回線が開通した後に、負担した違約金をキャッシュバックしてくれます。

いつでも解約サポート
受付時間11:00~18:00(月~金)/Web問い合わせは24時間受付中
電話受付窓口0120-187-727
Web問い合わせWeb問い合わせ

 

Broad WiMAXの機種変更キャンペーンで最新WiMAX端末へ

Broad WiMAXでは、長期利用者に対して無料で機種変更ができる「機種変更キャンペーン」を行っています。

機種変更キャンペーンを利用すると、「とくトク割」で月額料金が24ヶ月間300円割引になるため、長期利用者にとってはお得なサービスです。

 

モバイルルーターは外でも使えることがポイントであるため、バッテリーの持ちが悪くなると外で使いづらくなってきます。

長いこと使っていると、バッテリーの持ちが悪くなってきてしまうため新しい端末がほしくなりますよね。

 

最新端末は、バッテリーの持ちだけではなく通信速度も向上していることもあり、機種変更することで、よりネット環境が快適になるメリットがあります。

しかしBroad WiMAXの機種変更キャンペーンは2年契約プランの方限定のサービスです。

3年契約プランの機種変更キャンペーンも少し前まではあったのですが、現在では終了しております。

 

3年契約の方は更新月でBroad WiMAXを解約しよう

Broad WiMAXを更新月以降も使い続けても月額料金が4,000円を超えてくるため、更新月で一度解約してから再契約した方が安くできます。

Broad WiMAXは再契約しても割引キャンペーンが適応されます。

 

もちろんBroad WiMAX以外でも構いません。

キャッシュバック特典があるプロバイダや、1年契約プランのプロバイダもありますし、Broad WiMAXより安いプロバイダもあります。

更新月を迎えている方は、月額料金を見直す意味でも乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

初期契約解除を利用する場合は8日以内に返却する必要があるため、返却物の確認と返送先の確認をして早く返却するようにしましょう。

 

Broad WiMAXを解約|違約金や解約のタイミングを紹介

Broad WiMAXを解約するタイミングよって違約金が必要になることがあります。

・契約期間に応じて違約金がどれくらい必要なのか?

・手続き方法や期限

さらにオプションの解約や初期契約解除の申請方法も紹介していきます。

 

Broad WiMAXは更新月以外なら解約違約金が必要

Broad WiMAXの契約期間は2年契約もありました。

今は3年契約プランのみで、ルーター端末が発送された月の翌月から37ヶ月目が更新月になります。

※契約中の更新月はBroad WiMAXサポートサイトで確認することができますし、スマホやPCのスケジュール帳に解約月を入力しておけば、忘れずに手続きをすることができて安心です。

 

後でも紹介しますが、解約する場合は解約希望月の25日までに電話連絡する必要があります。

解約手続きが月初めでも月末まで使えますが、25日を過ぎてしまうと翌月に解約扱いとなり、違約金が発生してしまいます。

Broad WiMAXの違約金は、契約期間に応じて変わるため、途中解約する場合は違約金を確認するようにしましょう。

 

下記はクレジットカード払いと口座振替の方の違約金になります。

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

12ヶ月以内13ヶ月目~24ヶ月目25ヶ月目以降
クレジットカード払い28,500円23,500円10,450円
口座振替20,900円15,400円10,450円

 

クレジットカード払いは、初期費用割引キャンペーンを利用するとキャンペーン違約金が加算されて違約金が高くなります。

 

初期費用割引キャンペーンにはWeb割キャンペーン違約金がある

初期費用割引キャンペーンは、「初期費用20,743円が0円になりますよ」というもの。

このキャンペーンを受けると24ヶ月以内の解約で、別途10,450円のWeb割キャンペーン違約金が必要になります。

 

キャンペーン申し込みの条件が3つ

Web申し込み

・クレジットカード払い

・指定オプションの加入

 

この3つの条件を満たすと高額な初期費用が安くなるため、クレジットカード払いの場合は申し込み必須のような内容です。

ただし見落としてはいけないのが、Web割キャンペーン違約金です。

口座振替の場合は、条件を満たしていないため初期費用割引キャンペーンの対象外となりWeb割キャンペーン違約金は発生しません。

 

Broad WiMAX(ブロードワイマックス)WiMAX2+回線やオプションの解約方法は電話 or Web

Broad WiMAXを解約する方法が電話になります。

オプションの場合は、電話やWebで解約することができます。

 

●WiMAX2+回線の解約

電話のみ

 

●オプションの解約

電話・Web

 

電話が繋がりにくいときは、オペレーターから電話がかかってくる「電話予約」ができるため、都合のいい時間帯を指定して、電話予約をするようにしましょう。

 

WiMAX2+回線の解約や手続き期限

Broad WiMAXを解約する場合は、解約希望月の25日までに電話手続きをする必要があり、25日を過ぎてしまうと翌月解約扱いになります。

解約月は日割り料金にはなりません。

月初めに手続きをしても月末まで利用することができます。

 

Broad WiMAXのサポートセンターに電話で解約を伝えよう

Broad WiMAXサポートセンターの連絡先は下記になります。

Broad WiMAX解約受付
受付時間11時~18時(月曜~土曜/年末年始除く)
電話受付窓口050-5212-7322

 

オペレーターに電話で解約希望を伝え、手続きを行います。

後は、オペレーターが情報を確認しながら手続きを進めるので簡単なのですが、Broad WiMAXは年中無休ではなく、月曜日~土曜日の夕方18時までになるため電話が繋がらないことが多いです。

参照元:Broad WiMAXお客様サポート

火曜日~土曜日の14時~17時の間が繋がりやすいそうですが、18時までしか電話受付していないため、平日の日中仕事で忙しい方は、土曜日の休日に電話をかけるしかなさそうですね。

 

電話が繋がらなければ、繋がるまで何度もかけ直す必要があるのか?

Broad WiMAXではオペレーターから電話がかかってくる『電話予約』を行っています。

公式サイト

公式サイトの「電話で相談する」から電話予約ができます。

希望時間を選び電話がかかってくるのを待つだけなので、何度も電話かける必要性もありません。

解約するときは電話予約が楽ですね。

 

Broad WiMAXのWiMAX2+回線はWebで解約できない

Broad WiMAX WiMAX2+回線の解約はWebではできません。

GMOとくとくBBSo-netWebでも解約できるのですが、Broad WiMAXWiMAX2+回線は電話のみの受付なので少し手間です。

 

オプションサービスの解約は電話かWebでできる

Broad WiMAXオプションの解約ならWeb(サポートサイト)で解約が可能です。

step
1
ログインページへ移動

 

 

step
2
「ご契約内容の変更」を選択しオプション解約申請フォームボタンを選択

 

step
3
フォームの必須項目を入力・確認し送信

 

step
4
自動返信メールが送られてきたら受付完了

 

以上の流れでオプションの解約ができます。

先ほども紹介しましたが、Broad WiMAXには初期費用割引キャンペーンがあり、20,743円割引の条件としてオプションの加入があります。

必要であれば、そのまま利用していただければいいのですが、不要な場合は月額料金が高くなってしまうため、早いうちに解約しておく必要があります。

 

安心サポートプラスやMy Broadサポートが不要ならすぐに解約しよう

「安心サポートプラス」と「My Broad サポート」の2つが初期費用割引キャンペーンで加入必須のオプションです。

オプション名月額料金
安心サポートプラス月額:605円
My Broad サポート月額:998円(最大2ヶ月無料)

 

オプションの加入は、Broad WiMAXと契約時のみ。

以降はオプションの加入ができません。

この2つのオプションを申し込まないと18,857円割引にならいため、端末到着後に不要なオプションを解約するようにしましょう。

オプションの解約に料金はかかりません。

 

有料オプション「安心サポートプラス」

安心サポートプラス(月額605円)は、端末が故障すると無料で修理してもらえるオプションになります。

取扱説明書の注意書きに従った正常な使い方で、機器が故障した場合に保証対象となるため、故意に壊すと保証対象外になります。

その他、水濡れ保証は6ヶ月以上の利用が条件で、6ヶ月に1回保障を受けることができます。

 

有料オプション「My Broadサポート」

My Broadサポート(月額998円)は、パソコンやスマートフォンの困りごとを、お電話や遠隔操作にて、365日徹底サポートしていただける少し高めのオプションになります。

3つのオプションがセットになって、998円という高額なオプションとなっています。

 

3つのオプション

・PCプレミアムサポート(月額550円)

・Broad メール(月額330円)

・KINGSOFT® Internet Security 2017(月額330円)

 

My Broadサポートで、Broadメールやセキュリティソフトも利用できますが、それぞれ単品でのオプション加入はできません。

セキュリティソフトだけ申し込みたいということができないのが残念なところですね。

 

解約違約金が不要|初期契約解除で8日以内に解約

各プロバイダには初期契約解除という制度があります。

 

初期契約解除とは?

一定の範囲の電気通信サービスの契約について、契約書面の受 領日を初日とする8日間が経過するまでは、電気通信事業者 の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度で、クーリングオフのようなものです。

 

WiMAX2+回線の電波が繋がらず、インターネットが満足に使えなければ違約金なしで解約できる制度です。

ほとんどのプロバイダは8日以内に申請書+端末含む付属品すべてを返却しなければいけません。

 

初期契約解除は8日以内に端末返却が必要

Broad WiMAXでは、端末着荷から8日以内にルーター端末セット一式 および 初期契約解除書面を送付する必要があります。

もし8日以内に、ルーター端末の返却が確認できなければ弁償扱い(約20,000円)になります。

返送に必要なもの
・ご契約端末
SIMカード(SIMカードプレートおよび台紙含む)
・ケーブル
保証書
・個装箱
・変換コネクタ(同梱されている場合のみ)
・初期契約解除申請書(紙面は自由)

 

申請書のみの送付や欠品、破損がある場合は、機器損害金20,000円の請求となるため、8日以内に返却忘れがないようにしましょう。

 

初期契約解除の申請方法

端末着荷から8日以内にルーター端末セット一式 および 初期契約解除書面を送付する必要があります。

電話の申請も可能ですが、端末一式の返送が必要で、電話も繋がりにくい場合もあるため書面での申請をおすすめします。

Broadサポートセンター:050-5212-7322 月~土 11:0018:00

※電話申請より書面申請がおすすめ

 

申請書の紙面は自由ですが、Broad WiMAXが用意しているフォーマットを使うといいと思います。

初期契約解除申請書の内容
・サービス契約書面に記載の契約ID
・契約者名
・契約電話番号
・契約者住所

 

送付先

289-1608 
千葉県山武郡芝山町岩山23134 丸全昭和運輸㈱ D棟3F
株式会社LinkLife BroadWiMAX2+受付窓口

※送付先が変更になる場合もあるため、最新の情報は公式ページをご確認ください。

 

返送は「佐川急便」、「ヤマト運輸」、「ゆうパック」のいずれかより端末など一式をサポートセンターへ送ります。

初期契約解除の返却は8日以内です。

返却物の確認と返送先の確認をして、早く返却するようにしましょう。

 

Broad WiMAXと契約解除の注意点

Broad WiMAXを解約すると、キャンペーンやオプションサービスが使えなくなります。

そのため解約する前に何が使えなくなるのか確認しておく必要があります。

 

auスマートバリューmine が切れてauスマホの料金が上がる

Broad WiMAXで契約中のauスマホユーザーのなかにはauスマホ代が毎月最大1,100円割引になるauスマートバリューmineを申請している方もいらっしゃるでしょう。

Broad WiMAXを解約するとauスマートバリューmineも解除されてしまうため、解約後はスマホの料金割引がなくなります。

WiMAX2+の再契約をお考えの方は、GMOとくとくBBBIGLOBEBroad WiMAXを含めauスマートバリューmineを利用できるプロバイダの検討をおすすめします。

 

メールサービスやセキュリティキサービスが使えなくなる

Broad WiMAXには多くのオプションサービスがあります。

メールサービスやセキュリティサービスといったオプションも解約することになります。

メールに関してはお仕事で使用している方もいらっしゃるでしょう。

オプションサービスのみの継続や申し込みはできないため、解約には注意が必要です。

 

まだWiMAX2+の契約をしていない方におすすめプロバイダ

再契約を考えている方や、これから初めて利用される方に向けておすすめプロバイダを紹介いたします。

当サイトでは一番安い「GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン」をおすすめしています。

 

GMO とくとくBB WiMAX2+は月額割引キャンペーンが魅力

GMOとくとくBBはとにかく月額料金が安いプロバイダです。

今なら期間限定でキャッシュバック6,000円付きで、突然なくなることがありますので、契約を考えている方は今がチャンスです。

このプランは月額料金を安くすることで他社と差別化を図っており、1番安いプロバイダとして人気が高いです。

キャッシュバックを受け取ることができなかった場合を考えると、初めから月額料金が安いプロバイダを選んだ方が安心できますので、GMOとくとくBBのこの料金プランがおすすめです。

 

3年契約プランしかありませんが、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料、月1,105円が無料になります。

また、auスマホユーザーの方は、スマートバリューでスマホ料金が月額最大1,100円割引にもなります。

 

GMOとくとくBBはWiMAX2+の即日発送が可能で、全国送料無料。

平日なら1530、土日祝日なら14時までに申し込みをすれば、当日発送で早く受け取ることができます。

 

GMOとくとくBB

初期費用:3,300円

契約月:2,849円の日割り料金

実質月額料金:3,826円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の料金は税込みです。

 

 

Broad WiMAXは解約違約金負担キャンペーンが魅力

Broad WiMAXは月額料金が2,999円~と安い部類にはなりますが、残念ながらGMOとくとくBBよりかは若干高いです。

他にも初期費用20,743円割引キャンペーンで申し込まないと初期費用が高く、24ヶ月以内の解約でキャンペーン違約金10,450円が加算されてしまいます。

ただし、いつでも解約サポートを利用することで、キャンペーン違約金を含めた解約違約金が0円で他社回線へ乗り換えることができるため、WiMAXが満足に使えなかった場合でもお得に乗り換えることができます。

 

Broad WiMAXは3年契約プランしかありませんが、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料、月1,104円が無料になります。

また、auスマホユーザーの方は、スマートバリューでスマホ料金が月額最大1,100円割引にもなります。

 

Broad WiMAX

初期費用:3,300円(初期費用割引キャンペーン適応時)

契約月:2,999円の日割り料金

実質月額料金:3,943円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※24ヶ月以内の解約でキャンペーン違約金10,450円が加算される

※表記の料金は税込みです。

※いつでも解約サポートを利用すれば、上記違約金が0円になります。

 

 

Broad WiMAXのサービス一覧

店舗受け取りサービスとは?

申し込み当日に、直接店舗に端末を受け取りに行くことで当日から利用できるサービス

 

違約金負担キャンペーンとは?

他社のWiMAXWi-Fiサービス、光回線も含む全てのインターネット回線からBroad WiMAXへ乗り換える場合に発生する違約金を、最大19,000円までBroad WiMAXが負担してくれるキャンペーン

 

いつでも解約サポートとは?

Broad WiMAXWiMAXを契約した方が、満足に使えなかったり、固定回線に乗り換えたい場合に、解約違約金なしで他社のプロバイダへ乗り換えることができるサービス

 

違約金負担キャンペーンやいつでも解約サポートなど他のプロバイダではやっていません。

店舗受け取りサービスもWEB申し込みのプロバイダでは業界初です。

 

更新月で解約ができなかったときや、最新端末へ機種変更したい場合に違約金負担キャンペーンを使ってBroad WiMAXへの乗り換えもできます。

別プロバイダを更新月以外で解約して乗り換えたい場合は、Broad WiMAXがおすすめですね。

 

カシモ WiMAXは大手に並ぶ月額料金が魅力

カシモはまだ新しいプロバイダで、月額料金が業界最安級の1,518円~利用できます。

GMOとくとくBBは2,849円~なので、ここだけを比較するとカシモ WiMAXの方が安く感じますが、1,518円と安いのは最初だけで、2ヶ月目から値段が跳ね上がります。

2ヶ月目から月額料金が高くなるため、結果的にはGMOとくとくBBやBroad WiMAXよりも高くなります。

それでも広告費用を抑えることで、月額料金を安く設定して大手プロバイダに引けを取らないぐらい安くしています。

 

カシモ WiMAX3年契約プランしかありませんが、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料、月1,105円が無料です。

残念ながらauスマホユーザー向けのスマートバリュー月額最大1,100円割引は対象外です。

比較的新しいプロバイダではあるのですが、下り速度最大1.2Gbpsの最新端末「W06」が無料です。

 

カシモ WiMAX

初期費用:3,300円

契約月:1,518円(日割りなし)

実質月額料金:3,971円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の料金は税込みです。

 

 

DTI WiMAX 2+は最大2カ月間月額料金が無料

DTI WiMAX2+は高額キャッシュバックキャンペーンがない代わりに月額割引を行っており、契約月と翌月の月額料金が無料です。

最新端末も無料で、比較的安く利用できるプロバイダです。

 

ただ、2カ月間無料なのはギガ放題プランのみで、モバイルプラン(7GB/月)は、初月から月額料金が3,850円になります。

他にも事務手数料が5,500円で割高です。

そのため、あまりWiMAXを使用する予定がない方には、おすすめできないプロバイダになります。

 

DTI WiMAX2+

初期費用:3,300円

契約月:0円

実質月額料金:3,989円

端末代:無料

契約期間:3年

解約違約金

12ヶ月目以内:20,900円

13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円

25ヶ月目~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※表記の料金は税込みです。

 

 

UQ WiMAX2年契約できるところが魅力

本家のUQ WiMAX2年契約や3年契約、4年契約など様々な契約プランを用意していましたが、201910月より2年契約(ギガ放題)プラン4,268/月へ統一しました。

3年契約が長いという方にはおすすめの内容ですが、このプランはルーター端末が有料(16,500円)なので初期費用が高くなります。

さらに2年契約では、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料1,105/月が有料になります。

 

UQ WiMAX

初期費用:3,300円

契約月:4,268円の日割り料金

実質月額料金:4,956円

端末代:16,500円

契約期間:2年

解約違約金:1,100円(更新月とその翌月、翌々月以外)

※表記の料金は税込みです。

 

 

BIGLOBE WiMAX2+は1年契約プランが魅力

BIGLOBEは業界初の1年契約プランを行っているプロバイダで、口座振替にも対応しています。

1年契約プランにはキャッシュバック17,000円もついており、受け取りが契約月の翌月でかなり早く受け取ることができるようになりました。

 

また、auスマホユーザーの方は、スマートバリューでスマホ料金が月額最大1,100円割引にもなります。

ただし、BIGLOBEには1年契約プランしかなく、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」のオプション料1,105/月が有料になります。

 

12ヶ月以内の解約違約金が1,100という安さですが、端末代が必要になってくる場合があるため、解約時には注意が必要です。

 

BIGLOBE WiMAX2+

キャッシュバック:17,000円

初期費用:3,300円

契約月:0円

実質月額料金:4,721円(端末代込み)

端末代:21,120円(880円×24回払い)

契約期間:1年

解約違約金:1,100円(12ヶ月以内)+端末残債分

※表記の料金は税込みです。

 

 

【WiMAX2+を再契約|注意点やおすすめプロバイダ

再契約は、端末が新しくなったり月額料金が安くなったりメリットがあるのですが、せっかく更新月で解約できて、順序よく進めていても乗り換え先で損をする可能性があります。

そこでBroad WiMAXを解約してから再契約を考えている方に向けて、ポイントや注意点を紹介します。

 

WiMAX2+回線のエリアや繋がりやすさは同じ

Broad WiMAXやGMOとくとくBB、BIGLOBEも含めMVNO(仮想移動体通信業者)と呼ばれ、回線網や通信設備などを借り受け、自社ブランドで通信サービスを提供しています。

簡単に言うと、WiMAX回線を管理しているUQコミュニケーションズが、回線を提供して、Broad WiMAXはそれを借りているのです。

そのため、どのプロバイダからWiMAXを契約しても通信速度やエリアなどは変わりません。

 

キャンペーンには適応条件がある

プロバイダのキャンペーンには適応条件がある場合があります。

例えばGMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンです。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンはプロバイダの中でも高額で、受け取ることができれば、月額割引キャンペーンよりもお得になります。

キャッシュバックキャンペーンの適応条件は、GMOとくとくBBと新規契約する方で期間以内にキャンペーンページより申し込みとなります。

 

そのため、過去にキャッシュバックキャンペーンを申し込んでキャッシュバックを受け取った人は、このプランで申し込んでもキャッシュバックを貰うことができません。

Broad WiMAXは再契約可能ですが、他のプロバイダと契約する場合は、適応条件を確認するようにしましょう。

 

再契約ならGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンがおすすめ

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンは、キャッシュバックがないかわり月額料金を低く抑えたキャンペーンになります。

この「月額割引キャンペーン」は再契約可能な料金プランです。

 

先ほど解説した通り、プロバイダでWiMAXの通信速度やエリアは変わらないため、料金やキャッシュバックなどのキャンペーン、サービスというのはプロバイダを選ぶ重要なポイントです。

GMOとくとくBBのキャンペーンは料金が安いため人気が高いです。

 

まとめ

Broad WiMAXはキャンペーン違約金によって、解約時に高額な費用請求がくる可能性があります。

最低でも24ヶ月以上利用することで、キャンペーン違約金がなくなるため、解約をするのなら25ヶ月目以降がベスト。

もしWiMAXが使えなければ、初期契約解除やいつでも解約サポートを利用することで、少しでも出費を抑えることができます。

 

これから契約を考えている方で、WiMAXを長期利用するか不明な方はBIGLOBEUQ WiMAXがおすすめです。

BIGLOBE1年契約プラン

UQ WiMAX2年契約プラン

 

WiMAXを長期利用することが決まっていれば、月額料金が安くキャンペーン違約金もない「GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン」がおすすめです。

 

 

 

おすすめWiMAX2+プロバイダ【2021年8月版】

GMOとくとくBB

利用料金が安いことが特徴なプロバイダ。

料金が安いだけではなく、20日以内キャンセルという違約金0円で解約もできるので、初めて利用される方にもおすすめです。

Broad WiMAX

違約金負担キャンペーンやいつでも解約サポートなど、他社がやっていないサービスが多いプロバイダ。

店舗受け取りで当日からWiMAXを利用することも可能で、すぐにでもインターネットを使いたい人にもおすすめできます。

 

カシモ WiMAX

カシモWiMAX

注目を浴びつつある若いプロバイダ。

初月が1,518円で安く、端末代も0円で始めやすい料金プランになっています。

 

-BroadWiMAX