【Q&A】WiMAXを契約する前に

WiMAX 2台目 契約できる最安プロバイダがこちら!2021年10月最新比較サイト

■WiMAXの2台目も同じ料金がかかるのか

■2台目以降料金が安くなるプランはないの?

■2台同時で契約できるプロバイダはないの?

 

2台目もWiMAXで契約するときに、同じプロバイダに申し込んでもいいのか、何かお得になる申し込み方法がないのか気になると思いますが、調べてもなかなか情報が見つからないかと思います。

このページでは

・2台目を安い料金で申し込めるプロバイダ

・WiMAXを2台(同時)契約で安くなるプロバイダ

・短期間だけ2台目を利用できるサービス

 

この記事を読むことで、WiMAXを自宅用と外出用として2台使いたい方や、2台のWiMAX端末を家族で使い分けしたい(子供用、親用など)場合など、安い料金で2台目を契約することができます。

 

基本的にWiMAXは一人でも2台契約することができますが、プロバイダによってキャンペーン対象外になる可能性もあります。

なかには2台同時契約ならキャシュバックが付く、お得なプロバイダもあります。

WiMAXはどこで契約しても通信速度などは同じなので、お得に契約したい方は参考にしていただければと思います。

WiMAXの2台目を契約するならキャンペーンを利用した方がお得

WiMAXの申し込みができるプロバイダは、月額割引やキャシュバックなどのキャンペーンを実施していますが、1台目をすでに契約している場合は、同じプロバイダだとキャンペーンを受けられない場合があります。

プロバイダが実施しているキャンペーンには期限もあるため、そもそも同じプロバイダが現在もお得とは限りません。

そのため、2台目を契約する場合でもプロバイダの比較が必要になってきます。

当サイトでは、2021年10月現在の安いプロバイダを紹介しています。

 

 

名義人を変えて申し込む

過去にキャンペーンを受け取ったことがある方や、現在キャンペーンが適応されている方は同じプロバイダでキャンペーンを受けられないケースがあります。

これは同じ名義人に限りなので、名義人が変われば新規契約者扱いとなり、キャンペーンを受けることができます。

例えば

1台目はあなたの名義で契約

2台目は家族の誰かの名義で契約

 

キャンペーンを受けられない場合は名義人を変えて契約すれば、お得なキャンペーンを受けられますが、あなたの代わりに申し込みができる方がいない場合はプロバイダを変える必要があります。

 

注意点が1つだけ

契約にはクレジットカードが必要で、WiMAXを申し込む人と同じ名義である必要があります。

そのため、別の方に申し込んでもらう場合は、その方のクレジットカードが必要です。

 

別のWiMAXプロバイダと契約する

WiMAXが利用するWiMAX2+回線は、どのプロバイダで契約しても同じ通信エリア・通信速度です。

プロバイダを変えたからといって使えないというのはなく、別のプロバイダなら特典を受けることができます。

プロバイダは20社以上あり、各社月額料金が違ってきます。

たくさんあるプロバイダなかで安いところはGMOとくとくBBやBroad WiMAX、DTI WiMAX2+、カシモ WiMAXがありますが、1番安いプロバイダのGMOとくとくBBと他3社を比較しても月額料金に大きな差はありません。

上記プロバイダは本家UQ WiMAXより安い料金で最新端末が無料です。

WiMAXを2台考えている方は、1台目にGMOとくとくBBで、2台目にBroad WiMAXにするという方法もありですね。

 

 

1台目申し込み時に2台同時で契約する

まだWiMAXを利用しておらず、これから契約するときに2台で申し込みたい方は、2台同時に契約できるプロバイダがおすすめです。

Broad WiMAXは2020年4月より、2台同時申し込みならキャッシュバック特典を受けられるサービスを始めました。

法人であれば複数台同時規約できるプロバイダも多いのですが、個人で複数台申し込みができるプロバイダは限られます。

2台契約する予定があるのなら、1台ずつ別々で契約するより同時契約した方がお得になります。

 

Broad WiMAXは2台同時契約でキャッシュバックがあるプロバイダ

Broad WiMAXは2020年4月6日から「2台同時申し込みでキャシュバックキャンペーン」を実施しています。

最大3台まで同時契約が可能です。

Broad WiMAXは1台契約でも月額割引で安い料金なのですが、2台契約になるとキャッシュバックが付いてくるためさらにお得です。

キャッシュバックの内容は2台でも3台でも同じです。

 

このキャンペーンは別のキャンペーン(初期費用20,743円割引や端末無料)と併用もできます。

月額割引も適応されるので、安い料金で2台のWiMAXを利用できますが、申し込みにいくつか条件や注意点があります。

条件や注意点として以下があります。

・クレジットカード払い

・オプション(安心サポートプラス、MyBroadサポート)の加入(台数分)

・ルーターは同じもの(種類だけでなく色も)

・キャッシュバックの振り込みは申し込みの6ヶ月後

 

月額割引や端末代無料キャンペーンもセットで契約できる

Broad WiMAXは20社以上あるプロバイダのなかで2番目に安いプロバイダです。

1番安いプロバイダGMOとくとくBBともほとんど差がありません。

 

下記はBroad WiMAXの料金プランです。(1台分)

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

Broad WiMAXの料金プラン
プラン初月月額料金実質月額料金
ギガ放題2,999円
日割り
1ヶ月目~2ヶ月目:2,999円
3ヶ月目~24ヶ月目:3,752円
25ヶ月目以降:4,412円
3,943円
ライト(月7GB)1ヶ月目~24ヶ月目:2,999円
25ヶ月目以降:3,659円
3,230円

※表記の料金は税込みです。

 

2台同時契約ならこれにキャッシュバックが付いており、端末無料キャンペーンも併用できます。

月額料金は安いですが、2台同時契約の条件としてオプション(安心サポートプラス、MyBroadサポート)の加入があります。

 

オプション

・安心サポートプラス(月額605円)×台数分

・MyBroadサポート(月額998円)×台数分

このオプションは台数分の料金がかかるため、オプションをそのまま契約していると月額料金が高くなるため注意が必要です。

 

オプションはルーター端末が届いた後に解約すればいい

オプションは1台であっても加入必須で、その理由は「初期費用20,743円割引」の条件の1つだからです。

他にもクレジットカード払いという条件もあります。

オプションの加入は1台でも2台でも加入必須なのですが、オプションはルーター端末が手元に届いた後に解約すればOK。

 

解約を忘れてしまうと・・・

・安心サポートプラス(月額605円)×台数分

・MyBroadサポート(月額988円)×台数分

 

オプションは契約台数分かかるため、2台同時なら2倍、3台同時なら3倍の料金がかかります。

この2つの月額料金が、WiMAXの利用料金に加算されてしまうため、不要なオプションは忘れないうちに解約してしまいましょう。

 

ルーターは同じもの(種類だけでなく色も)

2台同時契約ではルーターを1種類しか選べません。

モバイルルーターとホームルーターを1種類ずつ使いたい場合は、2台同時ではなく1台1台別で契約する必要があります。

 

Broad WiMAXは、1台目を先に契約してから後日2台目を契約しても、月額割引や端末無料になります。

この場合、キャッシュバックキャンペーンを受けることができませんが、ルーターを好きに選ぶことができます。

2台とも同じモバイルルーターでいい、あるいはホームルーターでいい方は、キャッシュバックがあるので料金面では同時契約がお得です。

 

2台目を契約してWiMAX端末を2台持つメリット

WiMAXは工事不要で利用できる便利な無線通信サービスです。

自宅・外出先でも使えるため、1台持っていればどこででもインターネットを使うことができます。

ルーター端末を1台持っているだけでも便利ですが2台持っていると、家族と暮らしている方や一人暮らしの方にメリットがあります。

2台持つメリット

・自宅用と外出用で端末を使い分ける(家族や同居人がいる場合)

・WiMAX2+回線の通信制限(3日で10GB)を避ける

 

自宅用と外出用で端末を使い分ける(家族や同居人がいる場合)

WiMAXは一人1台持っていれば、通勤・通学でもネット通信ができますが、ご家族で使う場合は使えない人が出てきたり、家族が一度にネット通信を行うと回線が混み、通信速度が遅くなります

WiMAX端末を2台持っていれば、1台は仕事先へ、もう1台は自宅用として使い分けることができます。

家族全員が自宅で使う場合も、2台の端末を使い分けることで高速通信が可能となります。

例えばオンラインゲームをする場合、ゲーム機以外にもネット接続していれば、ラグや回線落ちが起きやすくなるため、WiFi接続を切ってもらったりオンラインゲームを諦める必要がありますが、2台あれば気兼ねなくネット回線を使えますね。

 

WiMAX2+回線の通信制限(3日で10GB)を避ける

WiMAXの使い放題プランでもある“ギガ放題”には速度制限があります。

直近3日間で10GBを超えると、翌日18時~深夜2時までの間、通信速度が最大1Mbpsに規制されるというもの。

 

速度制限のイメージ

速度制限になっていても1Mbpsあればオンラインゲームや動画(標準画質以下)を観ることができます。

ルーター端末が2台あれば、1台が速度制限になっても2台目を使う事で、制限中の時間帯も高速通信が可能です。

通信量の確認ができるため、10GB近くになれば2台目を使い始めてもいいですね。

家族で使っている場合は、このような使い方は難しいかもしれませんが、一人暮らしの場合は速度制限を回避して使うことができます。

 

短期間だけ2台使いたい方はレンタルサービスがおすすめ

普段は自宅でWiMAXのホームルーターを使っていて、出張や旅行など短期間だけ持ち運びタイプのモバイルルーターを使いたい場合や、端末が故障して修理に出している間だけ別の端末を使いたい場合はレンタルサービスがおすすめです。

これまでに紹介してきたGMOとくとくBBやBroad WiMAXも3年契約なので、途中解約をすると違約金が発生します。

レンタルサービスには契約期間の縛りがなく、いつでも解約ができるサービスもあります。

旅行にいく数日間だけ使いたい場合も、空港で受け取って帰りも空港で返却できるレンタルサービスまであります。

もう1台WiFiルーターを使いたいけど、数日間だけあるいは数ヶ月間だけ2台使いたい方は、レンタルサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

WiFiレンタルどっとこむはWiMAXの最新端末を選べる

WiFiレンタルどっとこむは、最新端末を業界でも安い価格で1泊2日からレンタルができるレンタルサービスです。

WiMAX最新端末をレンタルできる数少ないレンタルサービスでもあります。

空港受け取りも可能で、利用後はそのまま返却もできます。

 

レンタルできるおすすめWiFiルーター

T6(SoftBank回線)

下り最大通信速度:150Mbps

通信容量:1日5GB/月150GB

1日:495円

1ヶ月:7,425円

往復送料:1,100円

※表記の料金は税込みです。

 

おすすめWiMAX端末

W06(WiMAX2+回線)

下り最大通信速度:558Mbps

通信容量:3日10GB

1日:605円

1ヶ月:8,470円

往復送料:1,100円

※表記の料金は税込みです。

 

NECの最新端末のWX06も同じ料金で取り扱っています。

 

 

WiFiレンタル屋さんは1日あたりのレンタル料金は安い

WiFiレンタル屋さんは1日のレンタル料金が安いレンタルサービスです。

17時までの申し込みで当日発送してくれるため、早ければ翌日から利用できます。

WiMAX端末の取り扱いもありますが古い端末しかなく、その代わりレンタル料金は安いです。

返却はポストに投函するだけなので、非常に簡単に利用できます。

 

レンタルできるおすすめWiFiルーター

809SH(SoftBank回線)

下り最大通信速度:774Mbps

通信容量:月100GB

1日:590円

1ヶ月:8,850円

往復送料:1,100円

※表記の料金は税込みです。

 

おすすめWiMAX端末

WX05(WiMAX2+回線)

下り最大通信速度:440Mbps

通信容量:3日10GB

1日:490円

1ヶ月:7,350円

往復送料:1,100円

※表記の料金は税込みです。

 

WiFiレンタル屋さんはレンタル料金が安く、月20GBまでのプランなら1日390円からレンタルできます。

他にもWiFiレンタル屋さんはタブレットPCのレンタルも開始しており、10インチのタブレットPCとモバイルWiFi(601HW:月50GB)がセットになったレンタルプラン(1日740円)もあります。

 

 

縛りなしWiFiは1ヶ月から数ヶ月の利用なら安い

縛りなしWiFiは1ヶ月単位で利用できるレンタルサービスです。

契約期間に縛りがないプランや、縛りあり(3年)で安い料金プランがあり、長期間利用する場合は縛りありプランによって安く利用できます。

WiMAXを取り扱っているレンタルサービスで、最速機種のW06をレンタルすることができます。

 

レンタルできるおすすめWiFiルーター

W06(WiMAX2+回線)

下り最大通信速度:558Mbps

通信容量:3日10GB

1ヶ月:4,730円

事務手数料:3,300円

※表記の料金は税込みです。

 

縛りなしWiFiで利用できるWiMAX端末は4種類

・Speed Wi-Fi NEXT W06

・Speed Wi-Fi NEXT WX05

・Speed Wi-Fi NEXT W05

・Speed Wi-Fi NEXT W04

 

au 4G LTE回線を併用すればW06はモバイルWiFiのなかで最速(最大1.2Gbps)のルーターで人気の高い端末ですが、他のWX05やW05は古い端末になります。

上の4種の中ならW06がおすすめなのですが、ルーターを選ぶことができません。

古い端末が届いても同じ料金なのがデメリットとしてありますね。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

WiMAXは一人でも2台目を契約することができます。

ただすでに契約中ならキャンペーン対象外になることあり、2台目を契約するときには別のプロバイダが安い場合もあります。

まだ1台もWiMAXに申し込んでいないのなら2台同時契約ができるBroad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXは月額料金が安いプロバイダで、2台同時契約ならさらにキャッシュバックが貰えます。

WiMAXはどこで契約しても通信エリアや通信速度が同じなので、どうせなら安いプロバイダに申し込みたいですね。

 

 

 

 

おすすめWiMAX+5Gプロバイダ【2021年10月版】

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは月額割引によって1番安いプロバイダです。

最初の2年間は通常料金(5,302円)より1,144円割引(4,158円)、以降は594円割引(4,708円)によって長期利用でも安いままです。

また21,780円もする端末代金も無料なので、安い初期費用でWiMAX+5Gを導入することができます。

2年間月額1,144円割引で最安

3年目以降も月額594円割引で最安

21,780円の端末代が無料

カシモ WiMAX

カシモWiMAX

カシモ WiMAXは基本定額で、月額料金が高くならないプロバイダです。

カシモ WiMAXは利用期間が長くなっても同じ月額料金で4,455円のまま。

さらに端末代も無料なので、安い料金でWiMAX+5Gを導入することができます。

オプションの強制加入がない

25,000円の端末代が無料

月額料金がずっと定額4,455円(1ヶ月目以降)

Vision WiMAX

Vision WiMAX

Vision WiMAXは契約月の利用料金、端末代金、事務手数料が0円で初期費用が安いプロバイダです。

端末無料や契約月の利用料金0円は他社でもありますが、事務手数料も0円なのはあまり見かけません。

さらにキャッシュバック5,000円もあるため、WiMAX+5Gを1番安い初期費用で導入できます。

契約月の利用料金0円

20,000円超えの端末代が0円

契約事務手数料3,300円が0円

-【Q&A】WiMAXを契約する前に