WiMAXルーター

WiMAX WiFiプリンター接続方法がわかる|パソコンやスマホから印刷できます

■WiMAXを使ってプリンターで印刷できるの?

■プリンターとWiMAXがWiFi接続できない理由を知りたい

■WiFi接続できたはずなのにパソコンから印刷できない

 

WiMAXルーターの無線LAN(WiFi)を使って「場所を選ばず印刷できるようにしたい」「複数のパソコンから印刷できるようにしたい」

WiMAXを使うなら、プリンターも無線LAN(WiFi)で繋げたいと思うのではないでしょうか。

 

このページでは

・プリンターとWiMAXルーターの接続方法

・無線LAN(WiFi)がないプリンターとWiMAXの接続方法

・パソコンからWiMAXを経由して印刷するための設定

 

WiMAXはどのルーターでも複数台同時接続できるので、パソコンやプリンターだけではなく、スマホやタブレットも繋ぐことができます。

接続設定できればどの端末からもプリンターで印刷できるため、WiMAXルーター1台で自宅にネットワークを構築することができます。

WiMAXルーターならパソコンやスマホ、プリンターと無線LAN(WiFi)接続できる

最近のプリンターは無線LAN(WiFi)に対応しているので、プリンターもWiMAXルーターと接続することができます。

またWiMAXルーターは複数の端末を同時接続できるので、パソコンやスマホ、iPhone、iPadそしてプリンターを接続することで各端末から印刷することができます。

ここで注意してほしいのは、同じネットワークである必要があります。

WiMAXルーターには1つのSSID(識別名)が与えられており、接続する全ての端末が同じSSIDで繋がっている必要があります。

WiFiルーターを複数台持っている場合は、自宅のネットワーク用と分けて使うようにしましょう。

 

WiMAXは複数台同時接続できる

現在WiMAXは、「WiMAX2+サービス」と「WiMAX+5Gサービス」がありますが、どちらのルーターでも10台以上接続することができます。

 

WiMAX2+専用ルーター

Speed Wi-Fi NEXT W06:16台

Speed Wi-Fi NEXT WX06:16台

Speed Wi-Fi HOME L02:40台

WiMAX HOME 02:20台

 

WiMAX+5G専用ルーター

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01:10台

Speed Wi-Fi HOME 5G L11 ZTR01:30台

 

モバイルルーターで10台以上、ホームルーターは20台以上接続できます。

自宅用ならホームルーターがおすすめ。

ホームルーターでもモバイルルーターでも、プリンターを含めパソコンやスマホなど多くの端末と接続することができますね。

 

メモ

モバイルルーターは外でも使える「持ち運びタイプ」のルーターで、ホームルーターはコンセントに差して使う「据え置タイプ」のルーターです。

 

Huawei製のルーターは在庫限りの販売になっており、ほとんどのプロバイダで販売終了しています。

またNEC製のホームルーターも売り切れになっている場合もあります。

そのためWiMAX2+ならまだ多くのプロバイダで取り扱っているWX06をおすすめします。

また2021年4月8日より、「WiMAX+5G」の申し込みがスタートしており、こちらは下り最大2.7Gbpsとなっています。

詳しくは『WiMAX 5G 対応開始!』をご覧ください。

 

SIMカードがなくても無線LAN(WiFi)接続で印刷できる

実はWiMAXルーターの無線LAN(WiFi)機能を使うだけなら、SIMカードがなくても無線で印刷することができます。

インターネットに接続するならSIMカードは必要ですが、ただプリンターで印刷するだけならネットを使わないのでSIMカードは必要ありません。

 

ちなみに

「WiFi=インターネット」ではありません。

多くの方がWiFiのことを無線のインターネットと誤解されているのですが、それは間違いでWiFiは無線LAN技術の1つです。

LANケーブルやUSBケーブルは有線接続に該当します。

そして無線接続の1つにWiFiが該当し、他にもBluetooth(ブルートゥース)があります。

WiFiは接続方法(ルーターとパソコン、ルーターとスマホなど)のことで、WiFiで接続したからといってインターネットが使えるわけではありません。

 

プリンターを無線LAN(WiFi)で印刷するメリット

プリンターはパソコンとUSBケーブルで繋いで印刷することもできますが、無線LAN(WiFi)を使うことでいくつかのメリットがあります。

・プリンターを自由に設置できる

・離れた場所から印刷できる

・2台以上PCを使うときなどケーブルの繋ぎかえがいらない

・ケーブルがなくてもスマホやタブレットから印刷できる

 

プリンターを自由に設置できる

プリンターとUSBケーブルで繋げると、どうしてもケーブルの届く範囲に接続機器がないとダメなので、プリンターの設置場所が限定されてしまいます。

WiFiの電波が届く範囲にプリンターを置く必要はありますが、WiFi接続できればUSBケーブルがいらなくなります。

プリンターの電源ケーブルは無線にならないため、コンセントがあれば設置場所を自由に選ぶことができます。

 

離れた場所から印刷できる

プリンターやパソコン、スマホなどWiMAXルーターと無線LAN(WiFi)で繋がれば、離れた場所でも印刷することができます。

プリンターが別の階にあってもWiFiの電波が届けば印刷可能です。

WiFiでプリンターと接続

 

WiMAXには、接続機器同士のアクセスを禁止するための「プライバシーセパレーター」という機能があります。

「プライバシーセパレーター」機能がオンになっていると、プリンターにデータを送ることができないため、必ずオフにしておく必要があります。

 

2台以上PCを使うときなどケーブルの切替えがいらない

プリンターはUSBケーブルで印刷もできますが、複数台のパソコンを有線接続する場合、USB切替器が必要になります。

ただプリンターから離れた場所だと長いケーブルが必要ですし、ケーブルがたくさんあれば邪魔になります。

無線LAN(WiFi)接続ならUSBケーブルもUSB切替器も必要ありません。

WiFiで複数端末で印刷

 

ケーブルがなくてもスマホやタブレットから印刷できる

WiFiに対応していればパソコンだけではなくスマホやタブレットも接続できるため、どの端末からでも印刷することができます。

SDカードに入っているデータも、USBケーブルやLANケーブルで繋いでデータを送る必要もありません。

 

WiMAXルーターとプリンターを無線LAN(WiFi)する方法

WiMAXルーターとプリンターを無線LAN(WiFi)接続する方法が2つ

・SSIDを選びパスワードを入力する

・WPS機能を使って接続する

 

SSIDからパスワードを入力してWiFi接続をする

WiMAXルーターには必ずSSID(識別名)とパスワードがあります。

パスワードは暗号化キーやアクセスキーとも呼ばれ、SSIDとともにルーターのホーム画面や底に貼っているラベルで確認することができます。

 

ルーターのホーム画面で確認

W06のSSIDやパスワード

 

接続設定は非常に簡単でプリンター側の無線LAN接続設定画面から、WiMAXルーターのSSIDを選びパスワードを入力して接続できます。

 

WPS機能を使ってプリンターとWiFi接続をする

WPS(Wi-Fi Protected Setup)は、無線LAN関連の業界団体「Wi-Fiアライアンス」が2007年1月に策定した自動設定のための規格です。

この設定方式によって、わざわざパスワードを入力せずともWPS設定ボタンを押すだけでWiFi 接続が完了します。

W06のWPSボタン

 

プリンター側にもWPS機能があれば、プリンターとWiMAXルーター両方でWPSボタンを押すことで接続できます。

 

無線LAN(WiFi)がないプリンターはどうするの?

最近のプリンターは無線LAN(WiFi)が搭載されていますが、古いプリンターだと無線LAN(WiFi)が使えない場合もあります。

この場合の対策として2つあります。

・WiMAXルーターとプリンターをLANケーブルで繋ぐ

・プリントサーバを使う

それでは詳しく解説します。

 

WiMAXルーターとプリンターをLANケーブルで接続する

WiMAXルーターとプリンターをLANケーブルで繋ぎ、パソコンやスマホはWiFiで繋ぐことで、同じように印刷することができます。

無線LAN(WiFi)はあくまで接続方法なので、それを有線接続にすればOK。

ただしLANケーブルが届く範囲にWiMAXルーターを設置する必要があります。

ホームルーターにはLANポートが1つか2つ付いているため、LANケーブルがあれば接続できます。

モバイルルーターの場合、専用のクレードルがあればLANケーブルで接続できます。

 

プリントサーバを使って接続する

プリンターにUSBケーブルを使ってパソコンと繋げることができるのは1台だけですが、プリントサーバを使うことで複数のパソコンと接続することができます。

参照元:バッファロー公式ページ

 

プリントサーバとプリンターをUSBケーブルで繋ぎ、その先はWiFiでパソコンやスマホと繋ぎます。

ただプリントサーバは多くのメーカーで生産終了しており、Windows10に対応していないものも多いです。

無線LAN(WiFi)が搭載されたプリンターが増えたためですね。

古いプリンターを使っている場合、新しいプリンターに買い替えることも検討した方がいいでしょう。

 

WiMAXルーターとプリンターが接続できない

WiMAXルーターとプリンターがうまく接続できない場合、以下が原因で接続できないことがあります。

・WiFiの規格を確認する

・「Wi-Fi暗号化強化(PMF)」をオフにする

 

WiFiの規格を確認する

WiFiは電波を飛ばして通信しますが、この電波には規格があります。

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

WiFiの規格
規格名周波数帯最大通信速度
802.11b2.4GHz帯11Mbps
802.11a5GHz帯(5.2~5.3GHz)54Mbps
802.11g2.4GHz帯54Mbps
802.11n2.4GHz/5GHz帯300Mbps/600Mbps
802.11ac5GHz帯(5.2~5.3GHz)6.93Gbps

 

周波数(2.4GHzや5GHz)は、無線LAN(WiFi)接続に用いられる電波です。

WiMAXルーターは2.4GHzと5GHzの周波数を自由に切り替えることができますが、接続機器側はこの規格に対応していなければなりません。

2.4GHzは一般的によく使われる周波数ですが、5GHzは対応していない場合もあるため、WiMAXルーターのSSIDが見つからないときは周波数を確認してみましょう。

 

「Wi-Fi暗号化強化(PMF)」をオフにする

接続機器によって、「Wi-Fi暗号化強化(PMF)」がオンになっていることが原因で接続できない場合があります。

UQコミュニケーションズは、「Wi-Fi暗号化強化(PMF)」をオフにすることを推奨しているため、うまく接続できない場合にオフへ設定してみましょう。

「Wi-Fi暗号化強化(PMF)」をオフにするなら、モバイルルーターはホーム画面のWiFi設定で変更できます。

ホームルーターは「Speed Wi-Fi NEXT設定ツール」や「クイック設定Web」でオフにできます。

 

〇Huawei製ルーター専用

「Speed Wi-Fi NEXT設定ツール」※アドレス入力欄に「http://speedwifi-next.home/」

ログイン名:admin

パスワード:IMEIの下5桁(ルーターに貼られているラベルを確認)

 

〇NEC製ルーター専用

クイック設定Web ※アドレス入力欄に「http://192.168.179.1」

ユーザー名:admin

パスワード:Web PW(ルーターに貼られているラベルを確認)

 

WiMAXルーターと接続しても印刷できない⇒プライバシーセパレーターを確認

「プライバシーセパレーター」を有効にすると、同一のネットワークにWiFi接続された端末とのアクセスが禁止になるため、プリンターで印刷することができません。

WiMAX プライバシーセパレーターの有効

 

プライバシーセパレーターをオフにすることで、各機器でアクセスが可能になります。

WiMAX プライバシーセパレーターの無効

 

公衆WiFiやホテルで使えるWiFiなど、プライバシーセパレーターがオフになっているとセキュリティ面で危険と言えますね。

個人やご家族で使用する場合は、オフにしておいて問題はないでしょう。

 

プライバシーセパレーターは「Speed Wi-Fi NEXT設定ツール」や「クイック設定Web」でオフにできます。

〇Huawei製ルーター専用

「Speed Wi-Fi NEXT設定ツール」※アドレス入力欄に「http://speedwifi-next.home/」

ログイン名:admin

パスワード:IMEIの下5桁(ルーターに貼られているラベルを確認)

 

〇NEC製ルーター専用

クイック設定Web ※アドレス入力欄に「http://192.168.179.1」

ユーザー名:admin

パスワード:Web PW(ルーターに貼られているラベルを確認)

 

まとめ

いかがでしょうか。

WiMAXルーターは10台以上も無線LAN(WiFi)接続できるため、パソコンやスマホなどからプリンターで印刷することができます。

無線LAN(WiFi)接続にすればUSBケーブルがいらなくなるので、プリンターの置き場所に困ることもなくなりますね。

WiMAXルーター1台あれば、自宅でネットワークを構築できるので、WiMAXに申し込むか検討中の方は、このサイトを参考にしてみてください。

WiMAXのおすすめプロバイダはこちら

 

 

 

おすすめWiMAX+5Gプロバイダ【2021年10月版】

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは月額割引によって1番安いプロバイダです。

最初の2年間は通常料金(5,302円)より1,144円割引(4,158円)、以降は594円割引(4,708円)によって長期利用でも安いままです。

また21,780円もする端末代金も無料なので、安い初期費用でWiMAX+5Gを導入することができます。

2年間月額1,144円割引で最安

3年目以降も月額594円割引で最安

21,780円の端末代が無料

カシモ WiMAX

カシモWiMAX

カシモ WiMAXは基本定額で、月額料金が高くならないプロバイダです。

カシモ WiMAXは利用期間が長くなっても同じ月額料金で4,455円のまま。

さらに端末代も無料なので、安い料金でWiMAX+5Gを導入することができます。

オプションの強制加入がない

25,000円の端末代が無料

月額料金がずっと定額4,455円(1ヶ月目以降)

Vision WiMAX

Vision WiMAX

Vision WiMAXは契約月の利用料金、端末代金、事務手数料が0円で初期費用が安いプロバイダです。

端末無料や契約月の利用料金0円は他社でもありますが、事務手数料も0円なのはあまり見かけません。

さらにキャッシュバック5,000円もあるため、WiMAX+5Gを1番安い初期費用で導入できます。

契約月の利用料金0円

20,000円超えの端末代が0円

契約事務手数料3,300円が0円

-WiMAXルーター