お知らせ

2022年2月1日より、WiMAX+5Gのデメリットであった、3日で15GBの速度制限(1Mbps)がなくなりました。

これによって、動画やゲームをより快適に楽しむことができます。

※一定期間内に大量のデータ通信を行った場合、混雑する時間帯の通信速度が制限される可能性があります。

WiMAXとは?

WiMAX グローバルIPオプションはプロファイル設定で利用可能!※設定方法はコチラ

■WiMAXのグローバルIPアドレスオプションに申し込まないと何か不具合あるの

■WiMAXのグローバルIPアドレスオプションは固定で使える?

■グローバルIPの設定方法を知りたい

 

外出先から自宅のネットワークカメラや、パソコンの操作にはグローバルIPアドレスが必要で、一部のオンラインゲームでもグローバルIPアドレスでなければ接続エラーを起こしたりします。

グローバルIPアドレスオプションはプロファイルを設定して利用できますが、オプションなので申し込みが必要と思っている方も多いでしょう。

 

このページでは

・グローバルIPアドレスオプションとは?

・グローバルIPアドレスを使うメリット

・グローバルIPアドレスオプションが利用可能なプロバイダ

・グローバルIPアドレスの設定方法や料金

 

グローバルIPアドレスオプションは、一部のプロバイダを除き申し込みは必要ありません。

ただグローバルIPアドレスオプションはWiMAX2+専用のオプションで、WiMAX+5Gでは利用できないため注意しましょう。

この記事を読むことで、グローバルIPアドレスが必要な場面がわかり、必要になったときにプロファイルの設定をすることができます。

WiMAXのグローバルIPアドレスオプションとは?どんなメリットが?

WiMAXは2014年12月まではグローバルIPアドレスが割り当てられていましたが、以降はプライベートIPアドレスへ順次変更になりました。

グローバルIPアドレスを使いたい場合は、グローバルIPアドレスオプション(月額105円)で利用することができます。

※WiMAX+5Gで「グローバルIPアドレスオプション」は利用不可

 

 

ネット検索したり、YouTubeを観たりするぐらいならプライベートIPアドレスでも問題ありませんが、一部のオンラインゲームやリモートアクセスにはグローバルIPアドレスが必要になります。

必要な方は、グローバルIPアドレスオプション対応のプロバイダなのか確認あるいは申し込みをして、プロファイル設定をすればグローバルIPアドレスを利用できます。

グローバルIPアドレスオプションについて、ざっくりと説明しましたが、そもそも「IPアドレスって何?」という方もいらっしゃるはず。

ここでまずIPアドレスについて解説していきます。

 

IPアドレスはインターネット通信に必要な住所

WiMAXだけではなく、ポケットWiFiや光回線などインターネットを利用するにはIPアドレスが必要になります。

IPアドレスがないと、ホームページを見たりメールを受信することができません。

というのも。IPアドレスは住所の役割を持っています。

自宅に郵便が届いたり、電話やメールで特定の人物とやり取りができるのも唯一無二の住所があるためです。

 

しかし多くの方は、IPアドレスを聞いたことがあっても、意識することはあまりないかと思います。

インターネットに接続すると、プロバイダより自動的にIPアドレスが貸与されています。

 

IPアドレスには「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」がある

IPアドレスはグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスに分けられます。

インターネットは世界中のネットワークやコンピューターが繋がっているのに、メールやホームページの情報が正確に届くのは世界でただ1つの固有番号(IPアドレス)があるためです。

インターネットと自宅や会社などのネットワーク間とのやり取りに使用するIPアドレスを「グローバルIPアドレス」と呼びます。

そして自宅や会社などのネットワーク内でのやり取りに使うIPアドレスを「プライベートIPアドレス」と呼びます。

グローバルIPアドレスはプロバイダから割り当てられ、プライベートIPアドレスはルーターがパソコン側へ割り当てています。

ルーターがグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの変換作業を行っており、これはセキュリティにも役立ちます。

外部から不正アクセスがある場合、インターネットからルーターにアクセスできても、個々のパソコンへは、ルーターの変換機能によってブロックしています。

 

グローバルIPアドレスの数には上限がある!通信機器が増えて枯渇に

グローバルIPアドレスは、国別や地域別にIPアドレスを「インターネットレジストリ」が管理し、プロバイダや企業に割り当てられています。

IPアドレスは、3桁の4つの数字で構成されていて、計算上最大43億通りのIPアドレスを設けることができます。

ただ世界中の各国の技術の発展や情報化社会になっているため、最大43億通りのIPアドレスがあっても近い将来に枯渇してしまいます。

 

WiMAX以外の光回線でも、固定より動的にIPアドレスが割り当てられている

WiMAX以外に光回線のような固定回線でも同様に、グローバルIPアドレスの枯渇を防ぐ対策として、プロバイダは1つのグローバルIPアドレスを複数のユーザーに割り当てています。

これは個人向けのやり方で、インターネット接続時にプロバイダが保有するIPアドレスの中から一時的にグローバルIPアドレスが割り当てられます。

数に限りがあるIPアドレスを必要なときにだけ使うので、有効的に利用できるというメリットがあります。

接続時にIPアドレスが変わる場合があることから「動的IPアドレス」と呼ばれます。

逆にグローバルIPアドレスが変わらず固定されたIPアドレスを「固定IPアドレス」と呼ばれ企業向けに使われることが多いです。

 

グローバルIPアドレスの中に「動的IPアドレス」と「固定IPアドレス」で分かれるという感じですね。

これはプライベートIPアドレスでも同じで、ルーターが自動的に割り当てているため、IPアドレスが違うことがあります。

 

WiMAXはプライベートIPアドレスを使い、有料でグローバルIPアドレスが使える

WiMAXは2014年12月まではグローバルIPアドレスが割り当てられていましたが、以降はプライベートIPアドレスへ順次変更になりました。

グローバルIPアドレスを使いたい場合は、グローバルIPアドレスオプション(月額105円)で利用することができます。

 

現在は、WiMAX2+ネットワーク内だけで使われるプライベートIPアドレスが割り当てられるため、グローバルIPアドレスが必要なリモートアクセスや一部のオンラインゲームができません。

そのため、プライベートIPアドレスへ順次変更すると当時に、オプションとしてグローバルIPアドレスを使えるようにしています。

注意点として、このグローバルIPアドレスオプションは「動的IPアドレス」になるため、接続時にIPアドレスが変わる場合があります。

 

WiMAX2+のグローバルIPアドレスオプションなら外部からアクセスできる

WiMAXはプライベートIPアドレスがWiMAXルーターに割り当てられているため、インターネット経由でお持ちのWiMAXルーターを見つけることができません。

そのため外部からアクセスするためには、グローバルIPアドレスが必要になります。

グローバルIPアドレスオプションを利用することで、グローバルIPアドレスが割り当てられるので、外部からリモートで自宅のパソコンを操作したり、グローバルIPアドレスが必要なオンラインゲームができるようになります。

なお、このオプションは利用した月のみ費用が発生します。

グローバルIPアドレスを使わない場合は、プロファイル設定を初期の状態に戻すことで、オプションを解除したことになります。

 

グローバルIPアドレス(動的IPアドレス)を使うメリット

グローバルIPアドレスオプションを利用することで、下記のようなことができるメリットがあります。

・リモートアクセスで遠隔操作ができる

・グローバルIPアドレスが必要なオンラインゲームができる

・自宅のネットワークカメラにアクセスできる

・自宅のパソコンをサーバーとして使える

 

ネット検索やSNS、YouTubeなどはグローバルIPアドレスオプションを利用しなくても問題ありません。

オンラインゲームも必ず必要というわけではなく、対戦ゲームなど一部ゲームで必要な場合があります。

 

外部からのリモートアクセスでWiMAXでネットに繋がる自宅のパソコンを操作

外出先で自宅のパソコンを操作(リモートアクセス)したい場合、グローバルIPアドレスが必要になります。

自宅のWiMAXとパソコンを常時接続しておく必要がありますが、ファイルやデータの閲覧や、自宅で行っていた作業を外出先でできます。

 

WiMAXのグローバルIPアドレスオプションは動的IPアドレスになるため、WiMAXとの接続が切れたときにIPアドレスが変わる場合があります。

グローバルIPアドレスが変わると同じIPアドレスでリモートアクセスできなくなるため、再度IPアドレスを設定するか、「ダイナミックDNS(DDNS)」サービスを利用する必要があります。

 

ダイナミックDNS(DDNS)

プロバイダから動的に割り当てられるIPアドレスが変更になっても、固定のドメイン名で繋いでくれるサービスです。

IPアドレスが変わっても、新たなIPアドレスと登録したドメイン名とを紐づけしてくれるため、変動を気にせずに外出先からアクセスできます。

 

グローバルIPアドレスの割り当てでオンラインゲームの接続エラーを防げる

Nintendo SwitchやPS4などのオンラインゲームでは、WiMAXのように契約内容が「プライベートIPアドレスの割り当て」であれば、これが原因でインターネット接続エラーが起きるケースがあります。

WiMAXの場合、1つのグローバルIPアドレスを複数人が共有して使うため、オンラインゲーム接続中にエラーを起こすことがあります。

 

グローバルIPアドレスオプションは、オンラインゲーム接続中はグローバルIPアドレスを占有できるので、上記の理由でエラーが起きていれば改善することができます。

またマインクラフトのようにポート開放設定が必要なゲームは、グローバルIPアドレスが必要で、マルチで遊ぶ場合はグローバルIPアドレスオプションを利用しなくてはいけません。

 

防犯用や監視用などのネットワークカメラで外出先から自宅の様子を確認できる

自宅に防犯目的や子供やペットの状態を確認するためにネットワークカメラを付けている場合、外出先から状態を確認するためにもグローバルIPアドレスが必要です。

リモートアクセスと同様に、WiMAXのグローバルIPアドレスオプションは動的IPアドレスなので、IPアドレスが変わる可能性があります。

この場合も再度IPアドレスを設定するか、「ダイナミックDNS(DDNS)」サービスを利用する必要があります。

 

パソコンをサーバーとして利用

自宅のパソコンをサーバーとして使うのなら、外部からサーバーにアクセスさせるためにもグローバルIPアドレスが必要です。

固定のグローバルIPアドレスの方がいいのですが、グローバルIPアドレスオプションは動的です。

サーバーであれば電源を入れっぱなしで、常時WiMAXと接続させている必要があるため、動的IPアドレスでも問題ないのですが、WiMAXの故障や停電で接続が切れたときはIPアドレスが変わってしまうため、ダイナミックDNS(DDNS)を利用した方が安心できますね。

 

WiMAXプロバイダごとのグローバルIPアドレスオプションへの申し込み・料金・設定方法

ここからは、グローバルIPアドレスオプションの利用方法について紹介していきます。

まずグローバルIPアドレスオプションは月額105円(日割りなし)のWiMAX2+専用サービスで、利用できるプロバイダが限定されます。

利用可能なプロバイダのほとんどは申し込みの必要がなく、WiMAXルーターのプロファイル設定をするだけグローバルIPアドレスが割り当てられます。

また解除したい場合は、初期のプロファイルに戻せばOKです。

ただ一部のプロバイダは申し込みが必要で、料金が違う場合があるため注意しましょう。

 

グローバルIPアドレスオプションが利用可能なWiMAXプロバイダ一覧

まだWiMAXプロバイダの申し込みをしていない場合は、グローバルIPアドレスオプションに対応したプロバイダ選びが重要になってきます。

 

※スクロールできます。

プロバイダ月額料金申し込みの有無
UQ WiMAX105円
GMOとくとくBB
Broad WiMAX
DTI WiMAX2+
BIGLOBE WiMAX2+
So-net
@nifty
TikiTiki
DIS WiMAX
BIC WiMAX
KT WiMAX
novas WiMAX
YAMADA air mobile
エディオンネット105円会員ページより
AsahiNet880円

 

ほとんどはWiMAXルーター側で設定すれば割り当てられますが、一部申し込みが必要で料金が違うため注意しましょう。

 

各契約先プロバイダのグローバルIPアドレスオプションの設定方法

グローバルIPアドレスオプションは一部申し込みが必要なプロバイダを除き、ほとんどは設定内容が同じです。

まずは契約中のプロバイダが、グローバルIPアドレスオプションに対応しているのか確認しましょう。

 

グローバルIPアドレスを割り当てるには、WiMAXルーター側で新しくプロファイルを設定する必要があります。

プロファイル設定は、WiMAXルーターとパソコンを接続させてパソコンでプロファイルを作成していきます。

接続はWiFiでも有線でも構いません。

接続させた後は、Huawei製かNEC製など製造メーカーによってアクセス画面が違うため、各メーカーのマニュアルに基づき設定します。

 

グローバルIPアドレス用の接続先(APN)を含んだ新しいプロファイルを設定する

WiMAXルーターと接続させて新しく作成するプロファイルは下記になります。

※上はWiMAX2+専用、下はWiMAX+5G専用

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

項目設定内容
プロファイル名(任意)Global
APN(接続先情報)wx2.uqwimax.jp
ユーザー名global@wx2.uqwimax.jp
パスワード0000(ゼロ4つ)
認証タイプCHAP
IPタイプIPv4

※WiMAX2+専用の設定となります。

 

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

項目設定内容
プロファイル名(任意)Global5G
APN(接続先情報)wx5.uqwimax.jp
ユーザー名global@wx5.uqwimax.jp
パスワード0000(ゼロ4つ)
認証タイプCHAP
IPタイプIPv4

※WiMAX+5G専用の設定となります。
※最新のソフトウェアへバージョンアップが必要になるケースがあります。

 

プロファイル設定すれば、グローバルIPアドレスオプションを使った通信が始まり、月額料金も発生します。

申し込みが必要なプロバイダは、上記プロファイル設定とは違う内容になるため、プロバイダが指定する内容で設定するようにしましょう。

 

WiMAXルーターごとのプロファイル設定方法

プロファイル設定のアクセス画面は、WiMAXの機種(Huawei製、NEC製、URoad)で違ってきます。

下記マニュアルに、設定方法が明記されているため確認してみてください。

 

Huawei製

NEC製

URoad

 

手順に少し違いがあっても、新しくプロファイルを作ることは同じで、設定後にグローバルIPアドレスが割り当てられることになります。

 

プロファイル設定後にWiMAXがグローバルIPアドレスになっているか確認しよう

プロファイル設定が問題ないかどうか確認する方法が下記になります。

  1. WiMAXルーター側のグローバルIPアドレスを確認する
  2. 外部サイトで認識されているグローバルIPアドレスを確認する
  3. ①と②が一致していればOK

上の手順で確認していきます。

 

WiMAXルーターごとの端末設定画面でIPアドレスを確認する

WiMAXルーター端末に割り当てられたグローバルIPアドレスは、プロファイル作成したときと同様に、パソコンなどと接続させて設定ツールにログインすれば確認することができます。

機種ごとにログイン画面が違うため、お持ちのWiMAXルーターの製造メーカーからアクセスしましょう。

 

Huawei製

NEC製

URoad

 

外部サイトでWiMAXルーター設定画面のIPアドレスと一致するかを確認

WiMAXルーターと接続させた状態で外部サイトにアクセスし、外部サイト側で認識されているグローバルIPアドレスを確認します。

先ほど設定ツールで確認したIPアドレスと一致していれば、グローバルIPアドレスオプションを利用できていることになります。

 

こちらのサイトでグローバルIPアドレスを確認できます。

グローバルIPアドレス確認

 

WiMAXのグローバルIPアドレスオプションは固定ではなく動的割り当て

改めてWiMAXのグローバルIPアドレスオプションの注意点ですが、割り当てられるグローバルIPアドレスは固定ではなく、動的IPアドレスになります。

固定であれば、グローバルIPアドレスが変わることはありませんが、動的なので接続の度にIPアドレスが変わっている可能性があります。

そのため、同じIPアドレスでリモートアクセスしようとしても、接続できないという状態が起こります。

これはネットワークカメラでも同じです。

 

グローバルIPアドレスが変更になっていないか確認するか、「ダイナミックDNS(DDNS)」サービスの利用を考える必要があります。

自宅のパソコンやネットワークカメラのように、外部からアクセスする場合はグローバルIPアドレスが必要ですが、ネット検索や動画鑑賞であれば必要ありません。

オンラインゲームの場合は、グローバルIPアドレスオプションの利用で、接続エラーを改善できる可能性があります。

月額105円でとても安いため、オンラインゲームにWiMAXが使えないという判断をする前に、オプションで改善できるか試してもいいかと思います。

 

おすすめWiMAXプロバイダ

ここからはおすすめのWiMAXプロバイダを紹介します。

先におすすめを紹介すると、20社以上あるWiMAXの申し込み窓口(プロバイダ)を比較した結果、最安で利用できるのがGMOとくとくBBです。

本家UQ WiMAXより魅力的な月額割引キャンペーンや、端末無料キャンペーンがあるので低価格でインターネット回線を利用できます。

 

WiMAXはUQコミュニケーションズが回線を管理しており、GMOやBIGLOBEなどプロバイダに回線を提供しています。

同じ回線を使うため、速度やエリアは同じで、プロバイダの違いは料金プランやサービスです。

 

プロバイダを選ぶときのポイント

・料金プランが安いか

・お得なキャンペーンがあるか

・メリットと感じるサービスがあるか

 

WEB申し込みや家電量販店などの店舗契約では、圧倒的にWEB申し込みの方が安いです。

人件費を抑えているため料金が安く、端末無料や違約金負担など様々なサービスもあります。

 

GMOとくとくBBの2年契約プラン

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

GMOとくとくBB


実質月額料金
3,674円
キャッシュバック
23,000円
端末代
21,780円
事務手数料支払い方法
3,300円クレジットカード
2年プラン
月額料金解約違約金
契約月:1,474円(日割り)
1ヶ月目~2ヶ月目:1,474円
3ヶ月目~35ヶ月目:3,784円
36ヶ月目以降:4,444円
24ヶ月目以内:1,100円
25ヶ月目以降:0円

 

GMOとくとくBBは月額割引によって1番安いプロバイダです。

月額割引キャンペーンにより通常料金(5,302円)より最大3,828円割引に!

ルーター代21,780円が必要ですが高額キャッシュバック23,000円付なので実質無料になります。

 

ずっと月額割引で安い

21,780円の端末代が実質無料

即日発送に対応

 

カシモWiMAXの契約プラン(契約期間なし)

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

カシモWiMAX
カシモWiMAX実質月額料金
4,413円
キャッシュバック
端末代
21,780円
事務手数料支払い方法
3,300円クレジットカード
契約期間なしプラン
月額料金解約違約金
契約月:1,408円
1ヶ月目以降:4,378円

 

カシモWiMAXは基本定額で、月額料金が高くならないプロバイダです。

というのも他のプロバイダは、利用期間に応じて月額料金が高くなり最終的には5,000円を超えてくるところがあります。

そのため気が付けば出費が高くなっていて、その原因がWiMAXだったということも。

 

カシモWiMAXは利用期間が長くなっても同じ月額料金で4,378円のまま。

さらに端末代21,780円を分割払い(605円×36ヶ月)を選ぶと605円が月額割引されるため、3年間利用し続けることで実質無料となります。

 

オプションの強制加入がない

21,780円の端末代が実質無料(3年利用時)

月額料金がずっと定額4,378円(1ヶ月目以降)

 

DTI WiMAX2+の2年契約プラン

※スマートフォンは左右にスクロールできます。

DTI WiMAX2+
DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラスプラン実質月額料金
4,441円
キャッシュバック
21,780円
端末代
21,780円
事務手数料支払い方法
3,300円クレジットカード
2年プラン
月額料金解約違約金
契約月:4,180円(日割り)
25ヶ月目まで:4,180円
26ヶ月目以降:4,730円
24ヶ月目以内:1,100円
25ヶ月目:0円
26ヶ月目~48ヶ月目:1,100円
49ヶ月目以降:0円

 

DTI WiMAX2+には大きな月額割引はないですが、端末相当分の高額キャッシュバックによって端末代が実質無料になるプロバイダです。

WiMAX+5Gの高額な端末代21,780円が実質無料となる数少ないプロバイダの1つになるため、費用を抑えたい方におすすめ。

 

オプションの強制加入がない

21,780円の端末代が実質無料

月額割引で少しお得(550円割引)

 

まとめ

いかがでしょうか。

WiMAXはプライベートIPアドレスを割り当てるため、グローバルIPアドレスが必要な方はオプションを利用してみてください。

ただグローバルIPアドレスオプションはどのプロバイダでも対応しているわけではなく、契約するときはオプションに対応したプロバイダを選ぶ必要があります。

 

グローバルIPアドレスオプションを利用する予定がなくても、オンラインゲームのように接続エラーを改善できる可能性もあるため、GMOとくとくBBやBroad WiMAXなどオプションに対応したプロバイダを選んだ方がいいでしょう。

またオプションの有無に関係なく、GMOとくとくBBは最安のプロバイダです。

ぜひ契約する際の参考にしていただければと思います。

 

 

 

おすすめWiMAX+5Gプロバイダ【2022年12月版】

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは月額割引によって1番安いプロバイダです。

月額割引キャンペーンにより通常料金(5,302円)より最大3,828円割引に!

ルーター代21,780円が必要ですが高額キャッシュバック23,000円付なので実質無料になります。

 

ずっと月額割引で安い

21,780円の端末代が実質無料

即日発送に対応

カシモ WiMAX

カシモWiMAX

カシモWiMAXは基本定額で、月額料金が高くならないプロバイダです。

というのも他のプロバイダは、利用期間に応じて月額料金が高くなり最終的には5,000円を超えてくるところがあります。

そのため気が付けば出費が高くなっていて、その原因がWiMAXだったということも。

 

カシモWiMAXは利用期間が長くなっても同じ月額料金で4,378円のまま。

さらに端末代21,780円を分割払い(605円×36ヶ月)を選ぶと605円が月額割引されるため、3年間利用し続けることで実質無料となります。

 

オプションの強制加入がない

21,780円の端末代が実質無料(3年利用時)

月額料金がずっと定額4,378円(1ヶ月目以降)

DTI WiMAX2+

DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラスプラン

DTI WiMAX2+には大きな月額割引はないですが、端末相当分の高額キャッシュバックによって端末代が実質無料になるプロバイダです。

WiMAX+5Gの高額な端末代21,780円が実質無料となる数少ないプロバイダの1つになるため、費用を抑えたい方におすすめ。

 

オプションの強制加入がない

21,780円の端末代が実質無料

月額割引で少しお得(550円割引)

-WiMAXとは?